サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > “走りのBMW”を象徴する新型「M3」と「M4」が日本でも発売開始!

ここから本文です

“走りのBMW”を象徴する新型「M3」と「M4」が日本でも発売開始!

新型「BMW Ⅿ3/Ⅿ4」には25kgの軽量化を図り、オプション装備を標準化した「トラックパッケージ」を設定

1月26日、BMWジャパンは「3シリーズ・セダン」および「4シリーズ・クーペ」の高性能モデルである「BMW M3」と「BMW M4」の日本導入を発表。同日より発売を開始した。モデルバリエーションおよび車両価格は下記のとおりで、顧客への納車は3月以降の予定だ。

満員御礼で寒空も吹き飛ぶ! 富士スピードウェイ【BMWワンメイクドライビングレッスン】

・M3コンペティション(8速AT):13,240,000円
・M3コンペティション・トラックパッケージ(8速AT):14,360,000円
・M4(6速MT):12,980,000円
・M4コンペティション(8速AT):13,480,000円
・M4コンペティション・トラックパッケージ(8速AT):14,600,000円
※M3は右ハンドル、M4は右/左ハンドル。価格は消費税込み

新型「M3/M4」には、新開発の3L直列6気筒ツインターボエンジンを採用。「M4」は480ps/550Nmを、「M3コンペティション」と「M4コンペティション」は510ps/650Nmを引き出す。トランスミッションは、8速ATの「Mステップトロニック」(M4は6速MT)を組み合わせる。0-100km/h加速タイム(欧州仕様値)は、「M3/M4コンペティション」がいずれも3.9秒、M4が4.2秒をマークする。車両重量はM3コンペティションが1740kg、M4が1710kg、M4コンペティションが1730kg。

ボディ含めて、ドライブトレインを構成する各種パーツにはアルミニウムを多用することで軽量化をはかり、運動性能を高めている。さらに、Mアダプティブ・サスペンションを標準装備し、スポーツドライビングのみならず、街中走行時の乗り心地向上も実現している。

ハイパフォーマンスエンジンに対応するべく、ブレーキ性能も高い。サーキットトラックなどでよりハードな走行を可能とするため、耐熱、耐フェード性能に優れた大径ブレーキディスク、軽量化された6ポッドMコンパウンドブレーキを標準装備。さらに耐摩耗性能、耐熱性能をより高めたMカーボンセラミックブレーキをオプション設定している。ホイールサイズはいずれもフロントが18インチ(タイヤサイズは275/40ZR18)、リヤが19インチ(同285/35ZR19)だ。

M3/M4コンペティションに設定された「トラックパッケージ」は、運動性能をより高めるため、先進安全機能を装備しないことで約25kgの軽量化を実現。一方で、Mドライバー・パッケージ、Mカーボンセラミックブレーキ、Mカーボンバケットシート、Mドライバー・パッケージ等が標準装備され、よりサーキット走行を意識したモデルに仕立てられている。




エクステリアは迫力ある縦型の大型キドニーグリルを採用し、水平方向にはダブルバーを採用。大出力にあわせエンジンの冷却性能を高めるために大型のエアインテークを採用することで、他のモデルとは一線を画した存在感を放つ。サイドデザインにおいては、Mモデル専用となるサイドギル、ドアミラー、そしてダウンフォース性能を得るためのリヤスポイラーを標準装備。リアデザインにおいては、迫力のあるMスポーツエキゾースト、空力特性を高めるためのディフューザー、さらにトレッドをワイドにすることで、後ろ姿からもハイパフォーマンスモデルであることを主張している。

日本仕様のボディサイズは、M3コンペティションが全長4805×全幅1905×全高1435mm、「M4/M4コンペティション」が全長4805×全幅1885×全高1395mm。ホイールベースはいずれも2855mmだ。

インテリアデザインにおいては、Mスポーツシートのほか、Mロゴが輝くドアシル、Mモデル専用にデザインされたメーターパネル、M専用ステアリングホイールを採用することで、キャビンにいても高揚感の高まるドライビングフィールが感じられる。なおシートは、よりスポーツ走行に適したMカーボンバケットシートがオプションとして用意されている。




このたび発表されたM3/M4には、アクティブクルーズコントロールやレーンチェンジウォーニングを始めとする先進安全運転支援機能で構成する「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」や「パーキングアシスタント」を標準装備するほか、高速道路の渋滞時にドライバーの疲労軽減に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」、AI技術を活用した音声認識機能「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」、さらに先進のコネクテッド技術を用いた「BMWコネクテッド・ドライブ」が採用されている。



おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します