現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ランキング&投票募集】結果発表!Motor Magazine執筆陣が選ぶ「BEV オブ・ザ・イヤー 2022」&気になる1台はどれ?

ここから本文です
【ランキング&投票募集】結果発表!Motor Magazine執筆陣が選ぶ「BEV オブ・ザ・イヤー 2022」&気になる1台はどれ?
写真を全て見る(2枚)

いま日本国内で購入できるBEV(電気自動車)の中から、もっとも魅力的なクルマを決める「BEVオブ・ザ・イヤー 2022」を開催。本誌お馴染みの執筆陣+編集長が採点。No.1を決定する。さらにお気に入りの1台を選ぶ投票も、よろしくお願いします!(Motor Magazine2023年1月号より)

いま購入できる輸入&国産BEVの中でもっとも魅力的なクルマは?
ちょうど1年前に発売された2022年1月号の第一特集では「最新インポートBEV」を特集したが、それからこの23年1月号が発売されるまでの間に日本国内で発表された国産&輸入車の新型BEVの数は実に10車種以上にもなる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ハミルトン初日2番手「うれしい驚きだが、ロングランに課題」ラッセルは新ウイングをテスト:メルセデス/F1モナコGP
ハミルトン初日2番手「うれしい驚きだが、ロングランに課題」ラッセルは新ウイングをテスト:メルセデス/F1モナコGP
AUTOSPORT web
初夏のERCスウェディッシュでペター・ソルベルグが電撃復帰。昨季オリバー勝利のVWポロR5で参戦へ
初夏のERCスウェディッシュでペター・ソルベルグが電撃復帰。昨季オリバー勝利のVWポロR5で参戦へ
AUTOSPORT web
およそ1億円でもリーズナブルと思われる理由は? ラリーで超有名なアウディ「クワトロS1 E2」にはWRCチャンピオンたちのサインがたくさん!
およそ1億円でもリーズナブルと思われる理由は? ラリーで超有名なアウディ「クワトロS1 E2」にはWRCチャンピオンたちのサインがたくさん!
Auto Messe Web
【MotoGP】エスパルガロ、地元戦でスプリントポール・トゥ・ウィンに感無量「おとぎ話のようで、言葉がない」
【MotoGP】エスパルガロ、地元戦でスプリントポール・トゥ・ウィンに感無量「おとぎ話のようで、言葉がない」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:「こうなることは覚悟していた」4つのアップデートを実施も初日は苦戦。バンプでの弱点が露呈
レッドブル&HRC密着:「こうなることは覚悟していた」4つのアップデートを実施も初日は苦戦。バンプでの弱点が露呈
AUTOSPORT web
スバル、富士24時間でスーパー耐久用の新型車両をお披露目。第3戦オートポリスから投入へ
スバル、富士24時間でスーパー耐久用の新型車両をお披露目。第3戦オートポリスから投入へ
AUTOSPORT web
バイエルン製の2台のカルトクーペ「アウディ TT」と「BMW Z3クーペ」一生の宝物として買うならどっち?
バイエルン製の2台のカルトクーペ「アウディ TT」と「BMW Z3クーペ」一生の宝物として買うならどっち?
AutoBild Japan
スーパーカーやミニ四駆、さらにT型フォード!…香川でモーターフェスタ2024 5月26日
スーパーカーやミニ四駆、さらにT型フォード!…香川でモーターフェスタ2024 5月26日
レスポンス
16年ぶりに復帰の“ドライバー”近藤真彦がレースを楽しむ「実際にコースを走ることこそが原点」
16年ぶりに復帰の“ドライバー”近藤真彦がレースを楽しむ「実際にコースを走ることこそが原点」
AUTOSPORT web
車のボディに「謎の“木”」!? なぜ“ウッドパネル”必要だった? オシャレすぎる「高級感アイテム」の発祥と衰退と再生とは
車のボディに「謎の“木”」!? なぜ“ウッドパネル”必要だった? オシャレすぎる「高級感アイテム」の発祥と衰退と再生とは
くるまのニュース
3度目の制覇狙う琢磨、最終“カーブデイ”は14番手に。決勝は「なるべく早く前に出たい」/インディ500
3度目の制覇狙う琢磨、最終“カーブデイ”は14番手に。決勝は「なるべく早く前に出たい」/インディ500
AUTOSPORT web
地元パン屋の個性的なパンが500個以上!…沼津三菱自動車「春のパン祭り」 5月26日
地元パン屋の個性的なパンが500個以上!…沼津三菱自動車「春のパン祭り」 5月26日
レスポンス
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
ベストカーWeb
日本限定は4165万円で10台のみ! ベントレー最後のエンジン車「コンチネンタルGTアズール ラスト オブ ライン」はマストバイです
日本限定は4165万円で10台のみ! ベントレー最後のエンジン車「コンチネンタルGTアズール ラスト オブ ライン」はマストバイです
Auto Messe Web
【MotoGP】「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
【MotoGP】「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
motorsport.com 日本版
【MotoGP】スプリント勝利目前に”まさか”の転倒を喫したバニャイヤ、摩訶不思議なクラッシュに憤り「完璧だったのに」
【MotoGP】スプリント勝利目前に”まさか”の転倒を喫したバニャイヤ、摩訶不思議なクラッシュに憤り「完璧だったのに」
motorsport.com 日本版
【角田裕毅F1第8戦展望】接触もなく走行時間を有意義に活用。初日11番手「コンパウンド差を考えるとタイムは悪くない」
【角田裕毅F1第8戦展望】接触もなく走行時間を有意義に活用。初日11番手「コンパウンド差を考えるとタイムは悪くない」
AUTOSPORT web
[Pro Shop インストール・レビュー]VW ザ・ビートル(山本大地さん)by custom&car Audio PARADA 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]VW ザ・ビートル(山本大地さん)by custom&car Audio PARADA 後編
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • 結局はリーフ爺のダウンサイジングという
    程度の需要。

    それに、最近の日産の場合は、
    クルマ以外のメディアに宣伝させる比重が
    ものすごく増えた。何故かって?

    それは昔の日産車を知る人ほどイヤがられて
    いるから、投資家に媚びているだけ。
    昔ほど売れてないのに、ちゃんと利益を出して
    スゴいねーって言われたいが為に。
    でもそれは、利益優先なクルマ作りを
    ユーザーに押し付けてるってこと。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村