サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【なぜ売れ続ける?】シエンタ全面改良5年後でも販売好調 ヤリス/フィットと渡りあえるワケ

ここから本文です

シエンタ 新車効果の競合に負けず

text:Kenji Momota(桃田健史)

【画像】アウトドアも連想、シエンタ フランスのルノー・トゥインゴの面影も?【比べる】 全133枚

トヨタ最小ミニバン「シエンタ」の販売が好調だ。

コロナ禍での、直近2020年4月販売台数は、前年比99.8%の6982台。

登録車ではトヨタ・ヤリス(1万0119台)、ホンダ・フィット(8977台)に次いでの3位となった(日本自動車販売協会連合会調べ)。

ヤリスとフィットは今年2月に発売されたばかりで、先行受注分をさばいている、まさに新車効果の真っただ中。

おすすめのニュース

サイトトップへ