サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産・ルノー・三菱自連合、2030年までに35車種の新型EV投入 2024年には「マイクラ」後継EVも

ここから本文です
日産自動車とルノー、三菱自動車の3社アライアンスは1月27日、2030年までに5つの電気自動車(EV)専用共通プラットフォームをベースに35車種の新型EVを投入するなど、将来に向けた実行計画「アライアンス2030」を策定したと発表した。今後5年間で電動車開発に230億ユーロ(約3兆円)を投資して競争力の高いEVラインアップを拡充する。日産は欧州市場に「CMF-BEV」プラットフォームを採用した小型車「マイクラ」の後継となるEVをルノーの工場で生産する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン