現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 軽カーのレース「東北660選手権」が開幕直前! 2024年シーズンの見どころを2023年王者にインタビュー

ここから本文です

軽カーのレース「東北660選手権」が開幕直前! 2024年シーズンの見どころを2023年王者にインタビュー

掲載 7
軽カーのレース「東北660選手権」が開幕直前! 2024年シーズンの見どころを2023年王者にインタビュー

ディフェンディングチャンピオンは2024年をどう戦うか

2024年4月14日(日)に14回目のシリーズが始まる東北660選手権。改造範囲や経験によって5つのクラスに分かれており、もっともエントリーが多いのは2クラスと3クラスです。予選を通過することすら難しい激戦区を制したふたりの王者に、2023年シーズンを振り返ってもらいつつ、2024年の展望について話を伺いました。

激闘! 東北660選手権の特別戦を振り返る。「アルト」のワンメイク「HA36カップ」も注目! 2024シーズンは4月14日から

3クラス王者の岩塚眞澄は2クラスへ挑む

まずは5年目に急成長を遂げた3クラスの岩塚眞澄。転勤でレースの大半を三重県から遠征することになり、当初は練習不足でイマイチ自信が持てなかったという。雨の開幕戦も「予選落ちだと思いました」と話すが、フタを開ければ4番手で決勝は3位と表彰台の一角に。それが自信となり第2戦のエビス東、第3戦のエビス西と続けて優勝し、チャンピオンに王手をかけた。

最終戦こそ堅実な走りに徹し9位に沈むが、結果として全戦でポイントを取りこぼさず、2位に5ポイント差を付けて王座に輝いた。ライバルとして強く意識したドライバーは開幕戦で優勝した西沢拓真、同じオートリサーチ米沢から参戦しシリーズ2位に食い込んだ大平崇文、耐久レースでも酷使するマシンを操り常に上位を窺う菅原颯馬だという。また決勝でエンジンブローしリタイヤを喫してしまったが、第2戦で予選トップの竹中康平の速さも強烈だったとか。

チャンピオンに輝きながら予選のポールポジション、決勝のファステストラップが一度もなかったのは、決して楽な道のりではなかった何よりの証拠だろう。

そして今シーズンの岩塚は3クラスを卒業し、ハイグリップタイヤを履く2クラスへと進む。目標は

「今まで以上に強敵だらけなのは承知のうえで、チャンピオンを狙うと宣言したいです!」

とのこと。2023年からステップアップした石川颯人や茂木勇輝が待ち構えており、そしてライバルだった大平も2クラスへ移行しそうな気配だ。彼らを相手に岩塚がどう戦うか、まずは開幕戦を楽しみに待ちたい。

表彰台常連の小松日高は最高峰1クラスへ挑む

続いては2クラスのチャンピオンに輝いた小松日高。大学の自動車部員だった2018年から参戦し表彰台の常連という印象だが、意外にも3クラスを含めシリーズチャンピオンになったのは初めてだ。

殻を破ったターニングポイントは2023年の開幕戦で、ウエット路面でも破綻させずマシンをコントロール。優勝こそ逃したものの自信に繋がったという。このとき優勝した巳ノ瀬健太は自動車部の先輩として、以前から目標でありライバルと考えていたドライバー。実力を認めるからこそ負けたくない相手で、シーズンを通して意識し続けていたそうだ。

そしてエビス東の第2戦では優勝、SUGOの第3では準優勝を飾る。最終戦のエビス西は走った回数がもっとも多いホームコースで、ポール・トゥ・ウィンを遂げファステストラップも獲得した。結果として4戦がすべて優勝もしくは準優勝と、ポイントを着実に積み重ねたのが勝因といえる。

そんな小松は2024年シーズン、最高峰の1クラスへと進む。車両はオートリサーチ米沢が製作するL275型ダイハツ「ミラ」で、1年間レンタルというカタチでステアリングを握る。改造範囲が広いとはいえ排気量は他と同じく660ccで、タイヤも2クラスと変わらないハイグリップラジアルだ。

大きく異なるのはLSDとECUのチューニング、またギヤ比の変更が認められることであり、いずれも小松にとって軽自動車では初体験。しかしながら機械式LSD入りのFFはもう1台の愛車で慣れているし、ECUやギヤ比に関してもすぐに乗り方をアジャストできるだろう。公式レースの経験も豊富なベテラン揃いの1クラスで揉まれれば、ドライビングだけではなくバトルの引き出しも飛躍的に増えるはず。新たなステージで自身のスキルを磨きながら、チャンピオンを目指す小松の挑戦に注目したい。

