サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マシンに苦しむベッテル「スピンが1度だけで済んでよかった」:フェラーリ F1オーストリアGP日曜

ここから本文です

 2020年F1オーストリアGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは10位だった。

 11番グリッドからミディアムタイヤでスタートしたベッテルは、26周目にハード、51周目にソフトに交換して走った。31周目、7番手を走るカルロス・サインツJr(マクラーレン)のインに飛び込んだ際に接触、ベッテルはスピンを喫し、後方まで落ちた。そこから挽回してのポイント獲得だった。

【動画】F1第1戦オーストリアGP決勝ハイライト

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=10位
 苦しむことは予想していたとはいえ、期待外れのレースだった。レースの最初から最後まで苦労していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