現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ランキング&投票募集】結果発表!Motor Magazine執筆陣が選ぶ「BEV オブ・ザ・イヤー 2022」&気になる1台はどれ?

ここから本文です

【ランキング&投票募集】結果発表!Motor Magazine執筆陣が選ぶ「BEV オブ・ザ・イヤー 2022」&気になる1台はどれ?

掲載 1
【ランキング&投票募集】結果発表!Motor Magazine執筆陣が選ぶ「BEV オブ・ザ・イヤー 2022」&気になる1台はどれ?

いま日本国内で購入できるBEV(電気自動車)の中から、もっとも魅力的なクルマを決める「BEVオブ・ザ・イヤー 2022」を開催。本誌お馴染みの執筆陣+編集長が採点。No.1を決定する。さらにお気に入りの1台を選ぶ投票も、よろしくお願いします!(Motor Magazine2023年1月号より)

いま購入できる輸入&国産BEVの中でもっとも魅力的なクルマは?
ちょうど1年前に発売された2022年1月号の第一特集では「最新インポートBEV」を特集したが、それからこの23年1月号が発売されるまでの間に日本国内で発表された国産&輸入車の新型BEVの数は実に10車種以上にもなる。当然モータージャーナリストの諸氏はもちろん、モーターマガジン編集部もBEV車に乗る機会が増え、日々その魅力や個性を感じているところである。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

とくに22年はこれまで輸入車が中心だったBEV市場に、国産ブランドからも日産サクラや三菱eKクロスEVが手頃な価格で登場。補助金を適用すれば2000万円を切る価格で購入できることもあり、日本市場でもBEV普及への起爆剤になる可能性が高い。

一方でプレミアムブランドもメルセデス・ベンツからEQシリーズのフラッグシップとなるEQS、BMWからもi7が登場するなどコンパクトからラグジュアリーまでラインナップが充実し、BEVの選択肢が広がった。

そこで今回は、いま日本国内で購入できるBEVをまとめてみた。そしてその中で一番魅力的なクルマを決めてみたいと思う。

多忙な選考委員の皆さんを悩ませてしまう企画となったが、最前線でBEVに触れてきた識者
11名が選んだ5台と見事1位に選ばれたBEVを御覧いただきたい。

[ アルバム : Motor Magazine執筆陣が選ぶ 「BEV オブ・ザ・イヤー 2022」 はオリジナルサイトでご覧ください ]

