現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【V8を生で聞くならスパイダー】マクラーレン650S 英国版中古車ガイド 仕様は価格に反映

ここから本文です

【V8を生で聞くならスパイダー】マクラーレン650S 英国版中古車ガイド 仕様は価格に反映

掲載 更新
【V8を生で聞くならスパイダー】マクラーレン650S 英国版中古車ガイド 仕様は価格に反映

性能を大きく高めた650S

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】マクラーレン650SとMP4-12C、最新のアルトゥーラを写真で比較 全108枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


今ほどピリピリしていなかった2018年。サリー州ウォキングから生み出された2番目の量産スーパーカー、MP4-12Cの取引価格は7年で半分にまで下がっていた。

2020年に確認した時も、英国では6万8000ポンド(1020万円)も出せばMP4-12Cのオーナーになれる状況だった。スーパーカーとしては完璧とはいえなかった、ドライビング体験が価値を伸ばせずにいるようだ。それでは、1つ新しい650Sはどうだろう。

それまでのマクラーレンとスタイリングやメカニズムは似ているが、単なるフェイスリフト版とは異なる。当時2万ポンドの価格上昇に合わせて、最高出力は650psへ、最大トルクは69.0kg-mへ増強。

ドライバーとの一体感を濃密なものとするため、トランスミッションは高速化され、シャシーにも大幅な改良が施されている。待望といえる内容だった。

タイヤサイズはワイドになり、ホイールは軽量な新しい鍛造へスイッチ。ボディの空力特性も見直され、ダウンフォースは27%も上昇していた。サスペンションも引き締められ、強化されたセラミックブレーキも採用されている。

車内も刷新し、アイリス(IRIS)と呼ばれた古風なインフォテインメント・システムは、より有能なシステムへバトンタッチ。内装にはアルカンターラが贅沢に用いられている。

一番の目玉といえるのが、大胆なフロントまわりのデザイン。マクラーレンのフラッグシップ・ハイパーカー、P1に触発された造形は、現行モデルへも受け継がれている。

価格はスペックや装備で大きく変化

650Sは、ハードトップとオープントップのスパイダーが提供されたが、意外なことにスパイダーの方が人気は高かった。全体の台数の75%を占めている。

スパイダーなら、3.8LのV8サウンドを直接運転しながら楽しめる。フォールディング・ルーフのメカニズムも、コンパクトで厄介に感じることもない。補強が施されているが、重量増は40kgほどに留められた。

オープンで楽しめるスリリングな体験との引き換えの、動的特性のペナルティは最小限。今となっては、スパイダー人気は好都合だったといえる。650Sの生産が終了したのは2017年。その後、手強い720Sへ交代している。

英国では10万ポンド(1500万円)ほど出せば650Sの中古車が見つかるが、同価格帯の他社のスーパーカーほど怯える必要はない。金属の腐食や安価なOEM部品、怪しい整備記録などを過度に心配しなくても大丈夫。

ただし、すべてのマクラーレンが同条件ではない。650Sはスペックや装備で取引価格も大きく変化する。新車時の注文フォームの内容が、そのまま流通価格に反映している。

最も高価格帯に属する650Sの場合、サスペンション・リフターシステムやスポーツエグゾースト、メリディアン社製のサラウンド・システム、カーボンファイバーの内装トリムなどが装備されている。

そして、V8サウンドはスパイダーの方が最高に楽しめることは間違いない。

不具合を起こしやすいポイント

エンジンとトランスミッション

V8エンジンは、適切にメンテナンスしていてオイル不足に陥らなければ、基本的には故障知らず。メンテナンスのインターバルは1年毎か1万6000km毎で、英国の場合は1500ポンド(23万円)ほど見ておきたい。

MP4-12Cのトランスミッションはシールの不具合が知られているが、650Sの場合は心配いらないだろう。

タイヤとホイール

新品のタイヤは、1セットで900ポンド(14万円)ほど。ホイールはグレーかシルバー、ダイヤモンドカットが新車時は選べた。ダイヤモンドカットのホイールは、3度までは研磨して美しさを保てる。

