現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中身はスズキのシボレー「クルーズ」&「MW」を覚えてる?「スイフト」と「ワゴンRソリオ」ベースのOEM車でした【カタログは語る】

ここから本文です

中身はスズキのシボレー「クルーズ」&「MW」を覚えてる?「スイフト」と「ワゴンRソリオ」ベースのOEM車でした【カタログは語る】

掲載 12
中身はスズキのシボレー「クルーズ」&「MW」を覚えてる?「スイフト」と「ワゴンRソリオ」ベースのOEM車でした【カタログは語る】

スズキとGMが提携していた時代のシボレー印コンパクトカー

シボレー「MW」、シボレー「クルーズ」。そう車名だけ聞いて「ああ、あのクルマね」とピンとくる人は果たしてどれくらいいるだろうか? 筆者も編集部からその車名を伝えられ、シボレー クルーズの方はなんとか車名と姿を思い浮かべられたが、シボレーMWの方は、迂闊にも「MW」のモデル名の部分は、その存在も含めて遠い彼方におぼろげながらしか記憶がなく、そのくらいだったから、カタログの発見にも少し時間を要してしまった。

【じつは中身が日本車だった欧米車5選】「シグネット」「アルナ」「Xクラス」のベースは? 欧州メーカーが日本車を選んだ理由とは

じつは日本車OEMの王国だったGM

確認しておくと、シボレー クルーズはスズキ初代「スイフト」、シボレーMWの方は、当時のスズキ「ワゴンRソリオ」をベースに仕立てられたモデルだった。シボレーは言うまでもなくGMの1ディビジョンだが、スズキがGMとの資本提携の関係にあった時代に企画された車種。両車の日本市場での販売期間はシボレーMWが2000年9月~2010年12月、シボレー クルーズは2001年11月から2008年9月と、(こう言っては何だが)案外と長期間にわたってのことだった。

なおシボレーMW&クルーズとは別に、GMでは1989年から1997年にかけて、北米市場でコンパクトカー専売の販売チャネルのGeo(ジオ)を展開していた。ここでの販売車種は「メトロ」(スズキ「カルタス」)、「スペクトラム」(いすゞ「ジェミニ」)、「トラッカー」(スズキ「エスクード」)、「ストーム」(いすゞ「PAネロ」)そして「プリズム」(トヨタ「カローラ」)と、日本車のOEM車が目白押し状態だった。

ワゴンRソリオにボウタイバッジを付けたシボレーMW

さてシボレーMWとクルーズに話を戻して、まずシボレーMWから取り上げると、このクルマはすでに触れたスズキとGMの資本提携後、GMの世界戦略車の役割も果たす初のコラボモデルとして登場した。見てのとおり(ややこしいが事実に沿って記述しておくと)初代ワゴンRから派生したワイド版のワゴンRワイドの後継車種で、初代同様に2代目ワゴンRから派生し、ワゴンR+→ワゴンRソリオ→ソリオと車名の変遷をたどったモデルの1.3Lエンジンを搭載した上級グレードがベース。

上級グレードと断ったのはソリオには顔違いのノーマルグレードも用意があったため。(ここは逆説的に)シボレーMWの、シボレーならではのデザインとして採用していた上下2段のヘッドランプのほか、大型フロントグリルなどは、そもそもソリオの上級仕様とは共通デザインとなっており、シボレーのシンボルのボウタイのバッジでシボレー車化を果たしたバッジエンジニアリング車ということだった。

話は逸れるが、スズキワゴンRに「スティングレー」なるモデル名が存在したことがあり、登場時に思わず「えっ、コルベットじゃなくて?」と不躾な問いを投げかけ、当時の広報担当者を(電話越しに)ムッとさせてしまったことがあった。

シボレーMWではほかに内部に円筒状のデザインを採用したリアコンビランプ、アメリカンなデザインのアルミホイール等が専用。装備では本革シート(リアは合皮)、センターパネルまわりを専用デザインとしたインパネなどを採用。

搭載エンジンは1.3Lの4気筒DOHCで88ps/12.0kgmのスペックはソリオの1.3Lモデルと共通だった。当時のサターンの販売店での取り扱いでスタート、途中、発足予定だったGMの販売チャネルが形にならず、結果的にスズキ系ディーラーで取り扱われつつ、意外といっては失礼ながら足かけ10年ほどのモデルライフを過ごしたモデルだった。

