現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド

ここから本文です

やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド

掲載 5
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド

強力で高効率、多彩なパワートレイン

2011年に登場した2代目、F20型BMW 1シリーズは、英国では好調に売れた。販売数ランキングで、上位の常連といえたほど。人気を維持させるべく、2015年に大幅なフェイスリフトが施されている。

【画像】多彩なエンジンも魅力 BMW 1シリーズ(2代目) 現行の3代目とSUVのX1も 全107枚

「実用性には妥協があり、内装の品質は可否が混在。しかし、息を呑むような後輪駆動の操縦性」。と、当時のAUTOCARは後期型1シリーズを評価した。

「実用性やバランスに優れた走りを望むなら、アウディA3やフォルクスワーゲン・ゴルフを選んだ方がベター。反面、楽しい操縦性を最重視するなら1シリーズ。ただし、それ以上の魅力があります」。と、さらに続けている。

2代目1シリーズの魅力といえたのが、強力で高効率、多彩なパワートレイン。2015年のフェイスリフト後には、1.5L 3気筒ディーゼルターボが英国仕様へ登場。115psと 24.1km/Lを両立させていた。

さらに訴求力で勝ったのが、2.0L 4気筒ディーゼルターボ。118dでは149ps、120dでは189ps、125dでは224psを発揮した。だが、いずれも有能なユニットながら、支持を集めたのはガソリンエンジンだった。

118iには、136psの1.5L 3気筒ターボを搭載。120iには183ps、125iには224psの2.0L 4気筒ターボが載った。スポーティなM135iには3.0L直列6気筒ターボが積まれ、326psを発揮。2016年にM140iへバトンタッチし、340psへ強化されている。

トランスミッションは、8速オートマティックが主力。6速MTも選べた。2018年に、120iとM140iへ8速ステップトロニック・スポーツATが採用されている。英国仕様の120dでは、四輪駆動も指定できた。

車内空間はフロントシート側なら不満なし

ひと癖あった1シリーズの見た目だが、2015年のフェイスリフトを経て、好ましい印象を受けた人は増えたはず。面処理はシンプルになり、キドニーグリルが大きくなり、ヘッドライトは一般的な形状に。リアにはLEDのテールライトが与えられた。

インテリアは、若干造形が複雑。素材や製造品質は高水準で、華やかでスポーティに感じるともいえる。こちらも、フェイスリフトで僅かに手が加えられた。

トリムグレードはベースがSEで、肉厚なタイヤとサスペンションを備え、快適性重視のドライバーにオススメ。スポーツでは、扁平率の低いランフラットタイヤに、スポーツシートが組まれる。

Mスポーツにはスポーツサスペンション、Mスポーツ・プラスにはアップグレード・ブレーキと高音質なサウンドシステムが追加される。装備はいずれも充実し、iドライブ・インフォテインメント・システムが標準。これは、2017年にアップデートされた。

車内空間は、フロントシート側なら不満なし。リアシート側は、身長の高い大人には多少窮屈かもしれない。FRが故に、中央には大きなトランスミッション・トンネルが伸びている。

荷室はライバルより狭めながら、360Lとまずまず。リアシートの背もたれは倒せる。

同クラスの中では、多少の妥協が否めなかった2代目1シリーズ。しかし、豪快なホットハッチのM140iから、適度にスポーティな120i、燃費重視の118dまで幅広い選択肢が用意され、今でも充分な魅力を感じさせる。実用性には、少し目を瞑って欲しい。

新車時代のAUTOCARの評価は

フェイスリフトを経て、装備面での競争力は引き上げられた。オプションで欲しいと感じさせるものは、従来より遥かに少なくなったといえる。

オートエアコンにキーレスエントリー、ヒーター内蔵ドアミラー、タイヤの空気圧センサー、リアのパーキングセンサー、クルーズコントロール、6.5インチモニターとインフォテインメント・システムなどは、すべて標準だ。(2015年6月1日)

オーナーの意見を聞いてみる

サリー・フィットン氏

「3年前に、2017年式のBMW 120dを購入しました。走行距離は、当初12万8000kmでしたが、現在までに3万2000kmくらい増えています。今まで、まったくトラブルフリーです」

「整備記録はしっかり残っていて、自分も毎年メンテナンスに出しています。エンジンは滑らかに回り、クラッチは滑りがなく、インテリアは綺麗なまま。燃費はあまり良くなく、高速道路では17.7km/L前後へ伸びますが、市街地では大きく悪化します」

