現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昭和オヤジはパニック必至!? いまどきのクルマは見たこともない警告灯だらけだった

ここから本文です

昭和オヤジはパニック必至!? いまどきのクルマは見たこともない警告灯だらけだった

掲載 65
昭和オヤジはパニック必至!? いまどきのクルマは見たこともない警告灯だらけだった

 この記事をまとめると

■最近のクルマは高精度なセンサーを多数搭載している

クルマのメーター内は警告灯だらけ! 覚えてなくても「色」だけは要チェック!!

■過敏すぎるセンサーもたまにあるが、ユーザーを助けてくれる場合も多い

■何も起きてないのに警告灯が光りっぱなしになったら早急な修理がオススメだ

 数が多すぎてわけわからない警告灯の代表的なものを紹介

 昔のクルマはある意味でシンプル。機能も装備もそうだった。なかでも、警告灯の種類は現在とは大きく違う部分と言っていい。

 ここでは、昔のクルマにはなかった、昭和の時代のドライバーが現代へタイムワープしてきたら驚くしかない最新のCASE時代【Connected/コネクティッド、Autonomous/Automated/自動化、Shared/シェアリング、Electric/電動化】ならではの警告灯を紹介したい。

 まずは、自動運転に向けた、ドライバーのモニタリングシステムの警告灯だ。いまではハンズオフドライブも一部車種で可能になっているが、ドライバーの目線や姿勢をカメラがモニタリングしていて、わき見、居眠りを検知。前を向いていないと警告されるのだ。また、ステアリングから手を放す場面でも、クルマが「放してもいいですよ」という場面以外では、ステアリングから手を放すと警告されてしまう。

 衝突軽減ブレーキも昭和の時代には付いていない先進運転支援機能のひとつだが、前車と近づきすぎたり、衝突の危険がある場合は、もちろん派手な警告がブザーや警告灯で行われ、さらに衝突軽減ブレーキが作動する。

 かなりドキッとする警告だが、おかげで、スバルのアイサイトの広告にあるように、追突事故などが大幅に減っているわけだ。

 ちなみにACC(アダプティブクルーズコントロール)が付いているクルマは、作動させた際の警告灯に要注意。システムがうまく機能していないと、警告灯が点灯。全車追従機能などが働かなくなっていたりするから危ない。

 パークディスタンス機能などと呼ばれるパーキングサポートブレーキの警告もまた、かなり派手。というか、車種によっては盛大な警告音とともにガツッと大きな音と衝撃を伴い緊急ブレーキが作動。

 たとえば、狭い駐車スペースにバックで止めているときなど、心臓が止まりそうになるような警告、ブレーキ作動を行う。それも、まずぶつからない軌跡で止めているときも、センシングのレベルによっていやおうなしに作動するから恐ろしい……。心臓に悪いので、ドライバーによっては機能をOFFにしていることもあったりする。

 ドライバーを助けてくれる警告も!

 しかし、びっくりさせられる警告だけではない。あって本当に良かったと思える現代の警告もある。たとえばブラインドスポットモニターの警告だ。レーンチェンジ時などで、うっかり後続車が迫っているときなど、カメラやレーダーセンサーなどが後ろをモニタリングしていて、「レーンチェンジしたらぶつかるぞ」と、警告灯と音で警告してくれる。筆者も何度か助けられた経験がある。

 ブレーキオーバーライドシステムの警告灯も、とくに運転機能が低下したシニアには嬉しい警告だろう。具体的には、うっかりアクセルとブレーキが同時に踏まれたとき、ブレーキオーバーライドシステムが作動。警告灯が点灯し、アクセルペダルを離し、ブレーキペダルを踏むように促してくれるのだ。

 リヤトラフィックアラートもじつに有用な機能であり、その警告は安全運転に直結。つまり、駐車スペースなどからバックで出庫する際、後方を横切るクルマや人などを検知すると、警告灯の表示と音で警告してくれる機能だ。

 それでも自車がバックし続け、危険を察知した場合は、クルマの動きをただ抑制する機能に加え、被害を軽減するための自動ブレーキを盛大に作動させるワンランク上の機能を持つ車種もあり、前向き駐車、バック出庫の多いユーザーには欠かせない先進運転支援機能と言っていい。

 現在のクルマの多くは、タイヤの空気圧まで常時モニタリング。自然要因の空気圧低下はもちろん、パンクなどで空気圧が減少した際に、タイヤ空気圧警告灯が”静かに”点灯。点灯したら、すみやかに安全な場所にクルマを止め、タイヤをチェックしたい。なお、空気圧充填後、またはパンク修理後は、システムの初期化が必要。しないといつまでも警告灯が点灯したままになるので要注意。

