サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン14番手から3位フィニッシュ。最後尾に落ちた戦略を「正しかった」とメルセデスは主張/F1第11戦決勝

ここから本文です
 2021年F1ハンガリーGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは3位(暫定結果)でフィニッシュした。

 ハミルトンはポールポジションからインターミディエイトタイヤでスタートしたが、1周目にインシデントが発生したため、赤旗中断に。再開の際、全員がインターミディエイトでピットから出たものの、路面が乾いていたため、ハミルトン以外はグリッドにつくことなくタイヤ交換に入り、ピットレーンスタートを選択した。ハミルトンのみはチームの判断でグリッドからスタートを切ったが、ハミルトンもわずか1周でスリックタイヤへの交換が必要になり、その結果、最後尾(14番手)に落ちてしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン