サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスがSクラスの電気自動車版「EQS」の市販車らしからぬ超近未来的なインテリア公開

ここから本文です

メルセデスがSクラスの電気自動車版「EQS」の市販車らしからぬ超近未来的なインテリア公開

独メルセデス・ベンツは3月28日、開発中のEVラグジュアリーサルーン「EQS」のインテリアを初公開した。

本年8月の欧州デビューが予定されるEQSは、ラグジュアリーセグメント向けのEV専用モジュラープラットフォームを採用する初のモデル。先日登場した新型「Sクラス」や派生車種「メルセデス マイバッハ Sクラス」とともに、カーボンニュートラルを達成した本国ジンデルフィンゲンの「ファクトリー56」で生産される予定だ。

その大きな特徴は、五感すべてでラグジュアリーさを感じ取れるよう配慮されたデザインと機能装備。特にインテリアには、3枚の液晶パネルを一つの強化ガラスで覆った「MBUX ハイパースクリーン」をオプションで用意し、インパネ全面がガラスという未来的なコクピットを実現している。なお、センターとパッセンジャーシート前のモニターには、タッチ入力に対し振動でフィードバックするハプティック機能が備わり、より直感的な操作が可能だ。

音に関しても、内燃機関と比べて段違いに静かなEVの特色を生かした新機軸を取り入れており、乗車からドライビングまでシチュエーションに合ったサウンドがスピーカーから再生されるという。なお、工場出荷時には「シルバー ウェーブス」および「ヴィヴィッド フラックス」という2つのサウンドパッケージがインストールされる模様。

現下の時勢で注目される空気清浄機能も、外気導入口にセットされる大型のHEPAフィルターによって飛躍的に性能が高まっている。600グラムの活性炭を用いたこのフィルターはサッカー場150枚分に匹敵する吸着面積を持ち、花粉などの微細粒子を確実に補足。さらに、「エアバランスパッケージ」のフレグランスもEV用の調合が新たに開発されているという。

このほか、新型Sよりも低いCd値0.20を達成したエアロダイナミクスや、無線によるアップデート機能など多くのアピールポイントを備えたEQS。あと半年を切った実車公開が今から楽しみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