現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWの未来を示す【Xシリーズ】ラグジュアリーセグメントの役割とは

ここから本文です

BMWの未来を示す【Xシリーズ】ラグジュアリーセグメントの役割とは

掲載
BMWの未来を示す【Xシリーズ】ラグジュアリーセグメントの役割とは

輸入車 [2023.12.06 UP]


BMWの未来を示す【Xシリーズ】ラグジュアリーセグメントの役割とは
文●ユニット・コンパス 写真●BMW
(掲載されている内容はグーワールド本誌2024年1月号「羨望の的となるプレミアムSUVを徹底検証! Xシリーズを知ればBMWのいまがわかる!」記事の内容です)

BMWの今がわかる! プレミアムSUV「Xシリーズ」を徹底検証

ブランド誕生100年を超えたBMWがどこへ向かうのか。最上級となるラグジュアリーセグメントに込められた重大な役割。

 コンパクトセグメントからフルラインアップするXシリーズ。それらのイメージリーダーであり、ブランド全体を牽引するのがラグジュアリーセグメントのモデル。いまやSUVが流行の先端であることを理解しているBMWだけに、ラグジュアリーセグメントにかける力の入れようは大きい。

 時計の針を少し巻き戻す。BMWは2016年、創業100周年を迎え、次の100年に向けてさまざまな種まきを行っていた。

 そのひとつがラグジュアリーセグメントの強化。2018年に8シリーズを発表して以来、各モデルにおける「最上級のラグジュアリー」を再定義した。そして2019年にX7を投入することで、これまでラインアップに欠けていたラグジュアリーSUVについてもフォロー。これでXシリーズも、1から8まですべての選択肢が揃うことになった。

 もうひとつの種まきは電動化だ。持続可能性を備える次世代のラグジュアリーカーとして2021年に登場したのが、電気自動車iX。ここでスタイリングやインテリア、そしてインフォテインメントシステムについても今後の道筋となる内容が示されたのだ。

 そして2021年、BMWはMモデルについても新しい提案を行った。それが伝説のM1以来となるM専用モデルXMをSAVとして送り出すこと。その内容はもはやハイパーカーの領域で、BMWがブランドの領域をさらに拡大させていくことへの挑戦でもある。

 Xシリーズのラグジュアリーセグメントは、ブランドとしてのBMWを牽引していく存在なのである。


[XM]Mモデルの未来を示したハイパフォーマンスPHEV
 BMW M史上最強のパワーを備え、サーキット走行を可能とするモンスターSAV、それがXM。かのM1以来となるBMW M専用モデルとして開発されたXMは、4.4LV8ターボにモーターを組み合わせ、システム最高出力653馬力、システム最大トルク81.6kgmというBMW最強のパワートレインを搭載。シャシーを統合制御することにより、街中では快適に、モードを切り替えればサーキットで俊敏な走りを披露する万能性を誇る。


23インチのホイールを標準装備する迫力のサイドビュー。ウインドウを大きく囲む「アクセント・バンド」もダイナミックな印象。

経年変化を意図的に再現したビンテージ・レザーをインテリアにふんだんに使い、独自の世界観を演出。装備や快適性も最高峰となる。
BMW XMの新車情報を見る


[X7]圧倒的な存在感を示すラグジュアリーモデル
 プレミアムブランドとしての存在感を高めるべく、フラッグシップシリーズを強化してきたBMW。SUVセグメントを担うX7が登場したのは2019年。フルサイズSUVならではの迫力ある姿、そして3列シートを備える高いユーティリティ性能がこのモデルの個性だ。2022年には大幅改良を受け、インフォテインメントシステムをアップデートするなど、さらにその魅力を磨き上げている。


マイナーチェンジでインテリアのインターフェースと表示類が最新仕様にアップデート。快適さと安全性はさらなる高みへ到達している。

ヘッドライトがセダンの7シリーズ同様上下2分割となったように、リアのデザインも更新。パワートレインもマイルドHVとなり、さらに高効率化した。
BMW X7の新車情報を見る