サスペンション

サスペンション・アキュムレータの圧力がなくなると、コントロールパネルにサスペンション故障の警告が出ることがある。経年劣化するから、長期所有する場合は定番のメンテナンスといえるだろう。ダンパーなどが不具合を起こすことは稀。

ボディ

修理か所を見分けるのは難しいが、純正の部品や塗料を供給しているのはマクラーレンのみ。ディーラーで修理履歴を確認できる。

アルミニウム製のボンネットやフロントフェンダーが酸化するという報告があるが、マクラーレンは腐食に10年間の保証を付けている。保証が効くうちに修理した方が良い。

ソフトクローズ機構の付いたルーフ用ラッチが、以降のマクラーレンに採用されている。650Sにも後付けが可能だ。

ブレーキ

セラミックブレーキが標準。ハードなブレーキングを繰り返すと、想像以上に早く摩耗する。交換費用は安くない。比較的穏やかに運転していれば、数年は使えるだろう。

電装系

警告灯が付くことがあっても、クルマを停めてECUをシャットダウンさせると、解消される場合が多い。

650Sに2週間以上乗らない場合、ボンネットのラッチを閉じずにバッテリーを充電しておくと良い。ジャンプスタートも可能。完全に電気の落ちたマクラーレンの起動は、簡単なプロセスではないのでご注意を。

専門家の意見を聞いてみる

アラステア・ボルス

「650Sは先代のMP4-12Cより速いだけでなく、よりスポーティな走りを楽しめます。取引価格は、今が下がりきった辺りだと思います。常にMP4-12Cと720Sの間の価格帯に属してきました」

「ハードトップのクーペとスパイダーの走りに、妥協と呼べる違いはありません。好みで選んで問題ないでしょう。フォールディング・ルーフの構造は非常に信頼性が高く、心配いりません」

英国ではいくら払うべき?

8万5000ポンド(1275万円)~8万9999ポンド(1349万円)

5万km前後の走行距離を刻んだ、頻繁に乗られてきた初期の650Sクーペが英国では出てくる。

9万ポンド(1350万円)~9万4999ポンド(1424万円)

後期のクーペやスパイダーが混ざってくる。ブラックパッケージやステルスパッケージなどが付いていることも。

9万5000ポンド(1425万円)~9万9999ポンド(1499万円)

ディーラーでの完璧な整備記録を備える、ワンオーナー車など状態の良い650Sが英国では見つかる。

10万ポンド(1500万円)以上

望ましいオプションをすべて取り揃えた、新車に近い状態の650S。執筆時、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)でカスタマイズされた2015年式650S スパイダーを、13万9900ポンド(2098万円)で見つけた。

知っておくべきこと

英国の場合、各地域にマクラーレンのサービスセンターがある。しかし中古の650Sの場合は、ブラックリーベースにあるソーニー・モータースポーツ社など、マクラーレンを理解する専門ガレージに診てもらった方が、経済的とはいえる。

英国で掘り出し物を発見

マクラーレン650S スパイダー 登録:2016年 走行:3万7800km 価格:9万1979ポンド(1379万円)

モデル中期の650S スパイダーで、英国の流通価格としても真ん中に位置する。バックカメラにカーボンインテリア、スポーツエグゾーストなどが備わる魅力的な1台。ディーラーでのメンテナンス記録もすべて残っている。

