サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ日産はワゴンから撤退? ノートやセレナじゃ代わりにならない現状とは

ここから本文です

なぜ日産はワゴンから撤退? ノートやセレナじゃ代わりにならない現状とは

■かつて多くのワゴン車をラインナップしていた日産 現在は?

 クロスオーバーSUVが大ブームを巻き起こしている現在ですが、その一方でどんどん姿を消しているボディタイプが存在しています。それがステーションワゴンです。

まるで国産ポルシェ!? 日産「ノート」4WDが凄すぎる! その実力とは

 一時期はどのメーカーもラインナップしていたステーションワゴンでしたが、現在の国産メーカーのラインナップをみると、トヨタ「カローラツーリング」「カローラフィールダー」、ホンダ「シャトル」、マツダ「マツダ6ワゴン」、スバル「レヴォーグ」のみと、かつてに比べると国産ワゴンが数を減らしていることがわかります。

 国産メーカーのなかでも、一時期は多くのステーションワゴンをラインナップしていたのが日産です。

 日産は、「ウイングロード」や「ステージア」「アベニール」といったワゴン専用車だけでなく、「マーチ」「サニー」「セドリック/グロリア」「ブルーバード」「プリメーラ」「セフィーロ」「スカイライン」など、日産を代表する数々のモデルにワゴンボディを用意していました。

 しかし、2018年にウイングロードが消滅して以降、ステーションワゴンが新たにラインナップに加わることもなく、現段階では新型ワゴンが登場するウワサすらありません。

 ステーションワゴンから撤退した経緯について、日産は次のようにいいます。

「ステーションワゴン市場の需要減少に伴い、日産のステーションワゴンへのニーズも減りました。これを受けて現在は、コンパクトカー、ミニバン、SUVなど、お客さまからの需要が高いモデルを中心に日産ならではの先進技術を搭載し、ラインナップを揃えております。

 またカーボンニュートラルに向け、電気自動車のパイオニアである日産ならではの電動化(EV、e-POWER)へシフトを図っております」

 つまり、日産のステーションワゴンが消滅してしまったのは純粋に需要が減少してしまったからであり、日産ならではの電動化技術もまずは需要の高いボディタイプからラインナップを充実させていくのが先決ということです。

 裏を返せば、ステーションワゴンの需要が高まれば、EVやe-POWERを搭載したモデルも登場する可能性ゼロではないということ。ワゴン好きユーザーにとっては一縷の望みが見えてきたともいえます。

■日産ディーラーではワゴンユーザーのつなぎ止めに苦慮

 一方、日産車を販売するディーラーに話を聞くと違った側面が見えてきました。

「現在、ステーションワゴンにお乗りのお客さまに乗り換えの提案をするとき、ニーズにマッチした車種を提案できない点は辛いところです。

 ウイングロードのお客さまには『ノート』を提案させていただいていますが、やはりどうしても荷室が短い点がネックになってしまいます。

 ミドルクラスやラージクラスのワゴンをお使いのお客さまには、以前は『ラフェスタ』などを提案していましたが、ラフェスタも消滅してしまいました。

『セレナ』などのミニバンを提案していますが、こちらも正直難しいところです」

 日産ディーラーではステーションワゴンにこだわりのあるユーザーへの提案に苦労していることが分かりました。

 また、ユーザーのなかには他メーカーに乗り換えてしまった人や、中古の輸入ステーションワゴンを購入した人もいるそうで、ディーラーは顧客の繋ぎ止めに苦慮している様子がうかがえます。

 ステーションワゴンのラインナップがないという点は、販売現場には少なからず影響を及ぼしているようです。

※ ※ ※

 現在はクロスオーバーSUV人気に押され気味のステーションワゴンではありますが、セダン並みの走り味と広い荷室を併せ持つという魅力はまだまだ色あせるものではありません。

 いつの日か、また日産のステーションワゴンが登場する日を期待したいところです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します