サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ポルシェすら撃墜できる超爆速ホンダトゥデイ!」軽自動車の概念を覆すモンスタースペック

ここから本文です

「ポルシェすら撃墜できる超爆速ホンダトゥデイ!」軽自動車の概念を覆すモンスタースペック

キュートなルックスに騙されてはいけない!?

BNR34純正タービンを回し切る珠玉のフルチューンエンジンを搭載

「時代に流されない86&BRZ用ワイドボディキットが誕生」不変的な美しさを求めたヴェイルサイドの最新作

動画サイトやSNSを中心に、その驚異的な速さから定期的に話題に登る“ホンダオート岡山販売”のトゥデイ。ミニマムボディで大排気量スポーツ勢を追い立てる姿は、軽自動車ファンならずとも興奮モノだ。

現在では、20台ほどのトゥデイ乗りたちが集う大所帯になっているそうだが、そんな岡山トゥデイ軍団を率いているのがホンダオート岡山販売の代表にして、”1号機”と呼ばれるこのマシンのオーナーである近藤さんだ。

長い時間を費やして作り上げたマシンは「街のスーパーに止まっていそうな普通の軽」をコンセプトに、速さを主張しすぎないスタイリングでまとめる。しかし、その中身は長年のノウハウが詰め込まれたフルチューンスペックだ。

エンジンはライフダンクに搭載されていたE07Zに換装。排気量は660ccのままとされているが、特注のピストン&コンロッドに交換し、さらにカムはIN/EXともに280度に加工。クランクはカウンターウエイトを備えるホンダ・Z用をDLC/WPC加工によって強度をアップして流用。

インテークはφ38のビッグスロットルを加えたビート用の3連スロットルを装備するなど、フルチューンと呼ぶに相応しい内容。エンジンの制御はEMSのフルコンによって行われている。

ワンオフのEXマニを介して装着されたタービンはR34純正。ローンチコントロールを利用して常に2.4キロのブーストをキープし、スタートからハイブーストを活用できるようにセッティングされている。最大ブースト圧は2.8キロの設定で、230psを絞り出す。

高出力エンジンに欠かせない冷却系は、リヤに配置されるオイルクーラーで解消。フラットボトム化しながらディフューザーの一部をくり抜くことで、オイル冷却を効率的に行うシステムが組まれている。

フロントサスペンションは、シルビア用のレーシングギアダンパー(スウィフト16kg/mm)やNボックスのナックルを加工流用してセッティング。

フロントのロアアームは延長加工を行いながらロールセンターも適正化。Nボックスのナックルを利用するのは、軽量化とともにこのセッティングが行えるのが大きなメリットなのだとか。

リアはアクスル加工を行いながら、しっかりと接地できる足回りを作り上げている。ダンパーはTRDベースでスプリングはスウィフト12kg/mmだ。

ブレーキはフロントにフィット純正を、リヤにはシビックのユニットを流用。とくにリヤは本来ドラムブレーキが装着されているため、タッチをはじめ扱いやすさが大幅に向上しているという。

あくまでも素の軽自動車を装いたいため、ホイールは鉄チン風デザインのスーパーラップ(14インチ×6.5J)をセレクト。タイヤはフロントに185/55R14、リヤに165/55R14サイズのアドバンA050を組み合わせる。

ダッシュボードなども全てノーマル状態をキープしながら、必要なメーター類はコンソールボックスにレイアウト。メータークラスターにはデフィのタコメーターとブースト計が挿入される。タコメーターのメモリー機能で最大回転数を見ると、1万1000rpmのリミットを軽くオーバーしていた気合の入りよう。

ボンネットをはじめ、ルーフやドアパネルなどはワンオフのカーボンを使用。さらに、サイドとリヤのウインドウは全てポリカーボネイト製に交換されており、内装フル装備ながらも680kgの車重をキープしているのだ。

岡山国際サーキット最速のKカーを名乗るだけあって、ベストタイムは驚異の1分44秒。タイムアタックの聖地、筑波サーキットも初走行で1分3秒というタイムを叩き出すなど、マシンスペックは超一級品。軽4耐久からトゥデイ一筋で走り続けてきた男の愛機は、軽自動車の概念を覆すほどの走りを実現していた。

●取材協力:ホンダオート岡山販売 TEL:086-277-5525

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します