サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ

ここから本文です

エンブレムをインフィニティから日産へ付け替え、大きくマイナーチェンジ

13代目となる現行型のスカイラインが、6年前に登場した時には物議を醸した。

もっと売れてもいいモデル スカイライン編はこちら

日産 スカイラインとして日本で販売するにも関わらず、北米のプレミアムブランドとして作られたインフィニティ Q50と同様のエンブレムを装着しているのだから。

しかし、ただ単にエンブレムを付けているのではなく、フロントグリルのデザインや質感の高い内装など、同社のプレミアムブランドにふさわしい車になっている。

日産ブランドのモデルに比べると、かなりのコストをかけて作られたことがわかる。

おすすめのニュース

サイトトップへ