サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「半導体不足」は関係なし! 高騰が続く「国産スポーツカー」今買っておくべきモデルは?

ここから本文です

対米輸出が可能な90年代前半のスポーツモデルは高騰

 現在高騰が続いている国産中古スポーツモデル。とくに手ごろな価格でそこそこパワーのある後輪駆動車は新車で存在しないため、90年代にリリースされたスカイラインやシルビア系、ツアラー系がとんでもない価格となってしまっている。

昭和オヤジ世代の青春ど真ん中!「ハイソカー」「インプ&ランエボ」にときめいた全盛期の「国産セダン」9選

 そこに追い打ちをかけるようにいわゆる“25年ルール”によって北米地域に輸出が可能となったことで、90年代半ば以前のモデルの価格がさらなる高騰をみせているというワケだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン