現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルテア、2023年度「Altair Enlighten Award」受賞者を発表

ここから本文です

アルテア、2023年度「Altair Enlighten Award」受賞者を発表

掲載
アルテア、2023年度「Altair Enlighten Award」受賞者を発表

2023年8月1日。計算科学と人工知能(AI)の分野で世界をリードするアルテアが、2023年度Altair Enlighten Awardの受賞者を決定し、発表した。

Enlighten Award概要

開発テーマは“原点回帰” トヨタ、新型「ランドクルーザー“250”」を公開 「ランドクルーザー”70″」をアップデートして日本再導入を発表

米国自動車研究センター(CAR=Center for Automotive Research)と共催するAltair Enlighten Awardは、二酸化炭素排出量の削減、水やエネルギー消費の抑制、材料の再利用とリサイクルに成功した、持続可能性と軽量化の優れた取り組みに対して表彰されるAward。

今年のアワードでは、サステナビリティを向上させるAIとデータ分析の優れた業績に焦点を当てた「責任あるAI(Responsible AI)」という部門が新たに設けられた。このカテゴリーは、自動車業界とそれ以外の業界におけるデータとAIの重要性を反映している。

Altair Enlighten Awardは、大企業から最新の新興企業まで、自動車業界のリーダーたちが先進のテクノロジーと責任あるAIをどのように応用し、優れた、環境に優しい業界を創造しているかを紹介する特別な賞です。軽量化、最適化、持続可能性は、現代の自動車業界においてかつてないほど重要です。アルテアは、持続可能な産業の未来を牽引する革新的な取り組みに栄誉を与えられることを誇りに思います。James R. Scapa(アルテアの創立者兼CEO)

今年もまた、アルテアと共同でEnlighten Awardを授与できることを嬉しく思います。私たちは、より現実的で持続可能な自動車エコシステムの実現に向けて、今年の応募作品がどんな革新をもたらすかを楽しみにしています。11年目を迎えた今年、この賞のプログラムはこれまで以上に充実し、自動車の持続可能性における最先端の革新の現在と未来を見る機会をすべての人に提供しています。Alan Amici(CARの社長兼CEO)

受賞および入選企業/団体

サステナブル製品部門

大賞(乗用車):ポールスター ポールスター2 MY24 2024年モデルのポールスター2は、次世代電気モーター、急速充電、高効率化、航続距離の延長を特徴としており、WLTP(Worldwide Harmonized Light Vehicle Test Procedure:世界調和軽自動車基準)の測定値では最大654kmとなっています。性能、航続距離、効率の大幅な向上にもかかわらず、ポールスター2は二酸化炭素排出量も削減しており、一部のバージョンでは2020年に発売されたバージョンと比較して二酸化炭素排出量が最大3トン削減されています。さらにポールスターは、原材料のトレーサビリティを拡大し、社会・環境問題に対処するため、サプライチェーン内でブロックチェーン技術を使用しています。

大賞(クラス8):ニコラ・コーポレーション - ニコラ・トレFCEV 新型ニコラ・トレFCEVの開発にあたり、ニコラはリサイクルを重視しました。プレコンシューマーバッテリーの生産で発生する自動車スクラップは100%リサイクル・再利用され、生産時に発生する有害廃棄物は100%安全にリサイクルされました。ニコラはまた、すべてのバッテリーパレットに循環型再利用プログラムを導入し、車両の製造工程では水を一切消費しませんでした。

次点:ルーシッド・モーターズ - ルーシッド・エア・セダン カリフォルニアを拠点とするEVメーカー、ルーシッド・エアは、航続距離、充電速度、空力性能、パフォーマンスで業界記録を更新したフラッグシップモデル、ルーシッド・エア・セダンを発表しました。ルーシッド・エアのラインアップは、コア・テクノロジーを完全に自社で設計・デザインしており、わずか22分の充電で300マイルの航続距離を実現し、空気抵抗係数は0.197と業界トップクラスで、EPA推定航続距離は最大516マイル、走行効率は1キロワット時あたり4.6マイルとなっています。

サステナブルプロセス部門

大賞:アルセロール・ミッタル - カーボンニュートラル製鉄におけるバイオマスの利用 アルセロール・ミッタル社のポート・カルティエ・ペレット工場は、世界で初めて連続的に熱分解油を重油に置き換えた。カナダBioÉnergie AE Côte-Nord社が地元で生産するこのバイオ燃料を使用することで、アルセロール・ミッタルは排出量を削減するだけでなく、コート・ノール地域の2つの大きな資源である鉄と森林を結びつけることで、真の地域エネルギー・エコシステムを構築しています。

次点:ブローゼ・アントリエブシュテヒニク有限会社 合資会社(ベルリン) - Reman-Drive - 再製造eバイクドライブ ブローゼは、品質基準を維持しながら、1台当たり21キログラム(46.2ポンド)の二酸化炭素排出量を削減する、再製造された低コストのドライブを発表しました。このプロセスでは、過去に販売され、摩耗し、または機能しなくなった製品を「新品同様」の状態に回復・復元し、材料、コスト、二酸化炭素排出量を節約します。

入選:河西工業株式会社- KASAIハイパピア、KASAI独自のリサイクル素材 KASAIハイパピア(KHP)は、100%リサイクルされたポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、純タルクで構成されており、KHPの製造工程で発生する廃材も再利用しています。KHPはリサイクル・プラスチック市場の普及に貢献し、生地メーカーが必要とする材料の量を削減しています。KHPの適応性の高い生産システムは、様々な地域で異なるリサイクル可能なプラスチック含有量に対応する高い柔軟性を持っています。

責任あるAI部門

大賞:Volteras - 電気自動車のエコシステムをつなぐ斬新な方法 VolterasのAPIは、企業が電気自動車(EV)のエコシステムデータにアクセスすることを可能にします。Volterasの製品は、企業のエネルギー浪費と排出を削減し、EVフリート管理を改善し、スマート充電アルゴリズムを使用して家庭用充電器全体の充電を最適化します。

軽量化実現技術部門

大賞:トヨタ自動車、BASF社、米国ファラサン社 - ISO-ダイナミックシートに樹脂フレームを世界で初めて採用 トヨタは、17を超える複数のスチール部品を1つの成形部品に変換し、原材料の使用量を大幅に削減し、廃棄物を減少しました。さらに、このプロセスによって推定で20%のコスト削減と30%の軽量化も実現しました。加えて、オフロード車の運転席と助手席に、調整可能なダンパーを備えた横・縦・横のダイナミックモーションを世界で初めて採用しました。

次点:NIO - 効率的な構造設計のためのHPDC材料および加工方法 環境への影響を最小限に抑えることを目標に、NIOは熱処理を必要としない新しい合金材料を使用し、より正確で効率的なレーザー洗浄プロセスを採用しました。これにより、部品の質量を31%削減し、部品点数を98%削減(54個のプレス部品を1個に)し、製造時間を60%短縮しました。

モジュール部門

大賞:トヨタ、アディエント、マルチマティック - ISOダイナミックシートAccra®スーパーストラクチャ Multimatic社のAccra®テクノロジーは、フォームブロー焼入れ(急速水冷を含む)を用いて超高強度(ボロン)鋼を製造する大量熱間フォーム製造プロセスです。この製造工程の調整により、質量が17%削減され、梱包スペースが40%削減され、主要部分のねじり荷重強度が30%向上しました。

次点:ネマック-BMW HPDC Eブラケット ネマックは高圧ダイカスト(HPDC)用の新しい合金材料を開発し、BMW E-ブラケットの全重量を30%削減した結果、最終的な重量は16.74kg(36.9ポンド)となりました。

