現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【このプジョーRCZなんぼ?】というか、そもそもこのRCZ 16Vターボってなんだったっけ? スタイリッシュなプジョークーペ?

ここから本文です

【このプジョーRCZなんぼ?】というか、そもそもこのRCZ 16Vターボってなんだったっけ? スタイリッシュなプジョークーペ?

掲載 1
【このプジョーRCZなんぼ?】というか、そもそもこのRCZ 16Vターボってなんだったっけ? スタイリッシュなプジョークーペ?

プジョーRCZ 16Vターボ(2011)。滑らかなラインとパワフルなターボエンジンが印象的なプジョーRCZ。2011年モデルがeBayで、11,500ユーロ(約185万円)で売りに出されている。

プジョーは2010年秋に「RCZ」を発表した。このクーペは、「プジョー308」をベースにしている。2015年まで、「プジョーRCZ」はドイツで顧客を探し、「アウディTT」、「ポルシェ ケイマン」、「日産370Z」などの領土で密猟した。

【クラシック オブ ザ デイ】一貫してエアロダイナミクスにこだわって設計された5代目トヨタ製クーペ セリカ ターボとは?

2011年製の「プジョーRCZ 16Vターボ」がeBayで11,500ユーロ(約185万円)で販売されている。

現在のオーナーは、この車を手つかずの無事故車だと宣伝している。ボンネットの下には、156馬力)のターボガソリンエンジンが搭載されている。スピードメーターは走行距離89,000kmを示している。

クーペには運転席、助手席、サイドエアバッグなどが装備されている。このプジョーは、アルミニウム製ルーフアーチ(グロスブラック)、クロームメッキのラジエーターグリル、エキゾーストトリム、アルミホイール、ボディカラーに塗装されたバンパーで外観を飾っている。

このプジョーRCZのコックピットには、アルミニウムペダル、アルミニウムドアシル、WIPサウンドオーディオシステム(MP3機能付きラジオ/CDプレーヤー)、レザースポーツシートが装備されている。インテリアでは、デュアルゾーンエアコンディショナー、レザースポーツシート、SOSボタン付きプジョーコネクトボックス(緊急通報装置)、レザースポーツステアリングホイールなどが装備されている。

AUTO BILDのテストによる加速値も印象的で、0-100km/h加速7.8秒は、このパフォーマンスクラスでは立派な値である。

大林晃平:「プジョーRCZ」が生まれてからもう15年も経つのかぁ・・・と改めて思う。「プジョーRCZ」は当時の「308」をベースに開発され(コンセプトモデルの時は正直に?「308RCZ」という正式名称を持っていた)、生産も含めてオーストリアのグラーツにあるマグナシュタイアが担当した。ということはフランス車ではなく、オーストリア車なのだが、今やこういう風に開発も生産もマグナシュタイアやコンチネンタルやボッシュに委託(丸投げ)する例は多く、メルセデス・ベンツ ゲレンデヴァーゲンは有名な例だし、BMWのいくつかのモデルなどもそうだ。

「プジョーRCZ」はプジョーとしては初めて「ゼロ」をはさんだネーミング、(106だとか205とか405とか504)を捨て、「RCZ」というローマ字3文字だけの名前を与えられて2010年に生産が開始された。

開発陣の頭の中に「アウディTT」があったことはもう間違いなく、バブルルーフのアーチ部分などを見ると、あれにしたかったのだなぁという思いを自然と抱いてしまう。

そんな「RCZ」だが、日本に導入された当時、数々のメディアの評価は、乗り心地が悪い、オートマチックトランスミッションがバカ、なんだかよくわからない、などなど実に辛辣で、プジョーが大好きな僕も、これは選ばないなぁという(申し訳ない)一台であった。

後期モデルでは乗り心地の悪さはかなり改良されたと聞くが、結局2015年に30台のファイナルエディションファイナルエディションが日本で発売されて終了となった。

令和6年3月22日現在、日本では81台(けっこう多い)の中古車が流通中。程度にもよるが100万円から150万円もあれば購入できる。個人的には直4ターボディーゼルエンジン(6MT)のモデルが希望だが、残念ながら日本には未導入だ。

