現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!

ここから本文です

【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!

掲載 1
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、ドイツとフランスで試乗した、2012年当時の最新メルセデス・ベンツ車だ。

メルセデス・ベンツ E300ブルーテック ハイブリッド
欧州でも徐々に注目が高まってきているハイブリッド車(以下、HV)。メルセデス・ベンツでもSクラスに続き、EクラスにHVを投入してきた。ガソリンHVのE400ハイブリッドと、ディーゼルHVのE300ブルーテックハイブリッドの2モデル体制だ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

今回試乗したのは、ディーゼルのE300ブルーテックハイブリッド。HV用バッテリーが小さいので、EV走行は車速が35km/hまでで約1kmと限定され、ソロ~ッと加速しないと途端にエンジンが掛かる。EVでの発進は、クリープ現象の5倍くらいの力で押し出されている感じなので、日本でプリウスに慣れてしまった身としては少々物足りない。

つまり、すぐにエンジンが掛かるので、低速域ではディーゼルっぽい音と振動が少々気になるのだが、速度を上げていくにつれて、どんどんフィーリングは良くなる。欧州をターゲットにしたモデルなので、ドイツらしいスピード域で走らせた方が燃費も落ちず、十分走りを楽しめるのはいい。

面白いのはセーリング機能。よくコースティングモードと呼ばれている惰性走行のことだ。通常自動的に切換えられるものが多いのだが、このクルマではステアリングパドルを使って任意で切り替える方式になっている。長い下り坂などでは回生ブレーキの減速を使うか、セーリングして行くか、場面に合わせてチョイスできる。あくまでドライバーがフレキシブルに走れるようにとこだわる、メルセデスらしい機能だ。

気になる環境性能は、EU総合燃費が23.8km/L。CO2排出量は109g/km。日本にはガソリンのE400ハイブリッドが導入予定だが、ぜひともワゴンモデルの投入を期待したい。

メルセデス・ベンツ E300ブルーテック ハイブリッド 主要諸元


●全長4868×全幅1854×全高1471mm
●パワーユニット:直4 DOHCディーゼルターボ+モーター
●総排気量:2143cc
●最高出力:150kW(204ps)+20kW
●最大トルク:500Nm(51.0kgm)+250Nm

メルセデス・ベンツ GLK350
続いてはマイナーチェンジを受けたミドルサイズSUVのGLK。SUVの先駆け的存在であるGクラスの孫?にあたるモデルだが、デザインがずいぶんとスタイリッシュで高級になった。パワートレーン的にも、アイドリングストップ機構が備わり、EU総合モードで18.2km/Lと燃費が考慮されているのも最近のクルマらしい。

従来型よりも車高が20mm下がったことで、よりオンロード性能が上がっている。それでも乗り心地は従来型よりもしなやかさを増すなど、全体的に走りの快適性の向上が感じられた。ただし、左ハンドル車しかないので、日本での販売は相変わらず苦戦しそうだ・・・。

メルセデス・ベンツ SL63 AMG
続いては、AMGモデルだ。まずはSL63 AMG。今やSLシリーズの中では予想以上?に主力モデルとなりつつある。SL(シュポルト ライヒト=ドイツ語で超軽量の意味)の名前どおり、ボディをオールアルミとしたことで先代に比べて125kgもの軽量化に成功している。セダンのE63 AMGに搭載されているものと同じ、5.5LのV8ツインターボエンジンに7速DCTを組み合わせて搭載しているが、ルーフを閉じていれば意外とサウンドはおとなしく、上品な感じだ。

いちばん感動したのは、オープン状態のまま180km/hで走行しても、髪の毛は数本しか乱れなかったことだ。これはモンスターなのか、はたまたジェントルマンなのか。どちらにしても翻弄されてもいいかなと、満足させられてしまうモデルだった。

メルセデス・ベンツ G63 AMG
最新メルセデス車イッキ乗りのラストは、G63 AMG。ベース車は登場から既に33年も経っている(編集部註:2012年当時)年代モノ的なGクラス。だが、まだまだベースを変えるつもりがない上に、さらにハイパワーなG65 AMG(6LのV12ツインターボを搭載!)も登場するというから驚きだ。元々が軍用として開発されただけに頑丈さは認めるが、微少舵角はまったく反応しないハンドリングなど、時代を感じるのは否めない。

それでもユーティリティは最新鋭で、他の最新メルセデス車と同様のコマンドシステムなども投入されている。マットなボディカラーをまとった姿は、実にカッコイイ! 予算さえ許すのなら、オシャレの一貫として考えるならばこれもありだろう。

[ アルバム : はオリジナルサイトでご覧ください ]

[ アルバム : 2012年当時の最新メルセデス・ベンツ車 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
ベストカーWeb
ファイナルラップの大逆転劇。ウイリアムズ育成コラピントが初優勝果たす/FIA F2第4戦レース1
ファイナルラップの大逆転劇。ウイリアムズ育成コラピントが初優勝果たす/FIA F2第4戦レース1
AUTOSPORT web
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4戦オートポリスは野中誠太が優勝を飾る
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4戦オートポリスは野中誠太が優勝を飾る
AUTOSPORT web
あと1~2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」
あと1~2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」
motorsport.com 日本版
[新事実]10年でバッテリーが壊れるは嘘!? 最近のハイブリッドはマジで頑丈だぞ
[新事実]10年でバッテリーが壊れるは嘘!? 最近のハイブリッドはマジで頑丈だぞ
ベストカーWeb
「こうなると思ってました」「なぜかギヤが入らない」「アウトラップは任せて」【SF Mix Voices 第2戦予選(1)】
「こうなると思ってました」「なぜかギヤが入らない」「アウトラップは任せて」【SF Mix Voices 第2戦予選(1)】
AUTOSPORT web
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
AUTOCAR JAPAN
信頼関係が生んだ“ターゲット1.5倍の過激なセットアップ”。小池エンジニアが振り返る岩佐歩夢の予選PP劇
信頼関係が生んだ“ターゲット1.5倍の過激なセットアップ”。小池エンジニアが振り返る岩佐歩夢の予選PP劇
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝
motorsport.com 日本版
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
ベストカーWeb
メルセデスと「近代ロケットの父」フォン・ブラウン博士との関係とは? 「220Sポントンクーペ」を愛用し、北米ダイムラー・ベンツの取締役でした
メルセデスと「近代ロケットの父」フォン・ブラウン博士との関係とは? 「220Sポントンクーペ」を愛用し、北米ダイムラー・ベンツの取締役でした
Auto Messe Web
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
motorsport.com 日本版
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
AUTOCAR JAPAN
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
Auto Messe Web
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
AUTOSPORT web
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
AUTOCAR JAPAN
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
motorsport.com 日本版
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

1件
  • まほほん
    10年落ちでも古く見えないから過走行車を
    安く買って乗り回せば周囲が羨ましがって
    優越感に浸れるよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村