現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガイア 3代目ウィンダム イスト……「盟主」でも失敗はある!? ちょっとざんねんだったトヨタのクルマ4選

ここから本文です

ガイア 3代目ウィンダム イスト……「盟主」でも失敗はある!? ちょっとざんねんだったトヨタのクルマ4選

掲載 4
ガイア 3代目ウィンダム イスト……「盟主」でも失敗はある!? ちょっとざんねんだったトヨタのクルマ4選

「なんでこうなった!?」 開発した人を小一時間ほど問いただしてみたい、でも憎めない「ざんねん」なクルマたち、エピソードを集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』(小社刊)。

 日本のクラシックカーや絶版車、珍車についての知識にも定評あるモータージャーナリスト、片岡英明氏監修による本書から、国内メーカーの盟主トヨタの、ちょっとざんねんなクルマたち4台をご紹介。

ガイア 3代目ウィンダム イスト……「盟主」でも失敗はある!? ちょっとざんねんだったトヨタのクルマ4選

監修/片岡英明、写真/トヨタ

[amazonjs asin="4065129079" locale="JP" tmpl="Small" title="ざんねんなクルマ事典"]

[amazonjs asin="B0B8Z2HSRK" locale="JP" tmpl="Small" title="ますます! ざんねんなクルマ事典"]

■5ナンバーサイズとしたことがかえって仇に? トヨタ ガイア(1998-2004年)

トヨタ ガイア(1998-2004年)。「ガイア」という名前はギリシア神話の大地の女神に由来する

●ユーザーのためを思って5ナンバー枠は死守しつつ室内空間を拡大したものの……

 低ルーフミニバンの先駆けとして大ヒットを記録した初代ホンダ オデッセイに対抗すべく、初代トヨタ イプサムをベースに開発されたのがトヨタ ガイアです。

 ガイアは仮想敵であるオデッセイと真っ向勝負するべく、5ナンバーサイズは死守しながらも全長を90mm、全高を20mm延長することで室内空間を拡大。それと同時に高級感が感じられる演出を各所に施すことで、強敵だった初代オデッセイを打ち破らんとしました。

 搭載エンジンは2L直4ガソリン自然吸気と2.2L直4ディーゼルターボの2種類で、外観デザインは、初代イプサムがベースとはいえ、外板パネルはすべてガイアの専用設計。

 初代オデッセイによく似たそのフォルムは、確かにイプサムよりもシックで高級感のあるものではありました。

 しかし5ナンバーサイズにこだわったことが逆に仇となったか、競合並みの高級感を訴求することができずに「やや中途半端な存在」となってしまい、結果として1代限りで消滅してしまいました。

・発売年月:1998年5月
・エンジン種類:直4 DOHC
・総排気量:1998cc
・最高出力/最大トルク:135ps/18.5kgm
・全長×全幅×全高:4620×1695×1675mm
・車両重量:1420kg
・諸元記載グレード:1998年式 Lパッケージ

●ざんねん度:★★★☆☆

■初代と2代目は確かにカッコよかった! 3代目は……… トヨタ 3代目ウィンダム(2001-2006年)

●「純北米風デザイン」は日本人の嗜好に合わない

 北米レクサスのイメージを巧みに取り入れた宣伝戦略と流麗なスタイリングにより、初代と2代目はスマッシュヒット。

 しかし純北米風デザインに変更された3代目は、時代の変化も相まって失速。その結果として3代限りで消えていった、FFレイアウトの中型プレミアムセダン。それがトヨタ ウィンダムです。

 初代ウィンダムはイメージ戦略が巧みでした。テレビCMでは米国人実業家や国際線の機長など、「いかにも北米レクサスの顧客っぽい人々」を登場させ、そこに「レクサスES300=日本名ウィンダム」とのナレーションを被せることで、「これは日本のおやじセダンではなく、レクサスES300の日本版なんですよ」ということを訴求したのです。

