現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【10年ひと昔の新車】11代目にフルモデルチェンジしたカローラは原点に立ち返って開発された

ここから本文です

【10年ひと昔の新車】11代目にフルモデルチェンジしたカローラは原点に立ち返って開発された

掲載 3
【10年ひと昔の新車】11代目にフルモデルチェンジしたカローラは原点に立ち返って開発された

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、カローラフィールダーだ。

カローラフィールダー(2012年:フルモデルチェンジ)
11代目にフルモデルチェンジされたカローラの開発コンセプトは「大人4人が安心、安全、快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」だ。カローラの原点に立ち返って開発を進められた。今回は、ワゴンのフィールダーに試乗してみた。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

今(編集部註:2012年)では少数となったコンパクトワゴン市場で、1台だけ気を吐いているのがカローラフィールダーだ。最新モデルも、ひと目でフィールダーとわかる躍動感あふれるデザインで登場した。セダンのアクシオより若々しいルックスだ。

主役の座に据えたのは、粋なエアロパーツをまとったエアロツアラーだ。専用のLED式リアコンビランプを採用し、最上級の1.8Sエアロツアラーは、ヘッドランプもスモーク仕様となっている。最大のニュースは、時代を読んでダウンサイジングを断行したことだ。先代より全長は60mm短くなり、全高も15mm低くなった。また、車重は60kg以上軽くしている。

エンジンは大幅に改良を施した1.5Lの1NZ-FE型という直4 DOHCと、連続可変バルブタイミング&リフト機構のバルブマチックを組み込んだ1.8Lの2ZR-FAE型という直4 DOHCを設定。両エンジンとも無段変速機のCVTを組み合わせ燃費を向上させている。1.8Lモデルは7速スポーツシーケンシャルシフトマチックで、スポーツモードも装備した。1.5Lを積むFF車のCVT仕様にはアイドリングストップをオプション設定している。

違和感はすぐに消えてクルマが身体に馴染む
今回の試乗車は、1.8Lのトップグレード、1.8S エアロツアラー。走り出して最初に感じたのは。一般的な日常のドライブシーンで真価を発揮する絶妙な味付けだったことだ。乗って数分の間は違和感というか、不満を感じるところもあるが、すぐに身体と感覚が馴染み、手足のように自在に操れてしまう。

1.8Lの2ZR-FAE型エンジンはレギュラーガソリン仕様だ。最高出力は140ps。最大トルクは17.5kgmと数値的には平凡なスペックだが、スタートした瞬間から軽やかな走りを披露した。取材時は3名乗車で荷物も満載していたが、余裕がある。ノーマルモードでも低回転域から厚みのあるトルクを発生し、力強い加速を見せつけた。

無段変速機のCVTは制御が緻密だ。応答レスポンスは鋭いし、実用域のトルクも厚みを感じさせる。速い流れをリードするのはたやすいし、加速も冴えていた。スポーツモードを選べばクロスレシオのATのようにメリハリの利いた走りを楽しめる。その気になれば6000rpmオーバーまで使い切ることができ、ステップ感のある切れのいい加速を存分に楽しめた。これでステアリングにパドルシフトが装備されれば、言うことなしだ。

さすがに急激な加速を試みるとエンジン音は高まるが、クルージング時は静かだった。ちなみに100km/h巡航は2000rpmを下回っている。ドアミラーの付け根部分やリアコンビランプには小さなフィンを付け、空力性能をアップしているが、これは風切り音の低減にも貢献しているようだ。

ボディとサスペンションはしっかりしている。剛性感は文句なしで、安心してスポーティな走りを楽しめた。軽い操舵フィールだが、思いのほかクイックで、軽やかに曲がってくれる。セダンのアクシオと比べると味付けはスポーティだ。ちょっと引き締まった乗り味だが、クルマの挙動は素直だった。先代よりコントロール性は高く、街中での取り回し性も向上している。

タイヤはコンフォート系のものを履いているが、スタビリティ能力は高く、コーナリング姿勢も安定していた。欲を言えば、もう1サイズ大径のタイヤが欲しい。ちなみに燃費は1.3Lモデルと大差ないものだった。

トヨタ カローラフィールダー 1.8S エアロツアラー 主要諸元


●全長×全幅×全高:4360×1695×1465mm
●ホイールベース:2600mm
●車両重量:1160kg
●エンジン:直4 DOHC
●総排気量:1797cc
●最高出力:103kW(140ps)/6200rpm
●最大トルク:172Nm(17.5kgm)/4000rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・42L
●JC08モード燃費:16.6km/L
●タイヤサイズ:185/60R15
●当時の車両価格(税込):212万円

