サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日本を代表する高級車「クラウン」は21世紀を象徴するクルマとして蘇れるのか?

ここから本文です

強く心に残るクラウンとは?


岡崎宏司の「クルマ備忘録」連載 第185回

価格は31億円!? 「ロールス・ロイス」が製造した究極のフルオーダーモデルとは?


トヨタ・クラウンは1955年に誕生。以来、日本の高級車を代表し続けてきた。「いつかはクラウン!」という宣伝のキャッチコピーがあったが、これは、日本の多くの人たちの思いと重なっていた。

67年前、初めてクラウンを見た時、初めてクラウンに乗った時、、僕は「やっと日本に本物の乗用車が生まれた!」と思った。

その姿も、走り味も、乗り味も、それまでの日本製乗用車の印象を大きく塗り替えるものだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