サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「チューナーが溺愛する500馬力の通勤快速FD3S」実用域を重視したユーザー目線の味付けに注目!

ここから本文です

絶対的パワーと扱いやすさを両立した名門ロータリーショップの技

あらゆるステージで不満なく走れる極上スペック

「チューナーが溺愛する500馬力の通勤快速FD3S」実用域を重視したユーザー目線の味付けに注目!

この美しいFD3Sは、老舗ロータリーチューナー“フジタエンジニアリング”の藤田代表が普段乗りに使っているマイカーだ。自宅から会社までの通勤をメインとしつつ、サーキットでも速さを見せつけるオールラウンドスペックとして仕上げられている。

エンジンはスペックファイブと呼ばれる独自のポート加工が施され、タービンにはTO4Sボールベアリングをセット。低回転からレスポンス良く回り、4500rpmでフルブーストに達するスペックを構築しているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