現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】 癒しデザインの先駆車となったフィガロは今も人気沸騰中!

ここから本文です

こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】 癒しデザインの先駆車となったフィガロは今も人気沸騰中!

掲載 20
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】 癒しデザインの先駆車となったフィガロは今も人気沸騰中!

 これまで日本にはたくさんのクルマが生まれては消えていった。そのなかには、「珍車」などと呼ばれ、現代でも面白おかしく語られているモデルもある。しかし、それらのクルマが試金石となったことで、数々の名車が生まれたと言っても過言ではない。

 当連載では、これら「珍車」と呼ばれた伝説のクルマや技術などをピックアップし、その特徴を解説しつつ、日本の自動車文化を豊かにしてくれたことへの感謝と「愛」を語っていく。今回は、伝説の日産パイクカーシリーズから、2ドアクーペモデルのフィガロを取り上げる。

こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】 癒しデザインの先駆車となったフィガロは今も人気沸騰中!

文/フォッケウルフ、写真/日産

■リバイバルしてほしいクルマナンバーワン!?

 新しい技術を用いた自動車に触れると、しみじみと便利になったことを実感するが、こうした技術を採用しつつ、かつて人気を集めたクルマがリバイバルしたら……と、夢想するクルマ好きは少なくないはず。

 たとえば、日産が市場に導入して話題を集めただけでなく、販売面でも成功した一連の「パイクカー」なんて格好の素材ではないだろうか。先進的な機能を搭載して、あらゆる能力が高められ、便利で安全になったものの、やや没個性化している昨今の新型車をみるたびに、パイクカーのようなクルマの誕生が許された時代をあらためて回顧してみようと思う。

 日産がリリースしたパイクカーといえば、「Be-1(ビーワン)」に始まり、「PAO(パオ)」、「エスカルゴ」と、いずれも独自の個性を主張して人気を博した。そんなパイクカーのシリーズ4作目となったのが、2ドアパーソナルクーペとして登場したフィガロだ。

 フィガロは「日常のなかのちょっとしたお酒落、優雅な気分を気軽に楽しめる個性的なパーソナルクーペ」をテーマに開発されたモデルで、快適で遊び心を満たす仕様・装備などにより、見て、触れて、運転して、そして所有することで充実した気分になるようなクルマとしている。

 初めてお披露目されたのは、1989年に開催された第28回東京モーターショーである。それまでのパイクカーと同様に、マーチのシャシーコンポーネンツを流用していたが、ボディ全体をおおらかな曲面と自然なラインで構成し、適所にクロームメッキパーツをあしらった味のあるスタイルは、1950年代のクラシックカーを彷彿とさせるもので、見る者に大きなインパクトを与えた。

第28回東京モーターショーに出展された2年後の1991年に発売となる。写真はコンセプトモデルだが、内外装のデザインや作り込みは他のパイクカーと同じく、ほぼショー出展時の造形を踏襲していることがわかる

 一見すると愛らしさ満点の2ドアクーペだが、フィガロのトピックはオープンエアの楽しさを気軽に味わえるというところ。ルーフの中央部分はキャンバス部分だけを手動で折り畳むことが可能で、ボディサイドを残してルーフからリアウインドウ部分までをオープンにできるという独特の構造を採用していた。

 これによりボディデザインを損なわないうえに、走行中の風の巻き込みやノイズの侵入を抑えることができた。また、幌の上げ下げは操作性が考慮されているため女性でも開閉がスムースに行えるのも大きな特徴のひとつだ。

[articlelink]

こんな記事も読まれています

VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
日刊自動車新聞
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
WEB CARTOP
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
レスポンス
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
motorsport.com 日本版
地球上で最も壮観な道路!?  「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
地球上で最も壮観な道路!? 「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
motorsport.com 日本版
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
motorsport.com 日本版
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
VAGUE
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
AUTOSPORT web
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
レスポンス
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
ベストカーWeb
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
Auto Messe Web
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
モーサイ
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
くるまのニュース
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
Webモーターマガジン
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
motorsport.com 日本版
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
AutoBild Japan

みんなのコメント

20件
  • トム
    ほんと当時は今の日産からは考えられないぐらい良いデザインの車ばかりでしたね。
  • tak********
    最近の車は細いライトに厳ついグリルばかりで皆同じに見えるけど、令和の今見ても丸目が可愛く飽きが来ないシンプルなデザイン。
    フィガロを再販したら売れると思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

187.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.0458.0万円

中古車を検索
フィガロの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

187.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.0458.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村