こんな記事も読まれています

待望のSF初優勝に大号泣。参戦6年目、牧野任祐がついに表彰台の頂点に【第2戦決勝レポート】
待望のSF初優勝に大号泣。参戦6年目、牧野任祐がついに表彰台の頂点に【第2戦決勝レポート】
AUTOSPORT web
上位入賞続け光明を見る山本尚貴の陰で、不運の連鎖に苦しむチームメイト佐藤蓮「この流れを断ち切りたい」|スーパーフォーミュラ第2戦
上位入賞続け光明を見る山本尚貴の陰で、不運の連鎖に苦しむチームメイト佐藤蓮「この流れを断ち切りたい」|スーパーフォーミュラ第2戦
motorsport.com 日本版
【ブログ】長島哲太&ダンロップに突撃。タイヤの違いってナンダ? 激戦必須なST1000も/カメラマンから見た全日本ロード第2戦もてぎ
【ブログ】長島哲太&ダンロップに突撃。タイヤの違いってナンダ? 激戦必須なST1000も/カメラマンから見た全日本ロード第2戦もてぎ
AUTOSPORT web
元フィギュアや元スピードスケート選手がラリーに挑戦! アスリート系選手のチーム「マッスルラリー」の気になる結果は?
元フィギュアや元スピードスケート選手がラリーに挑戦! アスリート系選手のチーム「マッスルラリー」の気になる結果は?
Auto Messe Web
岡本裕生、2連続ポールを獲得「いい流れを決勝に繋げたい」/2024全日本ロード第3戦SUGO JSB1000予選
岡本裕生、2連続ポールを獲得「いい流れを決勝に繋げたい」/2024全日本ロード第3戦SUGO JSB1000予選
AUTOSPORT web
TERAMOTO@J-TRIP Racingの鈴鹿8耐参戦体制決定。すべてをかけて挑む寺本、青木宣篤も帯同
TERAMOTO@J-TRIP Racingの鈴鹿8耐参戦体制決定。すべてをかけて挑む寺本、青木宣篤も帯同
AUTOSPORT web
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦オートポリスは野中誠太が2勝目をマーク
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦オートポリスは野中誠太が2勝目をマーク
AUTOSPORT web
KYOJO CUPに挑んだ現役高校生「佐藤こころ」選手にインタビュー!
KYOJO CUPに挑んだ現役高校生「佐藤こころ」選手にインタビュー!
カー・アンド・ドライバー
急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
AUTOSPORT web
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
motorsport.com 日本版
「合格点の仕事」「なんでそんな速いの?」「みんなが賢くなった」【SF Mix Voices 第2戦決勝(1)】
「合格点の仕事」「なんでそんな速いの?」「みんなが賢くなった」【SF Mix Voices 第2戦決勝(1)】
AUTOSPORT web
SF参戦を「キャリア最高の経験」と語るバーニコート。しかし今季はIMSAに集中……目指すはトヨタ・ハイパーカーでのル・マン制覇
SF参戦を「キャリア最高の経験」と語るバーニコート。しかし今季はIMSAに集中……目指すはトヨタ・ハイパーカーでのル・マン制覇
motorsport.com 日本版
1991年、インターTECはカルソニックの2連勝もチャンピオンタイトルはリーボックの手中に!【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(8)】
1991年、インターTECはカルソニックの2連勝もチャンピオンタイトルはリーボックの手中に!【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(8)】
Webモーターマガジン
レースの楽しさを思い出させてくれた1戦!イギリス選手権のスーパースポーツクラスにスポット参戦 レーシングライダー大久保光のレースレポート
レースの楽しさを思い出させてくれた1戦!イギリス選手権のスーパースポーツクラスにスポット参戦 レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
山本尚貴vs岩佐歩夢、白熱したバトルの裏にあった“それぞれの誤算”/SF第2戦オートポリス
山本尚貴vs岩佐歩夢、白熱したバトルの裏にあった“それぞれの誤算”/SF第2戦オートポリス
AUTOSPORT web
およそ1億円でもリーズナブルと思われる理由は? ラリーで超有名なアウディ「クワトロS1 E2」にはWRCチャンピオンたちのサインがたくさん!
およそ1億円でもリーズナブルと思われる理由は? ラリーで超有名なアウディ「クワトロS1 E2」にはWRCチャンピオンたちのサインがたくさん!
Auto Messe Web
カマルザマン「ドライのマップに変えた」と雨の決勝でベテランの技。Team Frontierは8耐トライアウト首位通過
カマルザマン「ドライのマップに変えた」と雨の決勝でベテランの技。Team Frontierは8耐トライアウト首位通過
AUTOSPORT web
16年ぶりに復帰の“ドライバー”近藤真彦がレースを楽しむ「実際にコースを走ることこそが原点」
16年ぶりに復帰の“ドライバー”近藤真彦がレースを楽しむ「実際にコースを走ることこそが原点」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

7件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3200.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1530.02280.0万円

中古車を検索
FFの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3200.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1530.02280.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村