現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ、CX-5、CX-30、マツダ3に特別仕様車「レトロスポーツエディション」を設定。レトロモダンの世界観とスポーティさを融合

ここから本文です

マツダ、CX-5、CX-30、マツダ3に特別仕様車「レトロスポーツエディション」を設定。レトロモダンの世界観とスポーティさを融合

掲載
マツダ、CX-5、CX-30、マツダ3に特別仕様車「レトロスポーツエディション」を設定。レトロモダンの世界観とスポーティさを融合

マツダは2023年9月4日、CX-5とCX-30、マツダ3に特別仕様車「レトロスポーツエディション」を追加し、全国のマツダ販売店で予約受け付けを開始した。価格はCX-5が342万6500円~397万6500円、CX-30が316万6900円~367万8400円、マツダ3が285万100円~390万2800円。発売は2023年10月中旬~下旬を予定している。

 
今回追加したレトロスポーツエディションは、レトロモダンの世界観とスポーティさを融合した特別仕様車。近年、若い世代から年配層まで、世代を越えて支持されている“レトロとモダンの融合”という感覚に着目し、企画されたものだという。こうしたトレンドを、スポーティさを際立たせた仕立てのブラックトーンエディションと融合。新たなスポーティコーディネーションとして提案するものだ。
 
レトロスポーツエディションは、ジルコンサンドメタリックの外板色をイメージカラーとして、ドアミラーやホイール、シグネチャーウイングをブラックで統一。インテリアはレトロな雰囲気を醸し出すテラコッタカラーとスポーティさを際立たせるブラックでコーディネート。高品位な質感と滑らかな触感のスウェード調生地のレガーヌと合成皮革を組み合わせたコンビシートを採用し、随所にテラコッタカラーのステッチを施している。
 
きっかけはロードスターのアースカラー仕様
 
今回、レトロスポーツエディションを3つのモデルで特別仕様車として展開するが、端緒は2022年にロードスターにも採用したジルコンサンドメタリックのボディカラーだったという。
 
ジルコンサンドは鋳造の砂型に使う砂をモチーフにしたアースカラー。アウトドアイメージを強調するものとして2021年にCX-5に追加したフィールドジャーニーのイメージカラーとして登場したものだ。
 
そのアウトドアイメージの強いアースカラーは、ロードスターとの組み合わせではレトロ感のあるカフェレーサーのようなたたずまいを見せ、思いのほかマッチする。
 
ロードスターで新たな世界観を導き出したジルコンサンドメタリックをキーカラーとして、各部をブラックパーツで引き締めたコーディネートをCX-5、CX-30、マツダ3に水平展開したのが今回のレトロスポーツエディションなのである。
 
インテリアには、ブラック基調の内装色をベースに、レトロ感を感じさせるブラウン系のテラコッタ色を組み合わせる。シートはテラコッタ色のレザレット(合成皮革)とブラックのレガーヌ(スウェード調素材)を用い、トリムにはテラコッタ色のステッチをアクセントカラーとして施している。
 
ボディカラーはジルコンサンドメタリックがイメージカラーだが、それぞれの機種にラインアップする全カラーから選択可能。ちなみに、ジルコンサンド以外でレトロスポーツエディションのボディカラーとしてデザイナーがお薦めするのはマシングレープレミアムメタリックとポリメタルグレーメタリック、CX-30とマツダ3ではセラミックメタリックも似合うとのことだ。
 
上記の要素はCX-5、CX-30、マツダ3の内外装の共通ポイントだが、車種ごとに細部の仕立てが異なっている。各車種の具体的な仕様は以下のとおり。
 
 
CX-5 レトロスポーツエディションの詳細はこちら
CX-30 レトロスポーツエディションの詳細はこちら
マツダ3 レトロスポーツエディションの詳細はこちら
 
 
■CX-5 レトロスポーツエディション
 
スポーティSUVとしての評価の高さを生かした、レトロスポーツSUVを狙いコーディネート。外観では上級のスポーツアピアランス相当のブラックパーツで引き締めたうえで、グロスブラックの横ブロックメッシュのフロントグリルやアルミホイールを採用。
 
インテリアはスポーティなブラックトリムのなかにテラコッタ色のレザレット(合成皮革)とブラックのパーフォレーション(穴加工)レガーヌ(スウェード調素材)のコンビシートを採用。ブラックのパイピングがレトロ感に効く。トリム部にはアクセットとしてテラコッタ色のステッチを施している。
 
[特別装備]
・フロント&リヤバンパーガーニッシュ/クラッディング塗装/ボディロアガーニッシュ/ピラーガーニッシュ(ピアノブラック)
・シート 合成皮革(テラコッタ)/レガーヌ(ブラック)
・ニーレストパッド/ドアアームレスト/フロントセンターアームレスト ステッチ(テラコッタ)
・ブラックルーフライニング
・パワーウインドー/ドアミラーコントロールスイッチ サテンクロームメッキ加飾
・7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)
・オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト
・運転席/助手席バニティミラー照明(LED)
 
[価格]
〈FF・2.2Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD レトロスポーツエディション…374万5500円
 
