サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ターボ装着はパワーアップ目的だけじゃない!? 初期の日産ターボ車5選

ここから本文です

■国産ターボ車の歴史は日産から始まった

 現在、高性能エンジンやダウンサイジングエンジンに欠かせないパーツといえば、ターボチャージャー(以下、ターボ)です。

「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

 ターボはコンプレッサーの一種で、排気ガスの流れでタービンブレードを回して空気を圧縮し、エンジンに送り込むことで大きなパワーを得ることができます。

 その歴史は古く、第二次大戦では航空機に使われましたが、クルマに搭載されたのは1970年代初頭からで、国産車では日産が初めて搭載し、その後は急激に普及しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