サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国産セダンが売れない! それでも日本にラインアップが豊富なワケ

ここから本文です

法人の重役が愛用する高級セダンは外せない

 1990年頃までは、日本の売れ筋カテゴリーは「セダン」であった。ところが今は、新車として売られるクルマのなかで軽自動車が37%を占める。次いでコンパクトカーが25%、ミニバンの15%、SUVの13%と続き、セダンは約9%だ。

バルブ崩壊後の発売タイミングも不運! デキはいいのに売れなかった悲しき「国産セダン」たち

 セダンがマイナーな存在になる転換点は1990年代に訪れた。1989年の消費税導入に伴って自動車税制が改定され、3ナンバーサイズの不利が撤廃されると、各メーカーとも海外向けの3ナンバー車を国内にも導入。

おすすめのニュース

サイトトップへ