サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォード、韓国SKと車載バッテリーの合弁会社「ブルーオーバルSK」設立 EV用電池の安定調達へ

ここから本文です
 フォード・モーターは20日、韓国のSKイノベーションと車載バッテリーの合弁会社「ブルーオーバルSK」を設立すると発表した。フォードが今後主力車種の電気自動車(EV)化を計画する中、中核部品となる車載電池の安定調達を図る。

 合弁会社は年間60ギガワット時の生産能力を有し、2020年代半ばにも生産を開始する計画。フォードとリンカーンの両ブランド向けに供給する。フォードは25年までに少なくとも220億ドル(約2兆4千億円)をEV領域に投じる方針を示す。

おすすめのニュース

サイトトップへ