サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:トヨタ、第1戦モンテカルロのシェイクダウンで最速。オジエ「ここまですべて順調」

ここから本文です

WRC:トヨタ、第1戦モンテカルロのシェイクダウンで最速。オジエ「ここまですべて順調」

WRC:トヨタ、第1戦モンテカルロのシェイクダウンで最速。オジエ「ここまですべて順調」

 1月22日に行われた2020年WRC第1戦モンテカルロのシェイクダウン。今シーズンはセバスチャン・オジエ、エルフィン・エバンス、カッレ・ロバンペラの3名にトヨタ・ヤリスWRCを託すTOYOTA GAZOO Racing WRTは、オジエが最速タイムを刻んだほか、エバンスもシェイクダウン3番手で続いた。

 1月23日にモナコ公国内でセレモニアルスタートが行われて開幕する2020年のWRC第1戦モンテカルロ。大会開幕前に走行できる最後のチャンスとなるシェイクダウンは、現地22日の16時1分(日本時間23日0時1分)にフランス国内で行われた。

WRCモンテカルロ:トヨタのオジエがシェイクダウン最速。エバンスが0.6秒差の3番手

 全長3.35kmのターマック(舗装路)ステージで行われたシェイクダウンで、オジエは計3回のアタックを実施。このうち1回目のアタックで全体ベストとなる1分57秒1を刻んでみせた。

 エバンスとロバンペラは、ともに計4回シェイクダウンステージを走り、エバンスは2回目のアタックで1分57秒7のタイムを刻んでシェイクダウン3番手につけた。最速だったオジエとは0.6秒差、シェイクダウン2番手のティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)とは0.5秒差だ。

 2020年がWRC最上位クラスデビューイヤーとなるロバンペラは2回目の走行で記録した2分ちょうどが自己ベストタイム。シェイクダウン全体では7番手だった。

 チームのテクニカルディレクターを務めるトム・フォウラーは「新しいドライバーたちと最初のラリーに臨むにあたり、事前のテストですでに全員が満足できるセットアップを見つけていたから、シェイクダウンではあまり変更を加える必要はなかった」と明かす。

「モンテカルロの天気は予測が難しく、さまざまなコンディションに対応できるようにいくつかの異なるセッティングを用意した。そして、シェイクダウンではこの週末に遭遇し得るコンディションを予想し、少しセッティングを変えて走ったんだ」

「すべてがスムーズに進み、オジエは最初の走行でファステストタイムを刻んだ。シェイクダウンの結果をあまり重視するべきではないが、素晴らしい結果には違いない」

「その後、路面は泥が多く出てタイムは伸びなかったが、全員が自信を持つことができたから、いい走り出しになったと思う」

■オジエ「ラリー本番に向けて自信はあるが謙虚な姿勢で臨まなくては」
 フォルクスワーゲンの撤退以降、毎年チームを移籍しながらもチャンピオンを争っているオジエは「ここまでのところすべて順調で、自分が望むような走りができている」と自信をみせた。

「シェイクダウンの結果にあまり大きな意味はなく、一喜一憂するべきではないが、走りにリズムを感じられることはいいことだ。シーズンの開幕を前に、すでに十分な量のテストができている」

「もちろん、細かい部分に関してはさらに学ぶ必要があるけど、全体的にフィーリングはよく、テストでのいい感覚をシェイクダウンでもすぐに感じることができた」

「ラリー本番に向けて自信はあるが、シーズンのなかでも特にトリッキーなコンディションになりやすいラリーだから、謙虚な姿勢で臨まなくては」

 WRC最上位クラスに参戦して以来、初めてチームを移籍してきたエバンスは「初めてヤリスで臨んだシェイクダウンは、とてもいいフィーリングで走れた。クルマは本当に素晴らしく、今すぐに走りたいと思うほどだよ」とコメント。

 ロバンペラは「舗装路を走るのは1カ月ぶりだったから、1回目の走行は簡単ではなかったが、2回目以降はうまく走れたと思う。自分自身に関してまだ改善すべき点があるのは確かだけど、それでもいいフィーリングを感じているよ」とシェイクダウンをふり返った。

 このラリー・モンテカルロにはトヨタの若手ラリードライバー育成プログラム『TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラム』に参加中の勝田貴元もヤリスWRCで参戦している。勝田は計3回シェイクダウンステージを走り、2回目の走行で2分1秒9を記録、10番手でシェイクダウンを終えている。

 2020年のWRC第1戦モンテカルロは、現地23日17時(日本時間24日1時)にモナコ公国内でセレモニアルスタートが行われたあと、フランス山中を舞台としたSS1~2が行われる。

 SS1の走行開始は現地20時38分と日没後に設定されており、天候によっては路面が凍結する可能性もある。2SSを終えた後、選手たちはフランス・ギャップに設けられたサービスパークへ移動し、競技2日目の走行に備えることになる。

 SS1~2の合計走行距離は42.96km、リエゾン(移動区間)を含む1日全体の総走行距離は337.07kmだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します