現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車重重いミニバンでもハイブリッドが人気? 「お得感」なくても選ばれる訳とは

ここから本文です

車重重いミニバンでもハイブリッドが人気? 「お得感」なくても選ばれる訳とは

掲載 更新 14
車重重いミニバンでもハイブリッドが人気? 「お得感」なくても選ばれる訳とは

■ハイブリッドミニバン、ユーザーが注目するポイントとは?

 以前から人気のカテゴリとして注目されてきたミニバンですが、近年では低燃費で経済性が高いといわれるハイブリッド仕様がかなりの割合で設定されます。

トヨタ車が100万円以下!? シエンタより小さい 人気ミニバン「カリヤ」とは

 しかし、ハイブリッド仕様の経済性の高さというメリットを享受できるのは、ごく限られたユーザーになるといわれています。では、ハイブリッドミニバンを選択するユーザーの理由とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 世界初の量産ハイブリッド車であるトヨタ「プリウス」の発売から4年後の2001年、世界初のハイブリッドミニバンとして、トヨタ「エスティマハイブリッド」が発売されました。

 その後、ハイブリッド仕様車の増加は止まらず、ミニバンにおいてもハイブリッド仕様を設定するモデルが続々と登場。

 日本自動車販売協会連合会が発表した2020年上半期の販売台数ランキングによると、ミニバンのなかでトップ5に入るトヨタ「シエンタ」、ホンダ「フリード」、トヨタ「アルファード」、日産「セレナ」、トヨタ「ヴォクシー」は、いずれもガソリン仕様のほかにハイブリッド仕様をラインナップ。

 また、それ以外の売れ筋ではないミニバンであってもハイブリッド仕様が設定されているモデルはかなり多いです。

 しかし、ハイブリッド仕様とガソリン仕様には数十万円の価格差があります。それを燃料代の差額で上回って、ハイブリッドのメリットといわれる経済性の高さを享受できるのはひと握りのユーザーだといいます。

 さまざまなハイブリッドミニバンをラインナップするトヨタの販売店スタッフは次のようにコメントしました。

「年間数万キロ以上乗るお客さまであればハイブリッド仕様の方が得かもしれません。しかし、一般的な年間走行距離の平均といわれる1万キロ程度で燃料代込の合計支出を見ると、『お得』と感じることは難しいと思われます」

 そんななかでも、ミニバン市場にはハイブリッド仕様を用意したミニバンが多数登場している状況ですが、ミニバンユーザーがハイブリッド仕様を選択する理由とは、いったいなんでしょうか。

 前出のトヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「いまも昔も変わらないのは、ハイブリッド仕様のイメージが良いことです。これは、特定の車種やミニバンというカテゴリに限らず、幅広い国産モデルでいえることだと思います」

 ミニバンに乗るユーザーはファミリー層が多く、ご近所付き合いをはじめとしたこれまでとは違う人々とのコミュニケーションも増える年代の人も少なくありません。

 そうしたときに、認知度および好感度が高いハイブリッド車に乗ることは価値があると感じるユーザーは少なからずいるということでしょう。

 また、ハイブリッドミニバンを選ぶほかの要因として、次のように話します。

「給油の回数が2/3程度になることを魅力に感じる人はいます。また、車種によってはエンジンを始動せず走行できるEVモードがついており、それを魅力に感じて選ばれるお客さまもいます。

 ただ、通常のハイブリッドシステムでEV走行できる距離は限度があるので、あくまで住宅街から抜け出す間だけ静かに走る場合に便利、ぐらいのイメージがよいと思いますし、それを伝えても魅力を感じるお客さまもいます」

 早朝にガレージから出発する場合、住宅街でエンジン音をたてずに走行したい、という需要もあることから、それもハイブリッドミニバンの支持へとつながっているということです。

■ハイブリッド以上に定番化? 後席スライドドアはなぜ人気か

 ミニバンではハイブリッド仕様の設定が定番化してきましたが、それと同じくらいか、あるいはそれ以上に定番化した装備として後席スライドドアが挙げられます。

 前述の販売ランキングでトップ5を占めるシエンタ、フリード、アルファード、セレナ、ヴォクシーの全車が後席スライドドアを備えるばかりでなく、国産メーカーのミニバン(SUV以外の3列シート車)のなかではトヨタ「プリウスα」のみがヒンジドアです。

 そのためか、3列シート仕様と2列シート仕様のふたつを設定するプリウスαについて、トヨタは公式ウェブサイトでワゴンに分類されています。

 ハイブリッドミニバンの多くがガソリン仕様という選択肢を残す一方、後席スライドドアを採用したミニバンが後席ヒンジドアの仕様を設定することはないことから、後席スライドドアのミニバンが市場を席巻したといえるでしょう。