〈FF・2Lガソリン・6速AT〉
20S レトロスポーツエディション…342万6500円
 
〈4WD・2.2Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD レトロスポーツエディション…397万6500円
 
〈4WD・2Lガソリン・6速AT〉
20S レトロスポーツエディション…365万7500円
 
 
■CX-30 レトロスポーツエディション
 
ブラックトーンエディションをベースに、グリルのシグネチャーを黒メッキ化することでフロントフェイスの引き締め、ちょいワル感を高めたレトロスポーツを演出する。
 
黒基調のスポーティなインテリアに、テラコッタ色のレザレットとブラックのレガーヌのコンビシートを採用。シートセンター部にCX-60にも採用するコードバンをアクセントとして配し、質感のよさとスポーティさを演出。インパネのミドルパッドにもブラックのレガーヌを採用するほか、金属調アクセントのパーツをガンメタリックカラーとすることで、スポーティ感をいっそう高めた。
 
[特別装備]
・シグネチャーウイング(ブラッククローム)
・シート 合成皮革(テラコッタ)/レガーヌ(ブラック)
・インパネデコレーションパネル レガーヌ(ブラック)
・インテリア加飾(ガンメタリック)
・ニーレストパッド/ドアアームレスト/フロントセンターアームレスト ステッチ(テラコッタ)
・ドライビングポジションサポートパッケージ(運転席10ウエイパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能/運転席&助手席シートヒーター/ステアリングヒーター/ドアミラーリバース連動機能)
・自動防眩ルームミラー(フレームレス)
・LEDマップランプ(リヤ)
・ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー
 
[価格]
〈FF・1.8Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD レトロスポーツエディション…344万1900円
 
〈FF・2Lガソリン+モーター(マイルドハイブリッド)・6速AT〉
20S レトロスポーツエディション…316万6900円
 
〈4WD・1.8Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD レトロスポーツエディション…367万8400円
 
〈4WD・2Lガソリン+モーター(マイルドハイブリッド)・6速AT〉
20S レトロスポーツエディション…340万3400円
 
 
■マツダ3 レトロスポーツエディション
 
今回のレトロスポーツエディションで、もっともスポーティさを感じられるのがマツダ3ファストバック。特別仕様車のために、あえてジルコンサンドメタリックを採用した。ブラックメタリックのシグネチャーウイングは、ファストバックがベース車のブラックトーンエディションにも採用されるが、セダンは特別仕様車専用となる。レトロスポーツ感としてはセダンの意外性が際立つ。
 
インテリアはベース車も黒基調でスポーティなもので、テラコッタ色の存在感がいっそう際立つ。テラコッタ色のレザレットとブラックのレガーヌ(コードバン風アクセント付き)のコンビシート、インパネのミドルパッドに施されるブラックのレガーヌはCX-30同様の仕立てとなっている。
 
 
[特別装備]
・シグネチャーウイング(ダークメタル)*ファストバックはベース車に標準装備
・シート 合成皮革(テラコッタ)/レガーヌ(ブラック)
・インパネデコレーションパネル レガーヌ(ブラック)
・インテリア加飾(ガンメタリック)
・ニーレストパッド/ドアアームレスト/フロントセンターアームレスト ステッチ(テラコッタ)
・ドライビングポジションサポートパッケージ*MT車はベース車に標準装備(運転席10ウエイパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能/運転席&助手席シートヒーター/ステアリングヒーター/ドアミラーリバース連動機能)
・自動防眩ルームミラー(フレームレス)
・LEDマップランプ(リヤ)
・ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー
 
[価格]
●ファストバック
〈FF・1.8Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD レトロスポーツエディション…325万9300円
 
〈FF・2Lガソリン+モーター(マイルドハイブリッド)・6速MTもしくは6速AT〉
20S レトロスポーツエディション…298万4300円
 
〈FF・1.5Lガソリン・6速AT〉
15S レトロスポーツエディション…285万100円
 
〈4WD・2Lガソリンスーパーチャージャー+モーター(マイルドハイブリッド)・6速MTもしくは6速AT〉
X レトロスポーツエディション…390万2800円
 
〈4WD・1.8Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD レトロスポーツエディション…349万5800円
 
〈4WD・2Lガソリン+モーター(マイルドハイブリッド)・6速AT〉
20S レトロスポーツエディション…322万800円
 
●セダン
〈FF・1.8Lディーゼルターボ・6速AT〉
XD レトロスポーツエディション…325万9300円
 
〈FF・2Lガソリン+モーター(マイルドハイブリッド)・6速AT〉
20S レトロスポーツエディション…298万4300円
 
※掲載写真はいずれもプロトタイプ(マツダ3は海外仕様のプロトタイプのため国内仕様と装備が異なる)
 
〈文=ドライバーWeb編集部 写真=山内潤也、マツダ〉

関連タグ

こんな記事も読まれています

フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
レスポンス
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
くるまのニュース
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
月刊自家用車WEB
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
VAGUE
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
AUTOSPORT web
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
月刊自家用車WEB
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
月刊自家用車WEB
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
くるまのニュース
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
くるまのニュース
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
ベストカーWeb
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
AUTOSPORT web
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ベストカーWeb
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.1405.2万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.1405.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村