サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【短距離の純EVとしては優秀】メルセデス・ベンツA 250e AMGラインへ試乗 前編

ここから本文です

【短距離の純EVとしては優秀】メルセデス・ベンツA 250e AMGラインへ試乗 前編

PHEVモデルを増やすメルセデス・ベンツ

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)

【画像】A250e ゴルフとミニのPHEVも 全146枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


近年のメルセデス・ベンツは、動きが急進的に感じられる。多くのプレミアムブランドの場合、プラグイン・ハイブリッドのラインナップはまだ数モデルに留まる。一方でシュツットガルトからは、すでに二桁に迫る台数が提供されている。

この数字は、サルーンやハッチバック、エステート、クーペといったボディタイプを区別していない。もし分けて数えれば、さらに増える。

メルセデス・ベンツCクラスはもちろん、EクラスとSクラス、SUVのGLCとGLEにもPHEV版が存在する。そして、コンパクトハッチバックのAクラスにも追加された。

PHEVは英国でも税金面で有利で、会社からの貸与車両などにも適している。メルセデス・ベンツは、EQパワーというサブブランド名を与え、差別化も図っている。電動化技術の増殖計画は、順調に進んでいるようだ。

そんなメルセデス・ベンツ製PHEVモデルとして、最も小さく手に届きやすいクルマが、このA 250e。基本的には、比較的大きな15.6kWhのリチウムイオン・バッテリーをフロア下に搭載した、Aクラスだ。CO2の排出量はわずか26g/kmで、EVモードでの航続距離は70kmとなっている。

英国でのエントリーグレードの価格は、3万3000ポンド(435万円)以下。会社からの貸与車両として受け取ったドライバーは、車両価格分の税金控除を受けることができる。

1.3L 4気筒ターボガソリンに電気モーター

英国で会社の貸与車両を利用する社員は、フォード・フィエスタのローエンドモデルに乗る月額負担のおよそ半額で、A 250eに乗れる計算になる。もっとも、ハイブリッド化されていないフィエスタを、長期所有する企業も少ないとは思うが。

Aクラスのプラグイン・ハイブリッド、A250eには、5ドア・ハッチバックと4ドア・サルーンの両方が用意される。広い車内を持つBクラスにも、同じパワートレインでPHEVが投入される見込み。

エンジンは、ルノー・日産・三菱アライアンスとの共同で開発した、1.3Lの4気筒ターボガソリン。トランスミッションは8速デュアルクラッチATで、前輪を駆動する。

AUTOCARは2019年末に一度プロトタイプの試乗をしているが、PHEVとして、A 250eは特に洗練されたモデルだという印象は受けなかった。それは、英国での量産版の試乗でも同じだった。

エンジンと電気モーターを組み合わせたパワートレインを採用するクルマの場合、ドライビング体験が冴えないことが多い、という前提がある。それでもA 250eは、ほかのPHEVと比べて、気になる部分が少なくない。メルセデス・ベンツというブランドとして、プレミアムな質感も物足りないと感じた。

少なくとも、EVモードで運転するA 250eは素晴らしい。EVモードでの航続距離はWLTP値で70kmだから、多くのライバルより長い。実際に様々な条件を複合した今回の試乗では、50kmほどの距離は得られていた。

運転しやすく活発に走るEVモード

A 250eは、最大7.4kWの容量で充電が可能で、多くのPHEVの倍のスピードで電気を蓄えられる。一般的な7ピンのAC充電器を用いても、2時間以内に完了できる。目的地で買い物や会議を済ませている間に、バッテリーの充電も終わらせることができる。

自宅に充電器がある場合、2・3週間くらいなら、ガソリンを燃やさずにA 250eを運転することも難しくないだろう。すべてのPHEVが、それを可能とするわけではない。

しかもA 250eは、EVモード時の運転のしやすさや活発な走りでも秀でている。ハイブリッド・モードなら、0-100km/h加速を7秒未満でこなすが、EVモードでもガソリンを一滴も燃やさずに、13秒未満で加速できる。

電気モーターはトルクが太く、トランスミッションの手前側に取り付けられている。流れの速い郊外の一般道だけでなく、高速道路でもモーターの回転数を低く抑えられる。EVモードでの動的性能に幅が生まれると同時に、エンジンの始動を極力不要としている。

メルセデス・ベンツの純EV、EQCと同様に、メルセデス・ベンツA 250eもシフトパドルを弾くことで、エネルギー回生量の調整ができる。右側のシフトパドルを長く押していると、コースティング・モードの選択も可能。アクセルペダルから足を放しても、回生ブレーキは効かず、惰性で走行できる。

左側のパドルを何度かはじき、回生量を最大にすれば、ワンペダル・ドライブが可能となる。デフォルトでは、エネルギーの回生はオート・モードでの発進となる。

この続きは後編にて。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します