現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バニャイア、15番手でQ2ダイレクト進出を逃すも漂う落ち着き。後追いにも「いつものことさ」/第20戦バレンシアGP

ここから本文です

バニャイア、15番手でQ2ダイレクト進出を逃すも漂う落ち着き。後追いにも「いつものことさ」/第20戦バレンシアGP

掲載
バニャイア、15番手でQ2ダイレクト進出を逃すも漂う落ち着き。後追いにも「いつものことさ」/第20戦バレンシアGP

 11月24日、MotoGP第20戦バレンシアGPの初日プラクティスで、フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が15番手に終わった。Q2へのダイレクト進出を逃したのだ。だが、バニャイアは落ち着いていた。どこが改善点なのかを知り、それに向けてフォーカスしていた。

 2023年シーズン、MotoGPクラスのチャンピオン争いは、最終戦バレンシアGPにまで持ち越された。ランキングトップはフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)。ランキング2番手はホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)。ドゥカティのファクトリーライダーとサテライトチームライダーによる争いとなったわけである。

【タイム結果】2023MotoGP第20戦バレンシアGP プラクティス

 シーズン終盤に入って拮抗していた両者のポイント差は、しかし、カタールGP決勝レースでバニャイアが2位を獲得し、マルティンが10位に終わったことで、21ポイントとなった。残り1戦、スプリントレースで優勝して12ポイント、決勝レースで優勝して25ポイントを獲得できると考えても、大きな差だ。

 しかし、Q2ダイレクト進出が決まる金曜日午後のプラクティスを終えてみれば、マルティンが2番手、バニャイアは15番手。バニャイアはQ2へのダイレクト進出を逃す結果となったのである。

「走り出しから難しい1日だった」と、セッション後の囲み取材で、バニャイアは最終戦初日を振り返った。

「フリープラクティス1の最初は少しブレーキングに苦しんだ。そのあと違うものを入れたらフィーリングはよくなったよ。ただ、今日、コーナー進入で僕のフィーリングはベストではなかった。常にかなりロックしていたし、フィーリングが少し欠けていたんだ」

「タイムアタックのあと、データをチェックすると、3つのコーナーで0.5秒、遅れていることがわかったんだ。だから、どこを改善すべきかを理解するのは簡単だった。といっても、コーナー3つで0.5秒というのはかなり大きなロス。明日に向けて改善するわけだけど、いつもなら時間があって、金曜日には仕事を終えているところだ。だから、明日の午前中はとても重要なセッションになるだろうね」

 さかのぼること1年前、2022年も最終戦までチャンピオン争いがもつれ込み、バニャイアはその役者のひとりだった。当時のランキング2番手はファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)で、ふたりの差は23ポイント。初めてタイトル獲得に挑戦した昨季と、2度目の戴冠を狙う今季、感じるプレッシャーに違いはあるのか、と問われたバニャイアは「今のほうがいいね」と答えていた。

「今はまだ、自分のフィーリングを改善しようと考えているからかもしれない。でも、去年はすごくプレッシャーに苦しんでいて、とてもナーバスになっていた。今日、僕は問題ややらなければならないことを受け入れた。データでたくさんの周回をチェックしたんだ。3つのコーナーのタイムを改善すれば、あとは問題ない。それがとてもうれしいし、素晴らしいことだと思う」

 ちなみに、プラクティスの特に終盤では、マルティンがピットアウトのときからバニャイアの背後にぴたりとつけ、オーバーランをしたときでさえ一緒にコースアウトする一幕もあるほど、徹底して後追い走行を行っていたのだが、バニャイアはあまり気にしていないようだった。

「(誰かが後ろにつくのは)いつものことさ」と、落ち着いた様子である。

「ホルヘは(スプリントレースと決勝レース)2レースで勝たないといけない、と言っていた。自分がやるべきことについて考えるようになれば、うまくいくと思うんだけど。こういうことは、集中する時間を失うことになる。実際に、(マルティンがプラクティスで)いちばん速いわけじゃないからね」

 マルティンが徹底したバニャイアへのマークは、土曜日の予選、そしてスプリントレースに影響をもたらすのか。コメントを聞く限りでは、バニャイアはあくまでも自分のやるべきことに集中しており、「3つのコーナーでロスしている0.5秒」が改善されれば、その強さは揺るがないようにも思われるのだが、果たして。

こんな記事も読まれています

大型トラックが戦慄の行動… NEXCO「漫然運転しないで!」注意喚起で動画を公開
大型トラックが戦慄の行動… NEXCO「漫然運転しないで!」注意喚起で動画を公開
乗りものニュース
「大好きなの」大御所芸人が意外すぎる“愛車”を公開! 山田邦子“19年”乗り続けたマイカーとの別れに「すごい」「19年も乗られたのですね」の声
「大好きなの」大御所芸人が意外すぎる“愛車”を公開! 山田邦子“19年”乗り続けたマイカーとの別れに「すごい」「19年も乗られたのですね」の声
くるまのニュース
「実燃費と違いすぎ」で規制強化も? 欧州燃費テストの "欠点" 浮き彫りに WLTP改正の可能性
「実燃費と違いすぎ」で規制強化も? 欧州燃費テストの "欠点" 浮き彫りに WLTP改正の可能性
AUTOCAR JAPAN
最高時速500キロオーバー! レースアニメの実写版!? 女性ドライバーだけのレーシングチームが発足しました
最高時速500キロオーバー! レースアニメの実写版!? 女性ドライバーだけのレーシングチームが発足しました
Auto Messe Web
マセラティMC20チェロをサーキットドライブ 「ネットゥーノ」V6の核をなすプレチャンバーを解説
マセラティMC20チェロをサーキットドライブ 「ネットゥーノ」V6の核をなすプレチャンバーを解説
AUTOCAR JAPAN
EV版メルセデスベンツ『Cクラス』を激写! 室内には巨大なデジタルディスプレイが
EV版メルセデスベンツ『Cクラス』を激写! 室内には巨大なデジタルディスプレイが
レスポンス
ニッサン・フォーミュラEが初優勝達成。「戦略がしっかりしていた。誇りに思う」とローランドも喜び
ニッサン・フォーミュラEが初優勝達成。「戦略がしっかりしていた。誇りに思う」とローランドも喜び
AUTOSPORT web
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
くるまのニュース
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
GQ JAPAN
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
レスポンス
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
グーネット
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
GQ JAPAN
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
driver@web
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村