現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 期待を込めた辛口評価 ホンダe:Ny1へ英国試乗 eより長い航続412km  目指すべき水準は上にある

ここから本文です
期待を込めた辛口評価 ホンダe:Ny1へ英国試乗 eより長い航続412km  目指すべき水準は上にある
写真を全て見る(3枚)

ホンダ製バッテリーEVの第2段

ホンダは、好印象なハッチバック、eでバッテリーEV時代への1歩を踏み出した。しかし航続距離がネックとなり、販売は低調。第2段となるe:Ny1は、より賢明なパッケージングにあり、掛かる期待も大きいはず。

【画像】目指すべき水準は上にある 新型 ホンダe:Ny1 競合クラスの電動SUVと比較 全153枚

このe:Ny1は、近年の主力カテゴリーといえるコンパクトSUVで、航続距離も長い。バッテリーEVの普及がひと足先に進む欧州市場では、商業的な変革をもたらすと考えられている。

ボディサイズは、ハイブリッドのホンダHR-V(ヴェゼル)とほぼ同じ。駆動用モーターがフロントに1基載る前輪駆動となる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
motorsport.com 日本版
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
バイクのニュース
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
レスポンス
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
AUTOSPORT web
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
motorsport.com 日本版
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
@DIME
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
VAGUE
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
くるまのニュース
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
Auto Messe Web
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
グーネット
ロールス・ロイスが最新作「アルカディア・ドロップテイル」を発表。かつてないラグジュアリーカーを具現化
ロールス・ロイスが最新作「アルカディア・ドロップテイル」を発表。かつてないラグジュアリーカーを具現化
Webモーターマガジン
ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
レスポンス
開幕戦圧勝のレッドブル「アドバンテージは見た目ほど大きくない」と主張。メルセデス代表は同意せず
開幕戦圧勝のレッドブル「アドバンテージは見た目ほど大きくない」と主張。メルセデス代表は同意せず
motorsport.com 日本版
走りを追求し尽くすとクルマはこうなる! タイプRの心臓をぶち込んだ公道を走れるフォーミュラ「アリエル・アトム」がスパルタンの極み
走りを追求し尽くすとクルマはこうなる! タイプRの心臓をぶち込んだ公道を走れるフォーミュラ「アリエル・アトム」がスパルタンの極み
WEB CARTOP
データシステム、クラウンセダン用TV-KITを発売
データシステム、クラウンセダン用TV-KITを発売
月刊自家用車WEB
充電サービスのテラチャージ、団地に充電器を初設置 出力3kWを3口
充電サービスのテラチャージ、団地に充電器を初設置 出力3kWを3口
日刊自動車新聞
35年ぶり復活! トヨタ新型「カクカク本格SUV」発売へ! レトロな「1958」もある「新ランクル」1000万円超えで加に登場
35年ぶり復活! トヨタ新型「カクカク本格SUV」発売へ! レトロな「1958」もある「新ランクル」1000万円超えで加に登場
くるまのニュース
決定的シーンを見逃さない! 世界初となる「マルチアングル配信」を2024年のスーパー耐久から導入決定
決定的シーンを見逃さない! 世界初となる「マルチアングル配信」を2024年のスーパー耐久から導入決定
WEB CARTOP

みんなのコメント

22件
  • sat********
    約814万円ってBYDの倍近いのでは。ホンダねぇ
  • takumagumo
    世界を席巻していた頃の日本車は「安いのに高性能」だった。
    このホンダ車は「高いのに低性能」。売れるわけがない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

563.7727.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

414.8785.0万円

中古車を検索
モデルYの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

563.7727.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

414.8785.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村