現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 魔法のような乗り心地を実現するシトロエンの秘密【石井昌道】

ここから本文です

魔法のような乗り心地を実現するシトロエンの秘密【石井昌道】

掲載 1
魔法のような乗り心地を実現するシトロエンの秘密【石井昌道】

車の最新技術 [2023.06.05 UP]


魔法のような乗り心地を実現するシトロエンの秘密【石井昌道】
文●石井昌道 写真●シトロエン

トヨタ、日野、ダイムラートラック、三菱ふそう 大再編時代がやってきた【池田直渡】

 シトロエンは古くから独創的な先進技術にこだわりがあるが、なかでも有名なのがハイドロ・ニューマチック・サスペンションだ。


DS(1955年)のメカニカルイラストレーション
 1955年登場のDSに初採用されたハイドロ・ニューマチック・サスペンションは、一般的な金属スプリングとショックアブソーバーのかわりに、オイルによる油圧と窒素ガスによる空気圧を利用したもので、硬さや車高が自在に最適化される優れたシステム。油圧はサスペンションだけではなく、ブレーキやパワーステアリング、トランスミッションなどにも用いられる画期的かつ複雑なシステムだった。最大の特徴はソフトタッチで、ストローク感がたっぷりとある良好な乗り心地で“マジックカーペットライド(魔法の絨毯のような)と形容されていた。
 残念ながら2015年に販売終了したC5が最後のモデルとなったが、これを蘇らせたのがプログレッシブ・ハイドロ-リック・クッション(PHC)だ。2017年にC4カクタスで初採用され(日本未導入)、日本では2019年導入となったC5 AIRCROSS SUVで初お目見え。
 自らハイドロ・ニューマチック・サスペンションの現代的解釈と形容している通り、乗り心地の良さが自慢だったが、昨年導入されたC5X プラグインハイブリッドにはさらにアドバンスト・コンフォート・アクティブサスペンションを追加し、最上級の乗り心地を実現している。



C5X
 C5Xは現在のシトロエンのフラッグシップモデルとされ、セダンとステーションワゴン、それにSUVのエッセンスが融合したクロスオーバーで、かつてのDSやXMなどと同じく独創的で流麗なスタイリングが目を惹く。インテリアもカラーや素材、ディテールにいたるまで凝っていてデザインだけでも欲しくなる人が多いモデルでもある。
 PHCはハイドロ・ニューマチック・サスペンションに比べるとシンプルなシステムで、一般的なサスペンションながらショックアブソーバー内にセカンダリーダンパーを採用。ダンパー・イン・ダンパーなどとも呼ばれるもので、同様のシステムはルノーやアルピーヌなどでも用いられっている。

 一般的なラバーやシリコンなどのバンプストップはストロークを使い切って底付したときに、反発力が出るため挙動が不安定になることがあるが、セカンダリーダンパーがあれば底付時に反発せず、じわりと受け止めるので安定性を高められる。


シトロエン PHCのイメージCG
 もともとはルノー/アルピーヌもシトロエンもラリーで開発されたもので、スポーツモデルに採用すると、凸凹と荒れた路面でも接地性が高くて操縦安定性が有利になる。これをシトロエンは、乗り心地の向上に使っているのだ。フロントは縮み側、伸び側の両方、リアは縮み側のみにセカンダリーダンパーが採用されており、底付するだいぶ手前から作用し始めることでストロークが浅いところではソフトで、深くなっていくにつれてハードになっていく。柔らかくて快適なのに、粘り腰があって安定性も失わないわけだ。
 ハイドロ・ニューマチック・サスペンションのようにセンサーや油圧回路などが必要ではなく、一般的なサスペンションの延長線上にあるもので汎用性が高く、信頼性も高い(ハイドロ・ニューマチック・サスペンションは故障が多いことでも有名だった)。コストも比較的に抑えられる賢いシステムだろう。
 アドバンスト・コンフォート・アクティブサスペンションは電子制御でダンパーの減衰力を可変するシステムでPHCの効果をさらに高める。ホイールスピードセンサーや加速度センサー、ヨーレートセンサーやステアリングやアクセル、ブレーキなどの状況などを把握して、最適な減衰力に断続的に切り替えていく。
 その他、205/55R19という径は大きいが幅は細いタイヤを採用することも、乗り心地重視の表れだろう。


C5X

 実際に走らせてみると、フンワリと優しい乗り心地に驚かされることになる。ハイドロ・ニューマチック・サスペンションはエアサスが苦手としているのと同じく、凹凸が連続して続くと動きが渋くなって硬く感じることもあったが、PHCならばそんなことはない。テストコースで緊急回避を想定したダブルレーンチェンジテストを行ったときには、さすがに切り返しに時間がかかって俊敏とは言いがたかったが、一定方向のコーナリングでは操縦安定もなかなかのもので、高度なシャシー性能だった。
 シトロエン・ファンが感涙するだけではなく、スポーティよりもコンフォートを重視する人にはオススメしたいモデルなのだ。

こんな記事も読まれています

プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
ベストカーWeb
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
AUTOSPORT web
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

1件
  • ハイドロニューマチックはハイドラクティブも含めて3台乗ったけど、よく云われる「魔法の絨毯」だと思ったことは一度もない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

364.0463.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
C5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

364.0463.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村