 これで初代ウィンダムは日本人にも鋭く刺さったのですが、2001年に登場した3代目は「ごく普通なセダン」に変更。

 デザインも「アメリカのTVドラマで脇役の人が乗ってそうなクルマ」みたいなものに。そのため翌年、生産終了となりました。

・発売年月:2001年8月
・エンジン種類:V6DOHC
・総排気量:2994cc
・最高出力/最大トルク:215ps/30.5kgm
・全長×全幅×全高:4865×1810×1455mm
・車両重量:1520kg
・諸元記載グレード:2001年式 3.0X

●ざんねん度:★★★☆☆

■小型車なのに1.8L? ちぐはぐな2代目がイストの息の根を止めた トヨタ イスト(2002-2016年)

トヨタ イスト(2002-2016年)。北米では「サイオンxD」として販売された2代目トヨタ イスト

●初代は小型クロスオーバーの先駆けだったが

 初代トヨタ イストは、トヨタが「新ジャンルの小型車」として開発したモデル。

 初代ヴィッツと同じ車台にヴィッツよりひと回り大きな15インチタイヤと、SUV的に大きく張り出したホイールアーチ、ワイドで立体感のあるフロントグリル、サイドからリアに回り込むウィンドウグラフィックなどを組み合わせました。

「SUV」という単語がまだ市民権を得ていない時代に「小型クロスオーバーSUVの先駆け」となった初代イストは、ひとクラス上の内外装デザインと装備内容、そしてその割に価格は手頃ということでスマッシュヒットとなりました。

 2007年7月に2代目へフルモデルチェンジされましたが、2代目は当初から北米の「サイオン」ブランドで展開することを想定していたため、全幅は1725mmの3ナンバーサイズとなり、エンジンも1.3Lを廃止する代わりに1.8Lという、日本のコンパクトカーとしては中途半端な排気量に。

 結局、セールス状況が低迷したまま2016年4月に生産終了となりました。

・発売年月:2007年7月(2代目)
・エンジン種類:直4 DOHC
・総排気量:1797cc
・最高出力/最大トルク:132ps/17.5kgm
・全長×全幅×全高:3930×1725×1525mm
・車両重量:1170kg
・諸元記載グレード:2007年式 180G

●ざんねん度:★★★★☆

■走りは可もなく不可もなく……だがデザインがあまりにも意味不明だった トヨタ ヴォルツ(2002-2004年)

●SUVとワゴンとミニバンの融合を目指したが

 トヨタ ヴォルツは、2002年8月に発売となったトヨタとGMの共同開発車。

 当時のカローラをベースとする、SUV/ステーションワゴン/ミニバンの長所を取り入れた「新ジャンル」であると説明されました。

 ターゲットは「アクティブなライフスタイルを志向する若者」だったようです。

 しかし走りは可もなく不可もなくで、デザインもやや意味不明だったため日本の若者には刺さらず、発売からわずか1年8カ月ほどであっけなく販売終了となりました。

・発売年月:2002年8月
・エンジン種類:直4 DOHC
・総排気量:1795cc
・最高出力/最大トルク:190ps/18.4kgm
・全長×全幅×全高:4365×1775×1605mm
・車両重量:1270kg
・諸元記載グレード:2002年式 Z 6MT

●ざんねん度:★★★★★

*   *   *

 なんでそうなったの!!? ざんねんだけど、でも愛おしい。そんなクルマたちの数々を集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』は講談社ビーシーより好評発売中です。

[amazonjs asin="4065129079" locale="JP" tmpl="Small" title="ざんねんなクルマ事典"]

[amazonjs asin="B0B8Z2HSRK" locale="JP" tmpl="Small" title="ますます! ざんねんなクルマ事典"]

こんな記事も読まれています

スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
AUTOSPORT web
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
AUTOSPORT web
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
AUTOSPORT web
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
AUTOCAR JAPAN
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
AUTOSPORT web
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
AUTOCAR JAPAN
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

4件
  • mon********
    カムリを大きくしていく過程・包囲網(プロミネント→セプター→グラシア→)
    だった、と考えればウインダムは失敗では無いのかと。
    結局ES=カムリ、になったんだし。
  • まほほん
    イストはかなり売れてたから残念ではないよ。
    ウィンダムはマーク2より高いのに内外装は
    そんなに質感が高くないので売れなかった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村