現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「全身センス」ってどういうことだ!? 衝撃キャッチコピーで登場した「初代プレセア」はバブルじゃなきゃ通用しないセダンだった

ここから本文です

「全身センス」ってどういうことだ!? 衝撃キャッチコピーで登場した「初代プレセア」はバブルじゃなきゃ通用しないセダンだった

掲載 41
「全身センス」ってどういうことだ!? 衝撃キャッチコピーで登場した「初代プレセア」はバブルじゃなきゃ通用しないセダンだった

 この記事をまとめると

■「全身センス」のキャッチコピーを持った日産プレセアを振り返る

まるでエラのようなフェンダーでついた名前が「サメブル」! いまや旧車界の「スター」610ブルーバードとは

■1980年代から90年代は4ドアハードトップが流行した

■初代モデルは和田 智さんのデザインであった

 バブル期は4ドアハードトップが大ブームに

 1980~90年代、いまから30~40年も前の新型車でも、当時、駆け出しの自動車評論家であった筆者でさえ、印象に残っているクルマは少なくない。1980年代に若者が憧れたのは、スタイリッシュな国産のクーペスタイルのクルマであり、ちょっとクルマに興味がある人なら、ハイソカーの主役だった初代トヨタ・ソアラ、トヨタ・セリカ(映画「私をスキーに連れてって」に初代GT-FOURが登場)、デートカーの真打と言えた3代目ホンダ・プレリュードなどが思い浮かぶだろう。

 1986年12月からは、いまでも語り継がれるバブル期が到来。1990年代にも魅力的な新型車が続々と登場。ホンダCR-X、NSX、アコードクーペ、三菱GTO、エクリプスなどなど。そんななか、1980~90年代にちょっとしたブームになったのが、スタイリッシュさを謳う、低全高4ドアセダンだった。

 その火付け役が、初代が1985年にデビューしたトヨタ・カリーナEDだ。セリカの基本部分を使った4ドアハードトップであり、当時のお嬢さま、奥さまにも人気があり、実際、1980年代の遊び友達のバレリーナを目指していた良家の子女も、ある日、カリーナEDに乗っていたのである。スレンダーな彼女にはめっぽうお似合いで、その後、2000年に中古車販売店のミレニアム記念特別販売「2000円!」という触れ込み、話題性に乗って、筆者もエアコン不調の中古カリーナEDを記事ネタとして2000円で買ってしまったこともあった(諸費用を入れると数万円の支払いでしたが)。

 そんなカリーナEDに代表されるスタイリッシュさが売りの4ドアハードトップブームはしばらく続き、それに乗っかって登場したのが、本稿で取り上げるR10型初代日産プレセアである(知らない? 覚えてない?)。

 プレセアは初代がまだバブル期の1990年6月に登場。B13型サニーの基本部分を使った、全長4395×全幅1695×全高1320mm! という超低全高の4ドアハードトップ。いやいや低い。だって現代のスポーツカー、トヨタ86、BRZの全高1300mmと変わらない低さとしつつも、リヤドアを装備し、スポーツカーに比べればまともな後席を持つ4ドアなのだから、とくに乗降性や頭上方向の余裕では、まったくもって厳しいパッケージングのクルマでしかなかった。

 しかしそれでも、バブルの勢いで当時はスタイリッシュさが受け入れられ、日産もカリーナEDのスマッシュヒットに続けと、プレセアを急いで登場させたのだろう。

 キャッチフレーズは「全身センス」!

 しかも、そのキャッチフレーズがすごい。なにしろ「全身センス」「絶世のセダンです」ときたもんだ。CMにはモデル、歌手、タレントの桐島カレンさんを「見返り美人」として起用。

「全身センス」を表している理由の第一は、デザイナーが日産自動車時代の初代セフィーロ、1998年にアウディに移籍し、アウディA6、A5、Q7などのエクステリアデザインを手がけた和田 智さんであり(現在は独立)、その手腕によって個性溢れる4ドアハードトップをデザインできたからにほかならない。

 しかも、エンブレムが宝石をモチーフにしたものであるだけでなく、グレード名も宝石にちなんだCt.(カラット)としていた。

 スタイリッシュなエクステリアデザインもさることながら、インテリアもさすが「全身センス(!?)」で、メイングレードのCt.IIグレードでは7パターンのインテリアの仕様が選べる凝りようで、オシャレ度極まるオフホワイトの本革&クロスシートまであったほど。

 とはいえ、カリーナEDがそうであったように、こうしたクルマの走行性能は平凡。プレセアはサニーと共通の1.5リッター、ブルーバードからの1.8リッター、2リッターエンジンに4速ATと5速MTを組み合わせた展開で、走りの面では流麗なスタイリングのようなインパクトは皆無。

 しかし、当時はそれでも「全身センス」「絶世のセダンです」のキャッチフレーズとスタイリッシュさに誘われ、とくに女性ユーザーに人気を得たというわけだ。

 ただ、実際に身長172cmの筆者も、当時のカリーナED(所有車)やプレセアに乗り、後席にも座ってみたのだが、やはりトヨタ86並みの低全高ゆえ、乗降性(頭を大きく下げなければならない)や居住性(主に天井方向の窮屈感)は決して褒められるものではなかった。それでも問題なし……と、一部の人が飛びついたあたりは、なるほどバブルのなせる魔法だったのかも知れない。

 しかし、バブルが終焉した1990年代後半になると、シャンパンの泡が消えるように、そして夢が醒めたように、国産4ドアハードトップの人気はガタ落ち。1995年にプレセアはR11型の2代目となるのだが、和田 智さんのデザインではなくなり、「全身センス」とは言えない、ごくフツーの4ドアハードトップとなってしまったのだ。それもあって、バブル後に冷静になってみれば、低全高の4ドアハードトップの乗降性や居住性の悪さが改めて認識されることとなり、避けられ始めたというわけだ。

 つまり、「全身センス」「絶世のセダンです」のプレセアは、1990~95年に生産、販売された、和田 智さんがデザインを手がけた初代だけの話、ということになる。

こんな記事も読まれています

『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
AUTOCAR JAPAN
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
AUTOSPORT web
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
レスポンス
【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
AUTOSPORT web
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
くるまのニュース

みんなのコメント

41件
  • jun********
    初めての車がこれでした。
    ワインのct2。
    懐かしいですなw
  • reg*******
    初代・2代目とも内装デザインは当時のセダンとしても平凡だが、マリンブルーメーターは美しかった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村