Text: Thomas ArndtPhoto: catkarlo / eBay

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

キャデラック「高級オープンカー」 シートに "木" 使用 50年代カラーの電動2+2「ソレイ」限定生産か
キャデラック「高級オープンカー」 シートに "木" 使用 50年代カラーの電動2+2「ソレイ」限定生産か
AUTOCAR JAPAN
MT採用! スバル「最新4ドアセダン」公開! 約860万円の右ハンドル「WRX」インドネシアに存在も“日本にはない”理由とは?
MT採用! スバル「最新4ドアセダン」公開! 約860万円の右ハンドル「WRX」インドネシアに存在も“日本にはない”理由とは?
くるまのニュース
超コンパクトな都市型2人乗りスポーツカー、復活か スマート「ロードスター」後継車開発を検討中
超コンパクトな都市型2人乗りスポーツカー、復活か スマート「ロードスター」後継車開発を検討中
AUTOCAR JAPAN
驚きの620馬力! マツダ「FC3S RX-7」を4ローター化…懐かしいノーマルルックチューンドカーのエンジンの秘密とは
驚きの620馬力! マツダ「FC3S RX-7」を4ローター化…懐かしいノーマルルックチューンドカーのエンジンの秘密とは
Auto Messe Web
人気者の予感あり「スズキ フロンクス(SUZUKI FRONX)」プロトタイプのインプレッション
人気者の予感あり「スズキ フロンクス(SUZUKI FRONX)」プロトタイプのインプレッション
AutoBild Japan
アドバンテッジなど、古河電池を400億円で買収 鉛電池強化へエナジーウィズと統合
アドバンテッジなど、古河電池を400億円で買収 鉛電池強化へエナジーウィズと統合
日刊自動車新聞
日産新型「NISMO」初公開! “スゴい4WD”初搭載で走行性能が大幅アップ! 新型「オーラNISMO」従来モデルと何が違う?
日産新型「NISMO」初公開! “スゴい4WD”初搭載で走行性能が大幅アップ! 新型「オーラNISMO」従来モデルと何が違う?
くるまのニュース
スマートがインドネシア市場に再進出、電動SUVを年内に発売へ…GIIAS 2024
スマートがインドネシア市場に再進出、電動SUVを年内に発売へ…GIIAS 2024
レスポンス
【あなたは大丈夫?】 家の「駐車スロープ」は違反? 全国で見られる行為だが…ダメな理由は? 自治体も警告
【あなたは大丈夫?】 家の「駐車スロープ」は違反? 全国で見られる行為だが…ダメな理由は? 自治体も警告
くるまのニュース
日本製鉄、中国・宝山と合弁解消、EV台頭で日本車苦戦、鋼板訴訟も区切り[新聞ウォッチ]
日本製鉄、中国・宝山と合弁解消、EV台頭で日本車苦戦、鋼板訴訟も区切り[新聞ウォッチ]
レスポンス
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
レスポンス
トヨタの「V8」が終了!? でもMTは継続! 最新型「ランドクルーザー70」搭載の一部エンジンが豪州で終了へ
トヨタの「V8」が終了!? でもMTは継続! 最新型「ランドクルーザー70」搭載の一部エンジンが豪州で終了へ
くるまのニュース
激レア「UFO型信号機」突然の消滅に惜しむ声「一度見たかった」「残念」なぜいま急に? 保存先は? 宮城県警に聞いてみた
激レア「UFO型信号機」突然の消滅に惜しむ声「一度見たかった」「残念」なぜいま急に? 保存先は? 宮城県警に聞いてみた
くるまのニュース
クライマックスを飾る555台の限定車 ドゥカティ「パニガーレV2スーパークアドロ・ファイナル・エディション」発表
クライマックスを飾る555台の限定車 ドゥカティ「パニガーレV2スーパークアドロ・ファイナル・エディション」発表
バイクのニュース
いまや貴重なコンパクトセダン! トヨタ・カローラセダンとは
いまや貴重なコンパクトセダン! トヨタ・カローラセダンとは
WEB CARTOP
【最新モデルガイド】ベストセラーSUV、VW T-Crossがよりポップに便利に進化した!
【最新モデルガイド】ベストセラーSUV、VW T-Crossがよりポップに便利に進化した!
カー・アンド・ドライバー
アウトドア好き垂涎!焚火グッズを詰め込んだアウトドアキットボックス、ルノー・ジャポンから数量限定で登場!
アウトドア好き垂涎!焚火グッズを詰め込んだアウトドアキットボックス、ルノー・ジャポンから数量限定で登場!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダ・WR-V vs ライバル比較《ヤリスクロス/ライズ&ロッキー》
ホンダ・WR-V vs ライバル比較《ヤリスクロス/ライズ&ロッキー》
グーネット

みんなのコメント

1件
  • dje********
    勝手にアウレディZなんてあだ名つけました笑
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

412.0550.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.0375.9万円

中古車を検索
RCZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

412.0550.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.0375.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村