現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【VW ゴルフ ヴァリアント】コスパで考えるとワゴンのTDIが光って見える

ここから本文です

【VW ゴルフ ヴァリアント】コスパで考えるとワゴンのTDIが光って見える

掲載 更新 8
【VW ゴルフ ヴァリアント】コスパで考えるとワゴンのTDIが光って見える

新車試乗レポート [2023.01.23 UP]


【VW ゴルフ ヴァリアント】コスパで考えるとワゴンのTDIが光って見える
文●大音安弘 写真●ユニット・コンパス

フォルクスワーゲン 新型「ゴルフ ヴァリアント TDI」発表

 フォルクスワーゲンの主力モデルであるゴルフのステーションワゴン「ヴァリアント」に、クリーンディーゼルエンジン「TDI」搭載車が追加された。


ゴルフ ヴァリアントの特徴

ゴルフ ヴァリアント TDI Rライン
 まずは「ヴァリアント」について簡単に振り返ろう。2021年7月より導入が開始された新型ゴルフヴァリアントの最大の特徴は、従来型までハッチバックモデルと共通となっていたホイールベースを拡大し、ロングホイールベース仕様となったことだ。これによりワゴンの持ち味であるラゲッジスペースに加え、後席の足元スペースも拡大。走りも含め、ハッチバックと明確な差別化が図られている。

 TDIエンジンは、2.0L直列4気筒DOHCターボで、最高出力150ps、最大トルク360Nmであることや、トランスミッションにDCTとなる7速DSGが組み合わされる点は、ハッチバックと同様。駆動方式がFFのみとなるのも同じだ。車両重量は、ハッチバック比で+40kgの1,500kgと大きくは変わらないが、大型の電動サンルーフ装着車は、+30kgなので、重量税が加算される。維持費を抑えたい人は注意が必要だ。

 グレード構成は、エントリーの「TDIアクティブベーシック」、先進安全運転支援機能を強化したTDI専用グレード「TDIアクティブアドバンス」、上級仕様の「TDIスタイル」、そして、スポーティな「TDI Rデザイン」の4タイプを用意。価格は、ハッチバックのTDIの15万円~17万円高となっている。装備内容はハッチバックと共通だが、オートマチックテールゲートが用意されているのは、ワゴンの特徴のひとつとなる。


ゴルフ ヴァリアント TDI Rライン

TDIの快適で力強い走りに好感触

ゴルフ ヴァリアント TDI Rライン
 試乗したのは、スポーティな内外装を持つ「Rライン」だ。エアロ仕様となるエクステリアに加え、Rライン仕様のバケットタイプのフロントシートなどが備わる。ただコスメティックスチューンでは終わらず、専用スポーツサスペンションが装備されるなど、真面目にスポーティグレードに仕上げられている。

 まず驚かされるのが、TDIエンジンによる力強い走りだ。さらに車内に伝わるディーゼルエンジンらしいサウンドが抑えられているので、発進時の力強さや低速からの加速の良さなどは、高性能なガソリンターボ車に迫るものがある。さらにロングホイールベース化で、車体の動きにも落ち着きがあり、スポーツサスペンションも硬すぎないため、想像よりもずっと快適かつスポーティな走りが楽しめる仕様なのだ。TDI Rラインは、プチGTIの称号を与えても良いかもしれない。

 かつてゴルフには、GTDというディーゼルのスポーツモデルも用意されていたが、その方向性を意識したのかもしれないと想像すると、ちょっと楽しくなる。ゴルフヴァリアントにも、高性能モデル「R」が用意されるが、さらに200万円もの資金が求められるので、日常からロングドライブが楽しめるスポーティな走りのワゴンが欲しいという人には、「TDI Rライン」は悪くない選択だろう。同じ仕様のガソリンマイルドハイブリッドとなる1.5L eTSIも選べるが、15万円差ならば、TDIの方が満足度は高いはずだ。ディーゼルの走行音が気になる人は、ぜひ乗り比べて見て欲しい。TDIにネガティブなイメージは持たないはずだ。


ゴルフ ヴァリアントのベストバイは?

ゴルフ ヴァリアント TDI Rライン
 さて混迷の時代の今、重視されるのは、やはりコスパだ。

 その点を踏まえたベストバイを検討してみると、TDI専用グレード「アクティブ アドバンス」が急上昇する。エントリーグレードの一つ上とは言え、TDIだとアルミホイールも17インチ仕様となり、見栄えもする。装備もガソリン車の「eTSI アクティブ」と比較して、駐車支援システム「パークアシスト」、流れるウィンカー付きのLEDマトリックスヘッドライト「IQライト」とLEDテールランプ、ヘッドアップディスプレイ、オートマチックテールゲートが標準化。なんとSSDナビ付のインフォメーションシステム「Discover Pro」まで付いている。機能の充実度でいえば、上級モデルさえ凌ぐ内容なのだ。しかもTDIエンジンの性能は、Rラインなど他のモデルとは全く一緒。そのため、本体価格は、上位のTDIスタイルに迫るが、装備を同等にすれば、40万円越えの価格差が生じるため、お得といえる。まさにVWの魅力を凝縮したモデルとしてオススメできる。

 ハッチバックとワゴンにも15万円ほどの価格差があるが、上記で示したように、ボディの違いを明確化したことで、ファミリーカーや趣味の相棒としての機能性が高まった。だから、コスト負担分は十分にペイできる。近年の新車価格の高騰を受け、ゴルフも手が出しにくい印象を受けるが、そのラインアップの中で、TDIにお得な仕様を用意したのは、VWの良心として捉えたい。

 公式のアナウンスはないが、TDIの熟成は間違いなく進んでいる。燃料高の今、ハイオクが基本となる輸入車でロングドライブを楽しむ人には、クリーンディーゼルのメリットは小さくない。輸入車全体としては縮小傾向のクリーンディーゼルだが、ゴルフでは、今こそ注目すべきタイミングだと思う。

こんな記事も読まれています

【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
VAGUE
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
AUTOSPORT web
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
くるまのニュース
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
月刊自家用車WEB
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
月刊自家用車WEB
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
くるまのニュース
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
ベストカーWeb
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
AUTOSPORT web
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ベストカーWeb
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
ベストカーWeb
アタック失敗の可夢偉を立ち直らせた1本の電話「気負わず、思いっきりやってくれ」/ル・マン24時間
アタック失敗の可夢偉を立ち直らせた1本の電話「気負わず、思いっきりやってくれ」/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
パイオニア 立体音響デモカーなど“音”に拘った技術を披露!「OTOTEN2024」出展
パイオニア 立体音響デモカーなど“音”に拘った技術を披露!「OTOTEN2024」出展
グーネット
GTWCアジア/ジャパンカップの『SRO GTパワーツアー』富士には12メーカー49台のGTが集結へ
GTWCアジア/ジャパンカップの『SRO GTパワーツアー』富士には12メーカー49台のGTが集結へ
AUTOSPORT web
無限 ホンダ・ヴェゼル専用設計サンシェード発売!紫外線による車内劣化を防止
無限 ホンダ・ヴェゼル専用設計サンシェード発売!紫外線による車内劣化を防止
グーネット

みんなのコメント

8件
  • コスパ考えると国産でしょう。
  • サイズもスタイルも燃費も良い、トルクも太い。
    しかしだ、シフトレバーがツマミ式、ライトはボタン、サイドブレーキもボタン、どこに運転する楽しさがある?つまらない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

357.3476.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0698.0万円

中古車を検索
ゴルフ ヴァリアントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

357.3476.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0698.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村