サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 気分はルパン三世! チンクエチェントの皮を被った電気自動車「500ev」に乗った

ここから本文です
電気自動車にコンバートしたフィアット500を販売

 現行型フィアット 500のモチーフとなっている“フィアット ヌォーヴァ 500”は、イタリアのベーシック・トランスポーターの傑出として名高い初代フィアット 500(トポリーノという名で親しまれている)の後継モデルとして1957年に登場した。 イタリア語で「500」を意味するチンクエチェントという愛称で呼ばれることも多いフィアット ヌォーヴァ 500は、ルパン三世の愛機としても有名だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