現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ日産はワゴンから撤退? ノートやセレナじゃ代わりにならない現状とは

ここから本文です

なぜ日産はワゴンから撤退? ノートやセレナじゃ代わりにならない現状とは

掲載 更新 29
なぜ日産はワゴンから撤退? ノートやセレナじゃ代わりにならない現状とは

■かつて多くのワゴン車をラインナップしていた日産 現在は?

 クロスオーバーSUVが大ブームを巻き起こしている現在ですが、その一方でどんどん姿を消しているボディタイプが存在しています。それがステーションワゴンです。

まるで国産ポルシェ!? 日産「ノート」4WDが凄すぎる! その実力とは

 一時期はどのメーカーもラインナップしていたステーションワゴンでしたが、現在の国産メーカーのラインナップをみると、トヨタ「カローラツーリング」「カローラフィールダー」、ホンダ「シャトル」、マツダ「マツダ6ワゴン」、スバル「レヴォーグ」のみと、かつてに比べると国産ワゴンが数を減らしていることがわかります。

 国産メーカーのなかでも、一時期は多くのステーションワゴンをラインナップしていたのが日産です。

 日産は、「ウイングロード」や「ステージア」「アベニール」といったワゴン専用車だけでなく、「マーチ」「サニー」「セドリック/グロリア」「ブルーバード」「プリメーラ」「セフィーロ」「スカイライン」など、日産を代表する数々のモデルにワゴンボディを用意していました。

 しかし、2018年にウイングロードが消滅して以降、ステーションワゴンが新たにラインナップに加わることもなく、現段階では新型ワゴンが登場するウワサすらありません。

 ステーションワゴンから撤退した経緯について、日産は次のようにいいます。

「ステーションワゴン市場の需要減少に伴い、日産のステーションワゴンへのニーズも減りました。これを受けて現在は、コンパクトカー、ミニバン、SUVなど、お客さまからの需要が高いモデルを中心に日産ならではの先進技術を搭載し、ラインナップを揃えております。

 またカーボンニュートラルに向け、電気自動車のパイオニアである日産ならではの電動化(EV、e-POWER)へシフトを図っております」

 つまり、日産のステーションワゴンが消滅してしまったのは純粋に需要が減少してしまったからであり、日産ならではの電動化技術もまずは需要の高いボディタイプからラインナップを充実させていくのが先決ということです。

 裏を返せば、ステーションワゴンの需要が高まれば、EVやe-POWERを搭載したモデルも登場する可能性ゼロではないということ。ワゴン好きユーザーにとっては一縷の望みが見えてきたともいえます。

■日産ディーラーではワゴンユーザーのつなぎ止めに苦慮

 一方、日産車を販売するディーラーに話を聞くと違った側面が見えてきました。

「現在、ステーションワゴンにお乗りのお客さまに乗り換えの提案をするとき、ニーズにマッチした車種を提案できない点は辛いところです。

 ウイングロードのお客さまには『ノート』を提案させていただいていますが、やはりどうしても荷室が短い点がネックになってしまいます。

 ミドルクラスやラージクラスのワゴンをお使いのお客さまには、以前は『ラフェスタ』などを提案していましたが、ラフェスタも消滅してしまいました。

『セレナ』などのミニバンを提案していますが、こちらも正直難しいところです」

 日産ディーラーではステーションワゴンにこだわりのあるユーザーへの提案に苦労していることが分かりました。

 また、ユーザーのなかには他メーカーに乗り換えてしまった人や、中古の輸入ステーションワゴンを購入した人もいるそうで、ディーラーは顧客の繋ぎ止めに苦慮している様子がうかがえます。

 ステーションワゴンのラインナップがないという点は、販売現場には少なからず影響を及ぼしているようです。

※ ※ ※

 現在はクロスオーバーSUV人気に押され気味のステーションワゴンではありますが、セダン並みの走り味と広い荷室を併せ持つという魅力はまだまだ色あせるものではありません。

 いつの日か、また日産のステーションワゴンが登場する日を期待したいところです。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

今季ここまで7勝も連敗中……フェルスタッペン「僕らにはまだまだやるべきことがある」
今季ここまで7勝も連敗中……フェルスタッペン「僕らにはまだまだやるべきことがある」
motorsport.com 日本版
バーグマンストリート 125EXを購入するなら今! スズキが純正トップケース購入サポートキャンペーンを実施
バーグマンストリート 125EXを購入するなら今! スズキが純正トップケース購入サポートキャンペーンを実施
バイクのニュース
「言うな!」妻に内緒でトヨタ新型「ランクル250」購入!? 極楽とんぼ「山本圭壱」の“ヒミツ”をスタッフが暴露
「言うな!」妻に内緒でトヨタ新型「ランクル250」購入!? 極楽とんぼ「山本圭壱」の“ヒミツ”をスタッフが暴露
くるまのニュース
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
AUTOCAR JAPAN
LINEヤフー、音声生成AI搭載の「Yahoo!カーナビ」提供開始
LINEヤフー、音声生成AI搭載の「Yahoo!カーナビ」提供開始
レスポンス
スムーズで一気にトップエンドまで回る直6エンジン! 私は「2800CS」でBMW党になりました【クルマ昔噺】
スムーズで一気にトップエンドまで回る直6エンジン! 私は「2800CS」でBMW党になりました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
スズキが10年先を見据えた技術戦略を発表。5つの柱を具体例も合わせて紹介
スズキが10年先を見据えた技術戦略を発表。5つの柱を具体例も合わせて紹介
Webモーターマガジン
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
月刊自家用車WEB
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
レスポンス
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
くるまのニュース
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
くるくら
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
レスポンス
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
くるまのニュース
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
レスポンス
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ベストカーWeb
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
WEB CARTOP
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
乗りものニュース
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

29件
  • 視点が高いということが利点であるとして、SUVがステーションワゴンより優れるのは、それくらいのものだろう。その他の走り、乗り心地、積載性、燃費などはステーションワゴンが有利だと思う。
  • 需要がないから作らない、はただの詭弁であり、メーカーの怠慢でもあると思う。

    現にカローラではセダン、ワゴン、5ドアハッチバックをラインナップし、その中でもワゴンである『ツーリング』がよく売れている。

    スバルのレヴォーグもそれなりに販売が好調であり、決してステーションワゴンが敬遠されているわけではない。

    ウイングロードだって、ちゃんと正常進化させて商品の魅力をアップする、もしくはせめてキープする努力を怠らなければ、潜在的な需要を掘り起こしたり乗り換えの促進もできたかもしれない。

    売れない理由を『買わない顧客』のせいにするのは単なる責任転嫁で、ユーザーをバカにしているとしか思えない。

    本当に良いものならば、そちらが売ろうとしなくてもこちらから買いに行く。

    そういう車を作る努力をもっとしてください、今後の日産に期待しています。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.6237.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9115.0万円

中古車を検索
ウイングロードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.6237.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9115.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村