 警告灯が点灯しても、通常はそれほど心配しなくていい警告灯として、スリップ警告灯がある。TRC(トラクションコントロール)、VSC(ビーグルスタビリティコントロール)、ABS、ヒルスタートシステムなどの車両安定装置、ブレーキが作動しているときに点灯する警告灯だが、実際に滑りやすい道を走っているときは、まず速度を落とすことが肝心。あとはクルマがしっかりと制御してくれるはずである。

 ただし、通常のドライ路面を走っている時に点灯したとすれば、システムの異常だから、早めにメンテナンスに出してほしい。

 そのほかにも、最新のクルマには、車種、グレードによってさまざまな警告灯が、安全安心のために用意されている。点灯しても「なんの警告だかわからん」ではマズいので、一度、取説の警告灯一覧を確認し、頭に入れておきたいものだ。

 もっとも、最新のCASE時代のクルマには、かつてのクルマにはなかった数多くの警告灯があり、すべてを覚えるのは大変だが……。

こんな記事も読まれています

【山形県】四季の表情を映す田園と調和したカフェ+ギャラリー ~男を磨くデイドライブ~
【山形県】四季の表情を映す田園と調和したカフェ+ギャラリー ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
【福岡県】家具の産地・大川で出逢える無垢一枚板インテリアの魅力 ~男を磨くデイドライブ~
【福岡県】家具の産地・大川で出逢える無垢一枚板インテリアの魅力 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【広島県】開放感の中で腕を磨く 創業60年のゴルフ練習場 ~男を磨くデイドライブ~
【広島県】開放感の中で腕を磨く 創業60年のゴルフ練習場 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【秋田県】人間らしい温もり感じる革製品店「すずなり」 ~男を磨くデイドライブ~
【秋田県】人間らしい温もり感じる革製品店「すずなり」 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【青森県】至福の空間づくり叶えるサウンドシステムを提供 ~男を磨くデイドライブ~
【青森県】至福の空間づくり叶えるサウンドシステムを提供 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【宮崎県】オーナーこだわりの中深煎りコーヒーはヴィンテージの香り ~男を磨くデイドライブ~
【宮崎県】オーナーこだわりの中深煎りコーヒーはヴィンテージの香り ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【広島県】オンリーワン主義を貫く眼鏡店が新しい世界を見せる ~男を磨くデイドライブ~
【広島県】オンリーワン主義を貫く眼鏡店が新しい世界を見せる ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【滋賀県】子どもも愛犬も楽しめる、農家が造る“複合レジャー農園” ~男を磨くデイドライブ~
【滋賀県】子どもも愛犬も楽しめる、農家が造る“複合レジャー農園” ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【静岡県】インポートファッションの名店で「大人のオトコ」に ~男を磨くデイドライブ~
【静岡県】インポートファッションの名店で「大人のオトコ」に ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【愛知県】幅広い年代から愛されるこだわりのレザーショップ ~男を磨くデイドライブ~
【愛知県】幅広い年代から愛されるこだわりのレザーショップ ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【埼玉県】「メイド・イン・春日部」の誇りを守る天然素材の老舗帽子店~男を磨くデイドライブ~
【埼玉県】「メイド・イン・春日部」の誇りを守る天然素材の老舗帽子店~男を磨くデイドライブ~
グーネット
環境団体&自動車団体の間で板挟み! 次期排ガス規制案「ユーロ7」の行方が全然見通せないワケ
環境団体&自動車団体の間で板挟み! 次期排ガス規制案「ユーロ7」の行方が全然見通せないワケ
Merkmal
【大阪府】洋服か、アクセサリーか。自分だけのお宝を掘り当てろ ~男を磨くデイドライブ~
【大阪府】洋服か、アクセサリーか。自分だけのお宝を掘り当てろ ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
北陸に台湾、しかも今度は愛媛でも……ガソリン不足でクルマが乗れない! なんて時に電動化車両は役に立つの?
北陸に台湾、しかも今度は愛媛でも……ガソリン不足でクルマが乗れない! なんて時に電動化車両は役に立つの?
ベストカーWeb
ウォークスルーと広々シートが便利で快適! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
ウォークスルーと広々シートが便利で快適! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【新潟県】極上のシェービングで男を上げるバーバー ~男を磨くデイドライブ~
【新潟県】極上のシェービングで男を上げるバーバー ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【東京都】“画壇の仙人”熊谷守一の感性に触れる ~男を磨くデイドライブ~
【東京都】“画壇の仙人”熊谷守一の感性に触れる ~男を磨くデイドライブ~
グーネット

みんなのコメント

65件
  • DMP81Z_DW7
    昭和オヤジですが取説くらいは読みます。
    パニックにはなっていません。
  • mak********
    昭和オヤジですが、普通に車に乗ってきていればパニックになる警告灯なんてありませんが。突然昭和初期から運転していなくて急に今の車に乗ったならそうなるかもしれませんね。
    自分のレベルで物事を語って記事にしない方が良いと思うけど。愚記事・・・
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村