「車内空間が狭いといわれますが、2人+犬という自分のライフスタイルなら大丈夫。ゴルフやA3を選びたくなる理由も、わからないではないですが」

購入時に気をつけたいポイント

ボディ

バルクヘッドの排水口が詰まると、雨水が溢れて電気系統へダメージを与えることがある。ホイールのガリキズにも注意したい。

エンジン

2代目1シリーズのエンジンは、すべてタイミングチェーン式。前期型のユニットで問題といえた、テンショナーの不具合は、後期型ではほぼ発生しないようだ。安心して乗るために、整備記録がしっかり残っている車両を選びたい。

トランスミッション

一部のMT車では、クラッチが早く駄目になるという報告がある。シフトレバーは概ね滑らかに動くのが正解。不自然な重みや引っ掛かりがある場合は、購入を見送った方が良いだろう。

ステアリングとサスペンション、ブレーキ

ステアリングラックのギアが摩耗すると、ステアリングホイールを回した時にコツコツと鳴る。水の侵入でステアリング系統が不調になったり、警告灯が表示されることもある。予め、健全か確かめたい。

サスペンションは、ダンパーやブッシュが劣化して生じる異音がないか調べる。ブレーキフルードが定期的に交換されているか、ディスクやパッドの厚みが充分かも確認したい。

インテリアと電気系統

iドライブ・システムやUSBでの接続機能が正常に動くか、予め確かめる。ドアの内張りはガタつくことがあるが、修正は難しいようだ。

リコール

運転席のシートや、プロペラシャフト・ユニバーサルジョイント、パワーステアリング、クラッチなどの不具合を理由に、複数のリコールが出ている。対応済みか、ディーラーで調べたい。

知っておくべきこと

2代目1シリーズを選ぶ場合は、小さな後輪駆動であることが最大の理由だろう。そこで注意したいのが、駆動系の劣化。特にプロペラシャフト・ベアリングが摩耗すると、シフトレバーを大きく振動させ、フロア付近からカタカタと異音が出るようになる。

リフトアップし、プロペラシャフトを手で揺すれる場合は、ベアリング交換のサイン。また、シャフト自体に目立った損傷がないか、バランスウェイトが外れていないかもチェックポイントだ。

リアデフからのノイズにも注意したい。ピニオンギアやベアリングの摩耗で生じる症状で、友人などに運転してもらい、後方を追走すると異音の有無を確認できる。

英国ではいくら払うべき?

5000ポンド(約93万円)~9999ポンド(約185万円)

フェイスリフト前の、走行距離の伸びた2代目1シリーズを英国では探せる価格帯。

1万ポンド(約186万円)~1万4999ポンド(約278万円)

年式なりの走行距離を持つ、1シリーズをお探しならこの価格帯から。M135iも含まれるようだ。

1万5000ポンド(約279万円)~1万9999ポンド(約371万円)

2代目1シリーズのすべてのグレードを、英国では選べる価格帯。状態も全般的に良好といえる。

2万ポンド(約372万円)以上

好条件のM140iが売られている価格帯。それ以外なら、ここまで予算を気張る必要はないだろう。

英国で掘り出し物を発見

BMW 125i Mスポーツ・シャドーエディション 登録:2019年 走行距離:7万7200km 価格:1万8700ポンド(約348万円)

ゴルフ GTIの好敵手となる、認定中古車。ボディカラーは望ましいエストリル・ブルー。インテリアは、ダコタ・レザーが組み合わされている。近年、英国の中古車価格は下降傾向。根切り交渉する価値はあるだろう。

こんな記事も読まれています

車の「ワンタッチウインカー」 一見便利でも「違反の可能性」あり? 「キャンセルできない」不便さ指摘する声も 上手な使い方とは?
車の「ワンタッチウインカー」 一見便利でも「違反の可能性」あり? 「キャンセルできない」不便さ指摘する声も 上手な使い方とは?
くるまのニュース
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
WEB CARTOP
インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
AUTOSPORT web
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
くるまのニュース
日産 2030年までに低CO2アルミに置き換え
日産 2030年までに低CO2アルミに置き換え
Auto Prove
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
ベストカーWeb
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
レスポンス
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
motorsport.com 日本版
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
くるまのニュース
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
AUTOSPORT web
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
WEB CARTOP
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
AUTOSPORT web
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
WEB CARTOP
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
くるまのニュース
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
motorsport.com 日本版
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
AUTOSPORT web
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
乗りものニュース
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

5件
  • dve********
    2016式118dで11万キロ超えです。縁石こすってF F118d代車乗ってます。新しくて良いけどやはりステアフィールが人工的でやはり FRは譲れないなという事を再認識中です。
  • beatup!
    このサイズだとFFの方が理に適ってる。
    しかし、理に適った車が魅力的とは限らない。
    FFの1を選びはしないし、メルセデスのFFも選びはしない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2550.02800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
ターボの車買取相場を調べる

ベントレー ターボの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2550.02800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村