 では、なぜ後席ヒンジドアのミニバンが減少したのでしょうか。前出とは別のトヨタ販売店スタッフは、ミニバンが後席スライドドアを採用するメリットについて次のように話しています。

「ミニバンは普通の乗用車と違い、2列目シートの後ろに3列目シートがありますが、スライドドアが採用されている理由には、3列目に乗り込みやすくするためというものがあります。

 ミニバンでは、2列目と3列目に乗り降りする際に同じドアを使わなければならないため、どうしても開口部が大きくなります。ヒンジドアでは全開にした際にクルマの横にかなり広いスペースが必要とされるため、狭い場所でも開閉できるスライドドアが採用されています」

 隣のクルマにドアをぶつける心配がない後席スライドドアですが、3列目シート利用者への配慮というミニバンならではの事情もあるようです。

 また、近年はスライドドアが電動化されたことで、小さい子どもや、お年寄りでも力を使うことなく開閉できるため、スライドドアの普及が加速したといえます。

こんな記事も読まれています

初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
AUTOSPORT web
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
AUTOSPORT web
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
くるまのニュース
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
AUTOCAR JAPAN
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
Auto Messe Web
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
AUTOSPORT web
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
くるまのニュース
KeePer CERUMOがオフからV字回復。激変したフィーリングと決勝での悔しい視界不良
KeePer CERUMOがオフからV字回復。激変したフィーリングと決勝での悔しい視界不良
AUTOSPORT web
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
AUTOSPORT web
チェイス・エリオット、42戦ぶり待望の復活勝利で二度のオーバータイム決着を制す/NASCAR第9戦
チェイス・エリオット、42戦ぶり待望の復活勝利で二度のオーバータイム決着を制す/NASCAR第9戦
AUTOSPORT web
元トップ・ギア司会のジェレミー・クラークソンさん イギリス空軍機が自身が所有する農場に降り立ち驚愕
元トップ・ギア司会のジェレミー・クラークソンさん イギリス空軍機が自身が所有する農場に降り立ち驚愕
乗りものニュース
日産が新型「和製スーパーカー」初公開へ! 1300馬力超え&ド迫力ボディの「Hフォース」! 新たなコンセプトカーとともに中国登場へ
日産が新型「和製スーパーカー」初公開へ! 1300馬力超え&ド迫力ボディの「Hフォース」! 新たなコンセプトカーとともに中国登場へ
くるまのニュース
【北京モーターショー2024】ホンダ 新型EVシリーズYeを発表し、シリーズ第一弾「P7」、「S7」と第2弾のコンセプトモデル「Ye GT CONCEPT」を世界初公開
【北京モーターショー2024】ホンダ 新型EVシリーズYeを発表し、シリーズ第一弾「P7」、「S7」と第2弾のコンセプトモデル「Ye GT CONCEPT」を世界初公開
Auto Prove
R34 GT-RオタクのF1候補生、ジャック・ドゥーハンが“早口で”愛を語る「いつの日か自分でビルドしたい!」
R34 GT-RオタクのF1候補生、ジャック・ドゥーハンが“早口で”愛を語る「いつの日か自分でビルドしたい!」
motorsport.com 日本版
日産、「全固体電池」採用の新型EVを28年に投入へ 普及拡大に向けた“革新技術”採用で競争力を強化 生産ラインを初公開
日産、「全固体電池」採用の新型EVを28年に投入へ 普及拡大に向けた“革新技術”採用で競争力を強化 生産ラインを初公開
くるまのニュース
「歴史に埋没した」英国の老舗ブランドの今…オートモビルカウンシル2024
「歴史に埋没した」英国の老舗ブランドの今…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
1980年代にヒットした日本の軽自動車3選
1980年代にヒットした日本の軽自動車3選
GQ JAPAN

みんなのコメント

14件
  • エスティマHVは非常用電源として1500wの電力が使えるから便利。
  • 子持ちのおばさんがミニバン大好きなんすよ。で、どうせなら今流行のハイブリッドねと来やがる。
    子どもを乗せて、パパの運転でどこ行こう。
    おばさん大好き家族のミニバン。
    いつもニコニコうちのミニバン。
    あらやだ隣と同じうちのミニバン。
    ママ友乗せてお茶しよミニバン。
    部活で活躍がんばるミニバン。
    イケイケミニバンGOGOミニバン♪
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

461.3775.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.52299.0万円

中古車を検索
アルファードハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

461.3775.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.52299.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村