現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【BMW2024への期待値】「操る喜びを味わえるニューモデルから今後が期待できるコンセプトモデルまで登場」

ここから本文です

【BMW2024への期待値】「操る喜びを味わえるニューモデルから今後が期待できるコンセプトモデルまで登場」

掲載 12
【BMW2024への期待値】「操る喜びを味わえるニューモデルから今後が期待できるコンセプトモデルまで登場」

走る楽しさや操る喜びを味わえるスポーツモデルを多数ラインナップするBMW。2023年2月に発表、導入されたM2はその頂点と言っても良いだろう。ツーリングとクーペのクロスオーバーとなる新種誕生も待ち遠しい。(Motor Magazine2023年9月号より)

BMWらしい操る楽しさが満喫できる、Mの真骨頂
いまBMWで一番ホットなスポーツモデルと言えば、2世代目に進化したばかりのM2(2023年2月27日 日本発売)だろう。Mで一番コンパクトなモデルになるが、M3、M4と共通のBMW M社が開発したS58B30エンジンを搭載し、本物のハイパフォーマンスカーとして仕上げられている。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

パワートレーンだけでなく左右に張り出したタイヤを覆う前後のオーバーフェンダーが、外観からも本格的なサーキット用のマシンであることをアピールしている。

装備もM3/M4に準じ、ハンドルの赤いM1、M22ボタンでエンジン、サスペンション、ハンドル、ブレーキ、Mデファレンシャルの設定などプリセットしたものを呼び出すことができる。

8速ATの2ペダルドライブもいいのだが、6速MTも選べるところがマニアの心を掴む。単に加速だけならATの方が速いが、このクラスで唯一の後輪駆動とMTという貴重な組み合わせで、自分で操る歓びを永く楽しんでもらいたい。

軽量化に加えて、エンジンも51psパワーアップ
限定モデルとして、M3セダンには世界限定1500台、日本市場へは30台の割り当てで抽選販売されるM3CSも登場した。

先に限定販売されたM4CLSは徹底した軽量化で1630kgまでダイエットしたが、M3CSはM33コンペティションM xドライブをベースに20kg 軽量化され、1840kg0、エンジンは41㎰ のパワーアップで551ps になったモデルだ。車重はそこそこあるが4WDDのおかげで0→100km /h加速は3.4秒と俊足だ。

M3CSは残念ながらすでに抽選販売も終わり、当選者はデリバリーを待っている段階だ。

BMW M2主要諸元
●全長×全幅×全高:4580×1885×1410mm
●ホイールベース:2745mm
●車両重量:1710/1730kg
●エンジン:直6DOHCツインターボ
●総排気量:2992cc
●最高出力:338kW(460ps)/6250pm
●最大トルク:550Nm/2650-5870rpm
●トランスミッション:6速MT/8速AT
●駆動方式:FR

BMW M3 CS主要諸元
●全長×全幅×全高:4795×1918×1444mm
●ホイールベース:2857mm
●車両重量:1840kg
●エンジン:直6DOHCツインターボ
●総排気量:2993cc
●最高出力:405kW(551ps)/6250pm
●最大トルク:650Nm/2750-5950rpm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:4WD

次期Z4のベースデザインは「コンセプト ツーリングクーペ」か
イタリア北部のコモ湖にあるホテル、ヴィラ・デステで開催されたクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2023」の会場で発表された「BMWコンセプトツー リングクーペ」にも注目したい。ロングノーズ、ショートデッキのスタイルはFRを基本にするBMWらしいシルエットといえる。

2ドア、ハッチバックのスポーツカーといえば、1939年のル・マンにおいて2Lクラスで優勝、翌1940年のミッレ・ミリアで総合優勝するなど、数多くのレースで優勝を重ねた「BMW328ツーリングクーペ」を思い出す。

このイメージは02シリーズのシューティングブレイクにも通じるもので、遊び道具を載せてグランドツーリングができるクルマだ。優雅さがあり、豪華で、スポーティさも兼ね備えている。

ツーリングクーペでもう1台思い出すのはZ3クーペだ。Z3ロードスターが市販され、それをベースにBMW MM社のデザイナーがクーペを作った。これがユニークなデザインで注目を浴び、今でも熱烈なファンがいる。Mロードスター、MクーペといえばZ3ベースのロードスターとクーペのシャシを補強して直列6気筒のMのエンジンを搭載したモデルだ。

そうした背景を考えると、次期Z4はこの「BMWコンセプト ツーリングクーペ」をベースにしたデザインになる可能性が高い。(文:こもだきよし/写真:BMW AG)

[ アルバム : ブランド別スポーツカー動向<BMW> はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

12件
  • rav********
    z4クーペはアンバランス感が絶妙でカッコいいと思う。
  • sfx********
    Z3クーペ再びって感じかな。
    Z4クーペはクーペっぽさがあったけどZ3クーペみたいに不人気により販売台数が少なく絶版になると中古が爆上がりのパターンもトレースしそう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村