[ アルバム : トヨタ カローラフィールダー はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

【10年ひと昔の新車】アウディ A1に使いやすい5ドアのスポーツバックが登場した
【10年ひと昔の新車】アウディ A1に使いやすい5ドアのスポーツバックが登場した
Webモーターマガジン
ロールスロイス ゴーストはファントムの廉価版でなかった【10年ひと昔の新車】
ロールスロイス ゴーストはファントムの廉価版でなかった【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
いすゞ ベレット1600GTR(昭和44/1969年9月発売・PR91W型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト051】
いすゞ ベレット1600GTR(昭和44/1969年9月発売・PR91W型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト051】
Webモーターマガジン
欧州でアウディS3が大幅改良、技術的ハイライト満載、2.0TFSIは333ps/420Nmに
欧州でアウディS3が大幅改良、技術的ハイライト満載、2.0TFSIは333ps/420Nmに
Webモーターマガジン
レクサス LBX【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
レクサス LBX【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb
トヨタ クラウンスポーツ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
トヨタ クラウンスポーツ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
日産 セレナ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
日産 セレナ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ホンダ1300 99S(昭和44/1969年5月発売・H130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト052】
ホンダ1300 99S(昭和44/1969年5月発売・H130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト052】
Webモーターマガジン
スイフトの燃費性能・走行性能は?実燃費もチェック(2023年~現行モデル)
スイフトの燃費性能・走行性能は?実燃費もチェック(2023年~現行モデル)
カルモマガジン
スバルの「4ドアスポーツセダン」どんな人が買ってる? 「セダン縮小」でも“熱心なファン”多い!? めちゃ“上質志向”な「WRX S4」 支持するユーザー像とは
スバルの「4ドアスポーツセダン」どんな人が買ってる? 「セダン縮小」でも“熱心なファン”多い!? めちゃ“上質志向”な「WRX S4」 支持するユーザー像とは
くるまのニュース
【魅力あるクルマ】「速さを研ぎ澄ました」FFスーパースポーツ、シビック・タイプRの立ち位置
【魅力あるクルマ】「速さを研ぎ澄ました」FFスーパースポーツ、シビック・タイプRの立ち位置
カー・アンド・ドライバー
ホンダ WR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
ホンダ WR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
トヨタ新型「“3ドア”ハッチバック」発売! 300馬力超え「直3」+4WDの爆速仕様! 進化は“全面刷新”並みな「GRヤリス」登場
トヨタ新型「“3ドア”ハッチバック」発売! 300馬力超え「直3」+4WDの爆速仕様! 進化は“全面刷新”並みな「GRヤリス」登場
くるまのニュース
VWのスポーツワゴン「ゴルフRヴァリアント」公道での印象は? “人気低迷のステーションワゴン”でも高評価を得ている秘密とは
VWのスポーツワゴン「ゴルフRヴァリアント」公道での印象は? “人気低迷のステーションワゴン”でも高評価を得ている秘密とは
VAGUE
【比較試乗】ガソリン/ディーゼル/PHEVを徹底比較。ベストEクラス・セダンを探せ!「メルセデス ベンツE200アバンギャルド vs E220dアバンギャルド vs E350eスポーツ エディションスター」
【比較試乗】ガソリン/ディーゼル/PHEVを徹底比較。ベストEクラス・セダンを探せ!「メルセデス ベンツE200アバンギャルド vs E220dアバンギャルド vs E350eスポーツ エディションスター」
LE VOLANT CARSMEET WEB
アウディA7スポーツバック/RS7スポーツバック【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
アウディA7スポーツバック/RS7スポーツバック【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
スバル BRZのワンメイクレース参戦用ベース車両「カップカー ベーシック」を発表
スバル BRZのワンメイクレース参戦用ベース車両「カップカー ベーシック」を発表
Webモーターマガジン

みんなのコメント

3件
  • hid********
    日本の狭い道路環境なら5ナンバーの方が扱いやすい。
    5ナンバーレガシィでもスキーに大人4人、人も荷物も余裕だった。
    3ナンバーだからと言って広いとは限らない。
    デカければいいと言う訳じゃない。
  • ivq********
    プロボックス
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

202.9251.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.0500.0万円

中古車を検索
カローラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

202.9251.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.0500.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村