現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「高くても買う!」 古いトヨタ「AE86」まさかの水素&EVに改造!? 大胆すぎるカスタムの反響は?

ここから本文です

「高くても買う!」 古いトヨタ「AE86」まさかの水素&EVに改造!? 大胆すぎるカスタムの反響は?

掲載 14
「高くても買う!」 古いトヨタ「AE86」まさかの水素&EVに改造!? 大胆すぎるカスタムの反響は?

■旧車のハチロクを最新技術で大胆カスタム!?

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、東京オートサロン2023(2023年1月13日から15日に幕張メッセで開催)で「AE86(ハチロク)」のコンセプトカーを2台出展しました。
 
「トヨタはクルマ好きを誰ひとり置いていかない」をテーマとし、さらに「愛車を守るカーボンニュートラル」のコンセプトのもと具現化されたコンセプトカーとは、水素エンジン車「AE86 H2 コンセプト」とバッテリーEVに改造した「AE86 BEV コンセプト」です。

100万円台でトヨタの「後輪駆動」「MT」が買える!? 「現代版AE86」が実は存在していた!

 AE86とは、1983年に発売された「スプリンタートレノ/カローラレビン」の型式名です。AE86 H2 コンセプトは後期型のスプリンタートレノGTアペックス、AE86 BEV コンセプトは後期型カローラレビンGTアペックスをベースにカーボンニュートラル化が図られました。

 AE86 H2 コンセプトは、トヨタのFCV「MIRAI」の高圧水素タンクを後方に2本搭載。そのほかの変更点はインジェクター、フューエルデリバリーパイプ、プラグなどとし、改造規模を最小限にとどめています。

 一方のAE86 H2 コンセプトは、レクサスで培ってきた電動化技術を活用。AE86のボディや車重の軽さや、前後の重量バランスを極力維持しつつも、バッテリーEVの特徴である高い駆動力やMTの採用により、従来以上に走りの楽しさを感じられる車両を目指して開発されたといいます。

 また、「タンドラ」のHEV用のモーターや「プリウスPHEV」用のバッテリーなどを使用し、既販車の電動化技術が最大限生かされています。

 なお、両車ともにアフターパーツメーカーと一体となったカーボンニュートラルへの貢献を目指し、中古シートをリフレッシュしたリユースシート、リサイクル素材を使用したシートベルトやシートベルトパッドを採用しました。

 旧車に水素エンジンを搭載したりBEVに改造するという、前代未聞の大胆なカスタムを施した2台のコンセプトカーがSNSで話題となっています。

「4A-Gを水素で動くようにするのは本当に凄いな。そしてAE86をレストアしてるのも凄い夢あるな」「AE86を大胆にもEV仕様と水素仕様にしてしまう豊田社長の遊び心が素敵すぎます」「AE86の構造をほぼ変えずに水素エンジンとかEV化させるとかすごいことやってんなぁ」など、古いAE86を最新技術でよみがえらせたことを賞賛する投稿が見受けられました。

 また、「AE86が水素とEVでお披露目されたの凄かった。ああやって旧車をリノベーションしたら絶対売れる。値段高いのは百の承知だけど買いたくなる」「EV、水素のAE86市販化されるんかな」といった市販化を希望する声のほか、「AE86のEV車が成功したら、古いランクルベースにしたEVキット出しても人気出そう」と、ほかの車種への展開を望む人もいました。

※ ※ ※

 スプリンタートレノが水素エンジンで、カローラレビンをBEVに仕立てた理由は、「LEVEN」の文字に「EV」が含まれているからといいます。

 また、ボディサイドには、AE86 H2 コンセプトが「水素エンジン(実験用)」、AE86 BEV コンセプトが「電気じどう車(実験用)」というステッカーを貼付。

 クルマ漫画として絶大な人気を誇る「頭文字D(イニシャルD)」で、主人公の藤原拓海が家業の豆腐屋の配送の手伝いをするときに乗っていたスプリンタートレノに貼られた「藤原とうふ店(自家用)」を模したデザインを採用するなど、クルマ好きの心をくすぐるような演出も楽しめるコンセプトカーとなっています。

