サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ステランティスがサムスンと提携 アメリカにバッテリー製造工場を設立

ここから本文です
オランダ アムステルダムに本社を置くステランティスは2021年10月22日、韓国のバッテリーメーカー、サムスンSDIと、北米市場向けのバッテリーセル、バッテリーモジュールを生産する合弁会社を設立する覚書を締結した。この合弁工場は2025年の操業開始を目指し、当初は年間23GWhの生産能力を持ち、将来的には40GWhまで生産能力を増やす規模になる。

ステランティスは、2030年までにアメリカでの販売台数の40%を電動車両にすることを目指しており、電動車両用リチウムイオン バッテリーの年間生産能力の確保が大きな課題があった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン