現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【写真蔵】ジープのピックアップ トラック「グラディエーター」待望の日本上陸

ここから本文です

【写真蔵】ジープのピックアップ トラック「グラディエーター」待望の日本上陸

掲載 更新 5
【写真蔵】ジープのピックアップ トラック「グラディエーター」待望の日本上陸

2021年11月にFCAジャパンはジープのピックアップトラック「グラディエーター」の日本導入を発表した。2022年2月に開催されたジャパン キャンピングカーショーで実車がようやくお披露目されたので、そのディテールを写真で紹介しよう。

ジープ伝統のオフロード性能を備えたピックアップトラック
グラディエーターは、1963年に初代が登場し、20年以上にわたって製造されたジープのピックアップ トラックだ。その後、ジープ コマンチなど複数のモデルを経て、2018年のロサンゼルス オートショーで新型グラディエーターが登場した。

ジープ グランドチェロキーの価値あるフルチェンジ。5代目は3列シート仕様で存在感もたっぷり【試乗】

グラディエーターはジープブランドの本格クロカン4WD「ラングラー」の4ドア版、アンリミテッドをベースに、ホイールベースは480mm延長され、5名乗車が可能なキャビンと広大な荷室を備えている。荷台の最大積載量は250kg。ラングラー譲りのボディオンフレーム構造は、ボディ剛性や耐久性にも優れている。

日本仕様は最強のオフロード性能を誇るグレード「ルビコン」で、前後デフロックや悪路⾛⾏時にサスペンションストローク量を増加させる電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム、極低速⾛⾏を可能にする専用ローギア付きロックトラックフルタイム4×4システム、マッド&テレインタイヤなどを専用装備する。

搭載エンジンは、284psと347Nmを発生する3.6L V6 DOHC。組み合わされるトランスミッションは、8速ATだ。前方に設置されたカメラで前方下部の映像を映し出すオフロードカメラや、FOX社製パフォーマンスショックアブソーバーも装備して、実践的な悪路走破性がより高められている。

インテリアは、スマートフォンを接続可能なオーディオナビゲーション システムや、サブウーハー付きアルパイン製プレミアムスピーカー、レザーシート、前席シートヒーターなど快適装備も充実。リアシートの後ろや座面下に収納スペースが確保され、日常の使い勝手も高められている。また、ラングラーと同様にルーフやドアを取り外すことも可能だ。

世界では本国アメリカに次いで2番目にラングラーが売れている日本では、導入発表以来グラディエーターへの注目は高まっており、2022年2月の段階で200台以上のオーダーがすでに入っているという。 日本のラフロードをグラディエーターが走る姿を見られる日は、もうすぐだ。

■ジープ グラディエーター ルビコン 主要諸元
●全長×全幅×全高:5600×1930×1850mm
●ホイールベース:3490mm
●車両重量:2280kg
●エンジン:V6 DOHC
●総排気量:3604cc
●最高出力:209kW(284ps)/6400rpm
●最大トルク:347Nm(35.4kgm)/4100rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・83L
●タイヤサイズ:255/75R17
●車両価格(税込):770万円