こんな記事も読まれています

6/26申込締切「ロボタクシー」サービスの今とこれから~市場と主要企業の最新動向~
6/26申込締切「ロボタクシー」サービスの今とこれから~市場と主要企業の最新動向~
レスポンス
アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
バイクブロス
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
バイクのニュース
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース
ルノー『ラファール』にもうひとつのアルピーヌ、「アトリエ」仕様登場…専用チューンの足回り
ルノー『ラファール』にもうひとつのアルピーヌ、「アトリエ」仕様登場…専用チューンの足回り
レスポンス
かっこいいわ…… ランクルの世界観を拡張するブランドアイテム「LAND CRUISER COLLECTION」春夏10商品が登場
かっこいいわ…… ランクルの世界観を拡張するブランドアイテム「LAND CRUISER COLLECTION」春夏10商品が登場
ベストカーWeb
宿の看板猫ランキング2024。2年連続トップは「おもち」くん! ドライブで看板猫に会いに行きたい。
宿の看板猫ランキング2024。2年連続トップは「おもち」くん! ドライブで看板猫に会いに行きたい。
くるくら
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
くるまのニュース
つーか、これが限界。レッドブルのペレス、イモラでは8位も「望みうる最良の結果」予選Q2敗退が響く
つーか、これが限界。レッドブルのペレス、イモラでは8位も「望みうる最良の結果」予選Q2敗退が響く
motorsport.com 日本版
スズキが初代といわないのは認めてないから!? 2003年に登場した「スイフトスポーツ」の謎
スズキが初代といわないのは認めてないから!? 2003年に登場した「スイフトスポーツ」の謎
WEB CARTOP
新車で買える!? 三菱「最新型ランサー」まだあった! ダイナミック顔に顔面刷新されてる「“グランド”ランサー」とは
新車で買える!? 三菱「最新型ランサー」まだあった! ダイナミック顔に顔面刷新されてる「“グランド”ランサー」とは
くるまのニュース
上位入賞続け光明を見る山本尚貴の陰で、不運の連鎖に苦しむチームメイト佐藤蓮「この流れを断ち切りたい」|スーパーフォーミュラ第2戦
上位入賞続け光明を見る山本尚貴の陰で、不運の連鎖に苦しむチームメイト佐藤蓮「この流れを断ち切りたい」|スーパーフォーミュラ第2戦
motorsport.com 日本版
角田を攻略できたかも? ハースF1小松礼雄代表イモラ決勝を悔やむ「別のタイミングでピットストップすれば入賞を狙えた」
角田を攻略できたかも? ハースF1小松礼雄代表イモラ決勝を悔やむ「別のタイミングでピットストップすれば入賞を狙えた」
motorsport.com 日本版
4車線化と引き換えの「再有料化」目前 地元は歓迎? 今はまるで“渋滞ガチャ” 八木山バイパス
4車線化と引き換えの「再有料化」目前 地元は歓迎? 今はまるで“渋滞ガチャ” 八木山バイパス
乗りものニュース
マツダが次世代型「CX-5」の存在を明らかに! 心臓部は“マツダ製ハイブリッド”になる!! デザインは新コンセプトカーがベースか!?
マツダが次世代型「CX-5」の存在を明らかに! 心臓部は“マツダ製ハイブリッド”になる!! デザインは新コンセプトカーがベースか!?
VAGUE
超レトロ!? 新型「スポーツカー」発売! 丸目4灯×6速MT採用の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場で開発進む「M55」とは
超レトロ!? 新型「スポーツカー」発売! 丸目4灯×6速MT採用の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場で開発進む「M55」とは
くるまのニュース
峠道を気持ちよく駆け抜けられる!ハスクバーナの新型「ヴィットピレン401」に試乗しました~小野木里奈の○○○○○日和~
峠道を気持ちよく駆け抜けられる!ハスクバーナの新型「ヴィットピレン401」に試乗しました~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
涙のベッテル、イモラでのアイルトン・セナ追悼ランで“オーストリア国旗”も掲げる「彼が果たせなかったことを……」
涙のベッテル、イモラでのアイルトン・セナ追悼ランで“オーストリア国旗”も掲げる「彼が果たせなかったことを……」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3160.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1650.01750.0万円

中古車を検索
650S(クーペ)の車買取相場を調べる

マクラーレン 650S(クーペ)の中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3160.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1650.01750.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村