サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 怒濤EICMA・XTにはクルーズコントロールも。V-STROM1050を解析

ここから本文です

怒濤EICMA・XTにはクルーズコントロールも。V-STROM1050を解析

EICMAにてアンベールされたSUZUKIのアドベンチャーツアラーV-STROM1050/XT。そのスタイルが1988年に発売されたDR750Sをモチーフにしていることはすでに速報でお届けした通りだが、ではその性能はどうなのだろうか。

[ アルバム : EICMA撮り下ろし! はオリジナルサイトでご覧ください ]

アストンマーティンが発表したバイクがスゴすぎた!

電子機能満載のハイテクマシン
開発コンセプトは「The Master of Adventure(冒険の達人)」。街中から高速道路を抜け、山岳地帯のワインディングまであらゆる場面で快適に走りを楽しむことができる、まさにスポーツアドベンチャーツアラーだ。

搭載している水冷Vツインエンジンの排気量は1037cc。実は現在日本で発売しているV-STROM1000の排気量は1036ccあるので、その差はわずか1cc。電子制御スロットルを採用し、吸排気のタイミングを調整することで出力を向上させている。当然、2020年1月からヨーロッパで始まる排ガス規制ユーロ5に適合している。

また、3段階からレベルを選択可能なトラクションコントロールや、シーンに合わせてエンジン特性を変更できるS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を採用。

シートはセパレート式に変更されスタイリッシュに。

XTにはクルーズコントロールつき!!
スポークホイールを装備し、ナックルカバーやアルミ製アンダーカバーなどを装着したV-STROM1050 XTにはファン待望のクルーズコントロールがついた。さらにヒルホールドコントロール機能も追加され、坂道発進のストレスを解消。重量のあるリッターマシンには嬉しい機能だ。

モニターもフル液晶モニター化され、ライダーがコクピットから得られる情報量も増えている。

従来モデルでは工具が必要だったスクリーンの調整もバックルを緩めることで動かすことができるように。さらに大きく変更されたヘッドライトの形状。どこかで見覚えが…そう、今年リリースされてオンロード界で話題沸騰の新型KATANAのヘッドライトが採用されている。


そしてこちらのV-STROM1050/XTは11月10日にスズキ本社にて開催されるV-STROMミーティングで国内初お披露目の予定とのこと!

[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します