【選んでみよう】あなたが今、もっとも気になる1台はどれ?
元サイトで投票・回答

こんな記事も読まれています

えっ、ステーションワゴン復活? ボルボ「V60」「V90」販売中止から一転、英国で再導入
えっ、ステーションワゴン復活? ボルボ「V60」「V90」販売中止から一転、英国で再導入
AUTOCAR JAPAN
なぜG7サミットのプレスルームに2台のマセラティが!?「グレカーレ」が各国要人の移動をサポート、公の場にもマッチすることを証明
なぜG7サミットのプレスルームに2台のマセラティが!?「グレカーレ」が各国要人の移動をサポート、公の場にもマッチすることを証明
Auto Messe Web
スター選手の饗宴。TC2000王者とSCBタイトル候補が快勝。バリチェロもテスト参加/TCR南米第3戦
スター選手の饗宴。TC2000王者とSCBタイトル候補が快勝。バリチェロもテスト参加/TCR南米第3戦
AUTOSPORT web
元ルノー代表ブリアトーレがF1に復帰。アルピーヌF1チームのエグゼクティブ・アドバイザーに就任
元ルノー代表ブリアトーレがF1に復帰。アルピーヌF1チームのエグゼクティブ・アドバイザーに就任
AUTOSPORT web
WorldRX“6冠”の絶対王者が電動での王座防衛を捨て、持続可能燃料採用の“内燃機関”モデルに回帰
WorldRX“6冠”の絶対王者が電動での王座防衛を捨て、持続可能燃料採用の“内燃機関”モデルに回帰
AUTOSPORT web
アルファロメオ「トナーレ」にデジタル認証技術NFTを導入。修正不能な証明書となり残存価値の向上へ
アルファロメオ「トナーレ」にデジタル認証技術NFTを導入。修正不能な証明書となり残存価値の向上へ
Auto Prove
なぜ日本で売らないんだっ!? いすゞの新「世界戦略SUV」大幅イメチェンに驚きの声 国内カムバック熱望!?
なぜ日本で売らないんだっ!? いすゞの新「世界戦略SUV」大幅イメチェンに驚きの声 国内カムバック熱望!?
乗りものニュース
大排気量「直6」×4WD搭載! 新型「“スポーティ”セダン」公開! 超豪華内装&ステーションワゴンもある「B3 GT」登場
大排気量「直6」×4WD搭載! 新型「“スポーティ”セダン」公開! 超豪華内装&ステーションワゴンもある「B3 GT」登場
くるまのニュース
サンコーがスマホ冷却ホルダーを発売…自転車・バイク搭載用
サンコーがスマホ冷却ホルダーを発売…自転車・バイク搭載用
レスポンス
グーマガ 今週のダイジェスト【6/15~6/21】フェラーリの新型車に注目!
グーマガ 今週のダイジェスト【6/15~6/21】フェラーリの新型車に注目!
グーネット
F1スペインFP3速報|サインツJr.最速! ノリス挟んでフェラーリが1-3と好調。RBは角田裕毅&リカルド共に下位に沈む
F1スペインFP3速報|サインツJr.最速! ノリス挟んでフェラーリが1-3と好調。RBは角田裕毅&リカルド共に下位に沈む
motorsport.com 日本版
地元サインツJr.がトップタイム記録……フェラーリvsマクラーレンの構図か? RB角田裕毅は予選に向け不安の残る18番手|F1スペインGPフリー走行3回目
地元サインツJr.がトップタイム記録……フェラーリvsマクラーレンの構図か? RB角田裕毅は予選に向け不安の残る18番手|F1スペインGPフリー走行3回目
motorsport.com 日本版
BMW 車内で動画配信サービスの「U-NEXT」の視聴が可能に
BMW 車内で動画配信サービスの「U-NEXT」の視聴が可能に
Auto Prove
野尻智紀がポール! 岩佐歩夢2番手でMUGENがワンツー|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:公式予選タイム結果
野尻智紀がポール! 岩佐歩夢2番手でMUGENがワンツー|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:公式予選タイム結果
motorsport.com 日本版
2026年PU開発が不調といわれるルノー&アルピーヌに不穏な動き。F1プロジェクトに関する見直しを検討か
2026年PU開発が不調といわれるルノー&アルピーヌに不穏な動き。F1プロジェクトに関する見直しを検討か
AUTOSPORT web
マクラーレンF1、モータホームでボヤ騒ぎが発生……関係者は無事避難。2日目走行への影響は不明
マクラーレンF1、モータホームでボヤ騒ぎが発生……関係者は無事避難。2日目走行への影響は不明
motorsport.com 日本版
『スペーシア』でコンパクトな冒険を提案。スズキ、東京アウトドアショー2024出展概要を発表
『スペーシア』でコンパクトな冒険を提案。スズキ、東京アウトドアショー2024出展概要を発表
AUTOSPORT web
アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • 結局はリーフ爺のダウンサイジングという
    程度の需要。

    それに、最近の日産の場合は、
    クルマ以外のメディアに宣伝させる比重が
    ものすごく増えた。何故かって?

    それは昔の日産車を知る人ほどイヤがられて
    いるから、投資家に媚びているだけ。
    昔ほど売れてないのに、ちゃんと利益を出して
    スゴいねーって言われたいが為に。
    でもそれは、利益優先なクルマ作りを
    ユーザーに押し付けてるってこと。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村