こんな記事も読まれています

サンコーがスマホ冷却ホルダーを発売…自転車・バイク搭載用
サンコーがスマホ冷却ホルダーを発売…自転車・バイク搭載用
レスポンス
グーマガ 今週のダイジェスト【6/15~6/21】フェラーリの新型車に注目!
グーマガ 今週のダイジェスト【6/15~6/21】フェラーリの新型車に注目!
グーネット
2026年PU開発が不調といわれるルノー&アルピーヌに不穏な動き。F1プロジェクトに関する見直しを検討か
2026年PU開発が不調といわれるルノー&アルピーヌに不穏な動き。F1プロジェクトに関する見直しを検討か
AUTOSPORT web
『スペーシア』でコンパクトな冒険を提案。スズキ、東京アウトドアショー2024出展概要を発表
『スペーシア』でコンパクトな冒険を提案。スズキ、東京アウトドアショー2024出展概要を発表
AUTOSPORT web
アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
レスポンス
ヒロミ&伊代もカンゲキ!? ド派手オレンジ×全長5m超え「三菱・トライトン」登場! 話題の動画にどんな反響あった?
ヒロミ&伊代もカンゲキ!? ド派手オレンジ×全長5m超え「三菱・トライトン」登場! 話題の動画にどんな反響あった?
くるまのニュース
観音開きのリアゲートを開ければピザ窯が登場!?  米国レクサスが高級家電メーカーとコラボした「モノグラムGX」に注目
観音開きのリアゲートを開ければピザ窯が登場!? 米国レクサスが高級家電メーカーとコラボした「モノグラムGX」に注目
VAGUE
【欧州で先行試乗】たゆまぬ進化がもたらす未来への予感 マクラーレン アルトゥーラ・スパイダー
【欧州で先行試乗】たゆまぬ進化がもたらす未来への予感 マクラーレン アルトゥーラ・スパイダー
AUTOCAR JAPAN
シトロエンの新型SUVに3列シートの7名乗りを設定…受注開始
シトロエンの新型SUVに3列シートの7名乗りを設定…受注開始
レスポンス
カイエンと暮らして実感したこと【九島辰也】
カイエンと暮らして実感したこと【九島辰也】
グーネット
6億円超えの「1800馬力V16NA」搭載!? 新型「ハイパーカー」世界初公開! 斬新“上開きドア”&すごいアナログメーター採用! 歴代初ハイブリッドの「ブガッティ」発表
6億円超えの「1800馬力V16NA」搭載!? 新型「ハイパーカー」世界初公開! 斬新“上開きドア”&すごいアナログメーター採用! 歴代初ハイブリッドの「ブガッティ」発表
くるまのニュース
フェラーリF1、カナダで起きたPUトラブルの解決策を見出す。ルクレールは「修正した」と懸念なし
フェラーリF1、カナダで起きたPUトラブルの解決策を見出す。ルクレールは「修正した」と懸念なし
AUTOSPORT web
[カーオーディオ 逸品探究]イタリア発ハイエンドブランド「クワトロリゴ」の旗艦スピーカー『OPUS』の魅力に迫る!
[カーオーディオ 逸品探究]イタリア発ハイエンドブランド「クワトロリゴ」の旗艦スピーカー『OPUS』の魅力に迫る!
レスポンス
トヨタ新型「カローラ」いつ登場!? 新パワートレイン搭載で「めちゃ燃費アップ」も? デビュー6年目の「超人気セダン&ワゴン」次期型どうなるのか
トヨタ新型「カローラ」いつ登場!? 新パワートレイン搭載で「めちゃ燃費アップ」も? デビュー6年目の「超人気セダン&ワゴン」次期型どうなるのか
くるまのニュース
進む高速料金所ETC専用化 NEXCO西日本と本四高速が車載器購入助成 7月22日から
進む高速料金所ETC専用化 NEXCO西日本と本四高速が車載器購入助成 7月22日から
バイクのニュース
BMW新型「X3」世界初公開!  第4世代に進化した世界で人気の“ミドルSUV”はどう変わった?
BMW新型「X3」世界初公開! 第4世代に進化した世界で人気の“ミドルSUV”はどう変わった?
VAGUE
40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! ブリッツのエアロキットに3アイテムが新登場
40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! ブリッツのエアロキットに3アイテムが新登場
レスポンス
真夏の旧車ライフは「電動クーラー」で問題解決!「510ブル」「縦目ベンツ」「ビートル」の装着例を紹介します
真夏の旧車ライフは「電動クーラー」で問題解決!「510ブル」「縦目ベンツ」「ビートル」の装着例を紹介します
Auto Messe Web

みんなのコメント

14件
  • >「高くても買う!」

    買わないクセにw
  • エンジンに拘らないのかな? 13年ルール撤廃してくれるだけでも有難いんだけどな~
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.8194.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.5589.0万円

中古車を検索
スプリンタートレノの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.8194.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.5589.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村