[iX5 ハイドロジェン]水素で未来を駆ける革新的実験車両
 電動化を進めるBMWではあるが、その手法についてはさまざまな方法を模索中。トヨタとの技術提携によって、水素燃料電池の技術を取得し、現在X5ベースのテストカーを製作。世界中の路上で試験を行いデータを集めている。


水素のメリットは充填時間の短さ、そしてエネルギーを電気と違って貯蔵できること。BMWも電動化をマルチソリューションで考えているのだ。

こんな記事も読まれています

中国で苦境に陥った角田裕毅、問題解決できるのか? レース中に僚友リカルドのマシンを観察「トラクションの量がかなり違っていた」
中国で苦境に陥った角田裕毅、問題解決できるのか? レース中に僚友リカルドのマシンを観察「トラクションの量がかなり違っていた」
motorsport.com 日本版
取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
レスポンス
女性WECチームにラヘル・フレイが復帰へ。F1アカデミーなど参戦のドリアーヌ・パンと交代
女性WECチームにラヘル・フレイが復帰へ。F1アカデミーなど参戦のドリアーヌ・パンと交代
AUTOSPORT web
スーパー耐久新法人『STMO』でモリゾウ理事長が目指すもの、そして守っていくものは
スーパー耐久新法人『STMO』でモリゾウ理事長が目指すもの、そして守っていくものは
AUTOSPORT web
「また赤信号だ!!」イライラするほど引っかかる? 実は心理ついたシステムにハマったのかも
「また赤信号だ!!」イライラするほど引っかかる? 実は心理ついたシステムにハマったのかも
乗りものニュース
「高速SA」に泊まれる!? 謎の「ハイウェイホテル」車中泊より快適ってホント? “どんな人”が利用しているのか
「高速SA」に泊まれる!? 謎の「ハイウェイホテル」車中泊より快適ってホント? “どんな人”が利用しているのか
くるまのニュース
角田裕毅、中国GPは散々な週末に。混乱の中順位上げるもマグヌッセンに撃墜され終戦「僕はかなりスペースを空けていたから腹立たしい」
角田裕毅、中国GPは散々な週末に。混乱の中順位上げるもマグヌッセンに撃墜され終戦「僕はかなりスペースを空けていたから腹立たしい」
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024年F1第5戦中国GP スプリント
【正式結果】2024年F1第5戦中国GP スプリント
AUTOSPORT web
ヤマハ発動機、80年代のGPマシンをイメージした「XSR900 GP ABS」発売
ヤマハ発動機、80年代のGPマシンをイメージした「XSR900 GP ABS」発売
日刊自動車新聞
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月14日~4月20日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月14日~4月20日)
Webモーターマガジン
リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
motorsport.com 日本版
馬鹿げたアクシデントだ! ストロール、リカルド撃墜でペナルティも裁定に不服「集団の先頭で誰かがブレーキを踏んだ」
馬鹿げたアクシデントだ! ストロール、リカルド撃墜でペナルティも裁定に不服「集団の先頭で誰かがブレーキを踏んだ」
motorsport.com 日本版
GWのロングドライブ時にも頼りになる、新作“ハローキティ”グッズ4選!【特選カーアクセサリー名鑑】
GWのロングドライブ時にも頼りになる、新作“ハローキティ”グッズ4選!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
352台のランボルギーニがパレード!ブランドを讃える祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで開催
352台のランボルギーニがパレード!ブランドを讃える祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで開催
@DIME
ホンダ「S660」とスズキ「カプチーノ」が本気バトル!「東北660ターボGP」はチューニング好きにはピッタリのレースです
ホンダ「S660」とスズキ「カプチーノ」が本気バトル!「東北660ターボGP」はチューニング好きにはピッタリのレースです
Auto Messe Web
日産フェアディZ(昭和44/1969年11月発売・S30型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト054】
日産フェアディZ(昭和44/1969年11月発売・S30型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト054】
Webモーターマガジン
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
WEBヤングマシン
SEALから廃タイヤチューブ再利用のスニーカー登場…価格は2万4200円
SEALから廃タイヤチューブ再利用のスニーカー登場…価格は2万4200円
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村