[ アルバム : ジープ グラディエーター はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」
motorsport.com 日本版
リバティ・グローバルがフォーミュラEの経営権取得へ……規模拡大に絶好の契機。F1やMotoGPを傘下に収める、リバティ・メディアの関連会社
リバティ・グローバルがフォーミュラEの経営権取得へ……規模拡大に絶好の契機。F1やMotoGPを傘下に収める、リバティ・メディアの関連会社
motorsport.com 日本版
日産「“最後の”GT-R」登場へ 「R35型」17年の歴史に幕… 新型「R36型」登場なるか?「R35最終型」どんなモデル?
日産「“最後の”GT-R」登場へ 「R35型」17年の歴史に幕… 新型「R36型」登場なるか?「R35最終型」どんなモデル?
くるまのニュース
スウェーデン発祥ブランドの「新型ネイキッドバイク」の魅力とは? ハスクバーナの名を世に知らしめた「注目の2台」の気になる進化
スウェーデン発祥ブランドの「新型ネイキッドバイク」の魅力とは? ハスクバーナの名を世に知らしめた「注目の2台」の気になる進化
VAGUE
フルカウルなのに乗りやすい! スズキ「GSX250R」はどんなライダーも楽しませてくれるオールマイティーな1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
フルカウルなのに乗りやすい! スズキ「GSX250R」はどんなライダーも楽しませてくれるオールマイティーな1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
6輪トラックはオフロードが得意、メルセデスベンツ『アロクス 6x6』…防衛・安全保障展示会に出展予定
6輪トラックはオフロードが得意、メルセデスベンツ『アロクス 6x6』…防衛・安全保障展示会に出展予定
レスポンス
6.5Lの[V型12気筒]エンジン搭載!! 5600万円超え830psのフェラーリ[ドーディチ チリンドリ]が日本初登場!
6.5Lの[V型12気筒]エンジン搭載!! 5600万円超え830psのフェラーリ[ドーディチ チリンドリ]が日本初登場!
ベストカーWeb
暑さ到来! 夏の車内に置きっ放しNGのアイテムとは?「ETCカード」挿しっぱなしでICチップが壊れてしまうことがあるので要注意
暑さ到来! 夏の車内に置きっ放しNGのアイテムとは?「ETCカード」挿しっぱなしでICチップが壊れてしまうことがあるので要注意
Auto Messe Web
人気!XSR125用のマフラー2種が、「HOT LAP」から発売された  
人気!XSR125用のマフラー2種が、「HOT LAP」から発売された  
モーサイ
【いよいよ今週末】ル・マン24時間レース視聴方法まとめ。ライブ配信にパブリックビューイングも
【いよいよ今週末】ル・マン24時間レース視聴方法まとめ。ライブ配信にパブリックビューイングも
carview!
約450万円! トヨタが新型「大きな高級車」を発売! クラウン級の「大型セダン」に注目あり! 斬新「サメ顔」採用した「新型カムリ」どう思う?
約450万円! トヨタが新型「大きな高級車」を発売! クラウン級の「大型セダン」に注目あり! 斬新「サメ顔」採用した「新型カムリ」どう思う?
くるまのニュース
若者はどうしてコミュニケーションが苦手なのか? 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(2)
若者はどうしてコミュニケーションが苦手なのか? 新米のら猫コンサルが見た自動車ディーラー「若者のリアル」(2)
日刊自動車新聞
「45歳にしては悪くない」/異常な振動/ロッシの来季去就etc.【ル・マン24時間水曜Topics】
「45歳にしては悪くない」/異常な振動/ロッシの来季去就etc.【ル・マン24時間水曜Topics】
AUTOSPORT web
【国内試乗】世界中で愛され続ける、どこへでも行き生きて帰ってこられるクルマ「トヨタ・ランドクルーザー 250/70/300」
【国内試乗】世界中で愛され続ける、どこへでも行き生きて帰ってこられるクルマ「トヨタ・ランドクルーザー 250/70/300」
LE VOLANT CARSMEET WEB
移籍先決定との報道を打ち消すサインツ「2026年以降の将来性と同様に、2025年の競争力も考慮して検討中」
移籍先決定との報道を打ち消すサインツ「2026年以降の将来性と同様に、2025年の競争力も考慮して検討中」
AUTOSPORT web
不正改造マフラー取締強化月間はすぐそこ! 取り締まり対象となるポイントとは
不正改造マフラー取締強化月間はすぐそこ! 取り締まり対象となるポイントとは
バイクのニュース
東急バスが新たなカーシェア開始、HELLO MOBILITYに参画
東急バスが新たなカーシェア開始、HELLO MOBILITYに参画
レスポンス
ついに最小SUVロッキー/ライズのHVも生産再開!! 安くていいクルマで、まあ…売れるわな……
ついに最小SUVロッキー/ライズのHVも生産再開!! 安くていいクルマで、まあ…売れるわな……
ベストカーWeb

みんなのコメント

5件
  • 今ピックアップトラックはダブルキャブが主流で全長が5mを軽く超える。直線ばかりの米国では問題無いが、日本国内では手に余る。シングルやキャブプラス発売されないかな?
  • アトレーデッキバンで充分じゃね?最大積載量も同じだし。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

960.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

598.01284.1万円

中古車を検索
グラディエーターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

960.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

598.01284.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村