専用パーツを贅沢に盛りこんでいたシボレー クルーズ

もう1台のシボレー クルーズは、ここ最近のSUVブームを考えれば、今あればもっと売れたのではないか? と思わせられるモデル。ベースはいうまでもなく、地方の駐在所でもよく見かけたスズキの初代スイフト。ただし外観デザインは案外と差別化が図られているところは見逃せない。フロントまわりではヘッドランプ、グリル、バンパーが異なり、それに伴って左右フェンダー、ボンネットも専用品になっていた。

一方でリアについても、リアクオーターパネルおよびウインドウがスイフトとはまったく別モノとされたほか、ランプ類、バンパーも専用。なおバンパーに埋め込まれた丸型のテールランプは、コルベットのイメージを盛り込んだとの話を聞いたことがあるが本当だったのだろうか?

諸元表を見ると搭載エンジンは前述のシボレーMWと同じ1.3Lの4気筒DOHC 16バルブVVTだが、2WDのほかに、当時の税抜き価格で17万円差だったパートタイム4WDの用意があったところに、実用車としての本気度が感じられたようにも思う。

こんな記事も読まれています

命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
ベストカーWeb
アウディ A4、A4アバント、A5スポーツバックの傑作特別仕様モデルを発売
アウディ A4、A4アバント、A5スポーツバックの傑作特別仕様モデルを発売
Auto Prove
スズキ、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更し、新たに「ハスラー タフワイルド」を設定して発売
スズキ、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更し、新たに「ハスラー タフワイルド」を設定して発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
くるまのニュース
カルロス・サインツJr.獲得競争に、ウイリアムズも参戦か? 現在は低迷も2026年以降に向け野心マンマン
カルロス・サインツJr.獲得競争に、ウイリアムズも参戦か? 現在は低迷も2026年以降に向け野心マンマン
motorsport.com 日本版
F1モナコGP、予選のクラッシュでベストタイム抹消の可能性? ドライバーたちが検討を求める
F1モナコGP、予選のクラッシュでベストタイム抹消の可能性? ドライバーたちが検討を求める
motorsport.com 日本版
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
たかが色! されど色! クルマのボディカラーが下取り査定に影響する理由
WEB CARTOP
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
スーパーフォーミュラ車両使用の自動運転レース、日本開催の可能性は? 国内チームからはTGM運営のセルブスが参戦に興味
motorsport.com 日本版
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日刊自動車新聞
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
ジープ『アベンジャー』に「4xe」、ハイブリッドのオフロードSUVとして登場…欧州発表
レスポンス
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
【トライアンフ】国内最大級の正規販売店「トライアンフ埼玉川口」が6/22にグランドオープン!
バイクブロス
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
関東ー東北の「最も険しいルート」にズドンとトンネル 夢の“会津直結”なるか 壮大バイパス計画はいま
乗りものニュース
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
充電設備のないマンション住まいでも手軽に「EVライフ」ってできるの!? 中古EVを買って半年過ごしたオーナーの“ホンネ”とは
VAGUE
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
トヨタが「新型ランクル」開発!? 全長5m超え“スポーティ3列SUV”登場か モノコック採用の斬新「Se」とは
くるまのニュース
アメリカ最古の二輪メーカー、インディアンの人気モデル「SCOUT BOBBER」にアクティブバイク女子の指出瑞貴が挑戦! なんと、星5超えの楽しさです
アメリカ最古の二輪メーカー、インディアンの人気モデル「SCOUT BOBBER」にアクティブバイク女子の指出瑞貴が挑戦! なんと、星5超えの楽しさです
バイクのニュース
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
ベストカーWeb
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

12件
  • 会社の同僚が、「CHEVROLETクルーズ」に乗ってました…
    中身はスイフトなんでしたけどね♪
  • このクルマの1番の魅力…それは14インチブレーキ…
    ラパンSSやワゴンRなどへの流用にそれはそれはお世話になりました、マイナーなんで当時は競合無しでよく入手出来たもので…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村