軽量化構想部門

大賞:マレリ - 内装製品用軽量ウレタン マレリは、特にメインダッシュボードパネルなど、すべてのFIP(フォーム・イン・プレース)アプリケーションに適用可能な新しい軽量ポリウレタンフォームを開発しました。新しい金型を使用することで、部品質量を40%削減し、現在の金型から8%削減し、現在使用されているポリウレタンフォームと比較して揮発性有機化合物(VOC)を80%削減します。

次点:ソルベイスペシャルティポリマーズ - Ajedium™ PEEKスロットライナー Ajedium™ PEEKスロットライナーは、バッテリーパックの重量を12キログラム、電子モーターのサイズを4キログラム削減することができます。さらに、PEEKスロットライナーは既存の設備で挿入できるため、高出力の除塵装置や、エネルギー消費量を削減する湿気の吸収を防ぐための気候管理された保管は必要ありません。アルミ鋳造モーターの削減により、エネルギーと材料の使用量は以前より減少しました。

入選:WorldAutoSteel、Ricardo plc - 完全自律走行車用鋼製車体構造 世界初の最も厳しい衝突要件を満たす自律走行車として、WorldAutoSteelとエンジニアリングパートナーのRicardo社は、282キログラムの車体構造を特徴とするこのコンセプトカーを開発しました。また、ライフサイクルの総炭素排出量を86%削減できる可能性があり、世界的なネットゼロ目標の達成に貢献します。

入選:ミシガン工科大学 自動車/スチール・パートナーシップ部門 - スチールE-モーティブ・サイドクロージャー・メカニズム アルミニウムの代わりに先進高張力鋼板(AHSS)を使用してこのメカニズムを開発することで、製造コストを削減しながら二酸化炭素排出量を3倍削減できる可能性がります。

Enlighten Awardの詳細:https://altair.com/altair-enlighten-award-jp

2023年Enlighten AwardのパートナーAutomotive Engineering SAE、Tech Briefs、Auto Bild Japan、Automobile Industrie、韓国自動車技術会(KSAE)

アルテアエンジニアリング株式会社は米国ミシガン州に本社を持つ、製品開発、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、人工知能(AI)に係わるソフトウェアおよびクラウドソリューションの開発、販売、サポートおよび受託サービスを行う日本法人。www.altairjp.co.jp

Text:アウトビルトジャパンPhoto:アルテアエンジニアリング

こんな記事も読まれています

トヨタの料電池電気自動車『MIRAI』が安全装備や先進機能を充実
トヨタの料電池電気自動車『MIRAI』が安全装備や先進機能を充実
レスポンス
メルセデス・ベンツ新型「GLCクーペ」日本上陸! スタイリッシュな新クーペSUVは初の全面改良でどう変わった?
メルセデス・ベンツ新型「GLCクーペ」日本上陸! スタイリッシュな新クーペSUVは初の全面改良でどう変わった?
VAGUE
スーパーGT2023年シーズンの年間王者は36号車「auトムスGRスープラ」に輝く! 3号車「ニテラモチュールZ」は雨に嫌われました
スーパーGT2023年シーズンの年間王者は36号車「auトムスGRスープラ」に輝く! 3号車「ニテラモチュールZ」は雨に嫌われました
Auto Messe Web
岩佐歩夢、F1初ドライブは「すごく楽しかったです」首は筋肉痛に。F2卒業で来季はスーパーフォーミュラへ
岩佐歩夢、F1初ドライブは「すごく楽しかったです」首は筋肉痛に。F2卒業で来季はスーパーフォーミュラへ
motorsport.com 日本版
野尻智紀、スーパーフォーミュラ2冠の“ご褒美”で2021年のレッドブル・ホンダRB16Bをドライブ
野尻智紀、スーパーフォーミュラ2冠の“ご褒美”で2021年のレッドブル・ホンダRB16Bをドライブ
motorsport.com 日本版
600馬力? 軍用ベースの新型「タフ顔SUV」初公開! ゴツデザインがカッコ良すぎる「アメリカンブルドッグ」米に登場
600馬力? 軍用ベースの新型「タフ顔SUV」初公開! ゴツデザインがカッコ良すぎる「アメリカンブルドッグ」米に登場
くるまのニュース
再再発売のトヨタ ランドクルーザー70 にマッチするホイールは? 4×4エンジニアリングサービスがブラッドレーの装着テスト
再再発売のトヨタ ランドクルーザー70 にマッチするホイールは? 4×4エンジニアリングサービスがブラッドレーの装着テスト
レスポンス
大型トラック2台分の輸送力! 腕も資格も走る場所も難易度高めだけど「ダブルトレーラー」もドライバー不足解決の鍵!!
大型トラック2台分の輸送力! 腕も資格も走る場所も難易度高めだけど「ダブルトレーラー」もドライバー不足解決の鍵!!
WEB CARTOP
恐ろしいほどバカッ速で若者を熱狂させた「スポーツ軽」! 懐かしモデル7台の中古価格を調べたら驚きの結果に
恐ろしいほどバカッ速で若者を熱狂させた「スポーツ軽」! 懐かしモデル7台の中古価格を調べたら驚きの結果に
WEB CARTOP
アレックス・パロウとマクラーレンの法廷闘争。争点はパロウが支払う損害賠償金額か? マクラーレン33億円あまりの支払い求める
アレックス・パロウとマクラーレンの法廷闘争。争点はパロウが支払う損害賠償金額か? マクラーレン33億円あまりの支払い求める
motorsport.com 日本版
スーパーフォーミュラ、2024年からの全車共通オーリンズ製ダンパー採用を正式発表。鈴鹿テストから導入開始
スーパーフォーミュラ、2024年からの全車共通オーリンズ製ダンパー採用を正式発表。鈴鹿テストから導入開始
AUTOSPORT web
トヨタ新型「スポーティセダン」発表! 価格500万円超に驚く声も! サンルーフ追加の「カローラ GRスポーツ」伯で発売
トヨタ新型「スポーティセダン」発表! 価格500万円超に驚く声も! サンルーフ追加の「カローラ GRスポーツ」伯で発売
くるまのニュース
メルセデス・ベンツ日本、SUV「GLB」をマイナーチェンジ フロントデザイン変更や安全装備を拡充
メルセデス・ベンツ日本、SUV「GLB」をマイナーチェンジ フロントデザイン変更や安全装備を拡充
日刊自動車新聞
4代目ジープ グランドチェロキーは最新技術の採用でプレミアム感を増して登場した【10年ひと昔の新車】
4代目ジープ グランドチェロキーは最新技術の採用でプレミアム感を増して登場した【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
宮田莉朋、FIA F2での経験は「この先いろいろなカテゴリーに生きてくる」【インタビュー前編】
宮田莉朋、FIA F2での経験は「この先いろいろなカテゴリーに生きてくる」【インタビュー前編】
AUTOSPORT web
ヴィンテージと最先端を融合。限られた空間の中で理想を体現した、ガレージハウス。【ガレージライフ】
ヴィンテージと最先端を融合。限られた空間の中で理想を体現した、ガレージハウス。【ガレージライフ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
初期モデルは細めのリアピラーがイカす!フジミ製プラモ「Y31グロリア」をセダン・ブロアム化!前編【モデルカーズ】
初期モデルは細めのリアピラーがイカす!フジミ製プラモ「Y31グロリア」をセダン・ブロアム化!前編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
目がない!? 日産「フェアレディZ」にまさかの「ホンダ製エンジン2基」搭載!? 米に登場したリア丸出しの「ド迫力仕様」に反響集まる
目がない!? 日産「フェアレディZ」にまさかの「ホンダ製エンジン2基」搭載!? 米に登場したリア丸出しの「ド迫力仕様」に反響集まる
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村