サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトンのF1アメリカGP予選アタック不発、原因は”スイッチガードが外れた”ステアリング

ここから本文です

 メルセデスは、ルイス・ハミルトン車のステアリングホイールのスイッチガードが外れていたため、エンジンブレーキの設定が意図せず変更され、アメリカGPの予選アタックに影響が出てしまったと明かした。

 アメリカGPの予選では、バルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得したが、ハミルトンはQ3最初のアタックでマシンのフィーリングに不満を抱き、0.292秒差の5番手に終わった。

【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

 ハミルトンのアタックが不発に終わった理由は、彼がアタックを終えてガレージに戻った時に明らかとなったようだ。