現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 内装の質感にビビる!! 生産はわずか数百台のみ! ビートルのオシャレ番長モデルの「ヘブミューラー」

ここから本文です

内装の質感にビビる!! 生産はわずか数百台のみ! ビートルのオシャレ番長モデルの「ヘブミューラー」

掲載
内装の質感にビビる!! 生産はわずか数百台のみ! ビートルのオシャレ番長モデルの「ヘブミューラー」

 ドイツの国民車として誕生しながら、それこそ世界のベイシックカーのひとつとして2000万台以上を送り出したVWビートルは、いまでも半分趣味のクルマとして人気が高い。ここではVWの稀少モデルを紹介しよう。

文、写真/いのうえ・こーいち、撮影協力/FLAT4

内装の質感にビビる!! 生産はわずか数百台のみ! ビートルのオシャレ番長モデルの「ヘブミューラー」

■カロッセリーメイドのボディ

VW ビートル「ヘブミューラー」カブリオレ

 VWカルマン・ギアはよく知られる人気モデル、イタリアのカロッツェリア・ギアのデザインしたボディを、ドイツのカルマン社が制作しというもの。そのベースとしてVWビートルのエンジン、シャシーなどが用いられ、VWのモデルのひとつとして発売された。

 VWビートルが人気だった理由のひとつに、シンプルで長持ちした、と書いた。シンプルということは、汎用性が高いというもうひとつの特徴をも生み出している。

 リアに空冷水平対向エンジンを搭載し、後輪を駆動するレイアウト。センターにバックボーンを持つフロアパンはそのままいかようにも利用できる。つまり、自由にボディを架装してヴァリエイションを拡大することが簡単にできる、というわけだ。

 VWビートルが登場して間もなくカブリオレ・モデルがつくられるのだが、カルマン社は規模を拡大して、のちのちまでVWビートル・カブリオレを量産していたことでも知られる。

■2タイプのカブリオレ

VW ビートル「ヘブミューラー」カブリオレ。ヘブミューラーはボディ架装を行っていたメーカー

 こん回紹介するのは、カルマン社製カブリオレからすれば、もうひとつのカブリオレ、というようなもの。旧くは1945年にスタートしたというVWビートルだが、その生産体制が整ったところで、最初のヴァリエイションとしてふたつのカブリオレ・モデルが登場してきた。

 1949年という時期は、その年の10月に返還されるまで、フォルクスワーゲン社は英国軍の管理下にあって、その指導のもとにVW生産がはじめられていた。ドイツ返還を先取りして、モデル追加の計画を進めたのだろうか。

 その新モデルというのが2タイプのカブリオレ。ひとつはのちのちまでつづけられるカルマン社製のカブリオレの最初のモデルとなったもの。それは4座で、畳み込んでも後方視界を邪魔するほどの、大きなトップが特徴であった。

 そしてもうひとつが、ヘブミューラー社に依頼された2座のカブリオレ、であった。

 イタリアではカロッツェリアだが、ドイツではカロッセリーと呼ぶ。ボディ架装メーカーであるカロッセリー・ヘブミューラーのエンブレムをつけたカブリオレは、カルマン製と較べるとずっと軽やか、スポーティな印象を持つものであった。

■Typ14の名前の示すもの

内外装の上質感が「ヘブミューラー」の売りのひとつだった

 基本、中身はVWビートルだから、空冷1.1L、25PSエンジン搭載の2座カブリオレ。スタイリングとボディ内外のつくりが「ヘブミューラー」の売りものであった。ビートルの1.5倍のプライスタグは、その念の入れようを示しているもののようだった。

 2000台が発注されていたのだが、当のヘブミューラー社は生産に掛かって間なしに大火に見舞われてしまう。おかげで、750台ともホンの数百台しか生産できなかった、ともいわれ、のちのち希少なカブリオレ、幻のモデル、などといわれたりするのである。

 ところで、VWビートルはTyp1と呼ばれる。英語ではTypeのドイツ語がTypで、Typ1がビートル一族、ちなみにヴァンやマイクロバスはTyp2である。そのTyp1のなかでも、いわゆるビートルはTyp11、その派生モデルとしてカルマン社製カブリオレはTyp15、「ヘブミューラー」はTyp14とされた。

 つまり4座と2座で区別されたのである。で、前出、カルマン・ギアがそのTyp14を引継いでいるのは、2座クーペ/カブリオレである、ということを示す。いかにもドイツらしいナンバリングではないだろうか。

こんな記事も読まれています

初代モリゾウチャレンジカップ王者は山田啓介選手!! モリゾウさんからも祝福のメッセージ!
初代モリゾウチャレンジカップ王者は山田啓介選手!! モリゾウさんからも祝福のメッセージ!
ベストカーWeb
初代BRZ開発のキーマンがSTIのトップへ就任。手応えを磨き、スバル車をさらに進化させる【STI株式会社代表取締役社長 賚 寛海氏:TOP interview】
初代BRZ開発のキーマンがSTIのトップへ就任。手応えを磨き、スバル車をさらに進化させる【STI株式会社代表取締役社長 賚 寛海氏:TOP interview】
Auto Messe Web
トラックドライバーの声を無視した国の愚策! 望んじゃいない「最高速度引き上げ」「時間外労働の短縮」じゃ物流問題は何も解決しないどころか悪化する!!
トラックドライバーの声を無視した国の愚策! 望んじゃいない「最高速度引き上げ」「時間外労働の短縮」じゃ物流問題は何も解決しないどころか悪化する!!
WEB CARTOP
大胆なデザイン変更と新色追加で魅力倍増! 日産「ノートオーラ」と「オーラAUTECH」がマイナーチェンジを敢行
大胆なデザイン変更と新色追加で魅力倍増! 日産「ノートオーラ」と「オーラAUTECH」がマイナーチェンジを敢行
WEB CARTOP
トヨタが新型「カローラパトカー」初公開! ド派手カラー&警察専用“特殊装備”を完備! 最新モデルを英で発表!
トヨタが新型「カローラパトカー」初公開! ド派手カラー&警察専用“特殊装備”を完備! 最新モデルを英で発表!
くるまのニュース
エムアンドエムデザインがスピーカーケーブル新製品「SN-MS1800 III」を発売
エムアンドエムデザインがスピーカーケーブル新製品「SN-MS1800 III」を発売
レスポンス
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(前編)
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(前編)
カー・アンド・ドライバー
ワイドなグリルでイメージ一新、日産から新型「ノート オーラ」発売!90周年記念モデルも同時リリース!
ワイドなグリルでイメージ一新、日産から新型「ノート オーラ」発売!90周年記念モデルも同時リリース!
LE VOLANT CARSMEET WEB
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
月刊自家用車WEB
EVの新フェーズ…EVトランスフォーメーションフォーラム2024 6月26日に開催
EVの新フェーズ…EVトランスフォーメーションフォーラム2024 6月26日に開催
レスポンス
ドラレコに迷っているならコレ! 必要十分な機能がちょうどいいコムテック「ZDR018」
ドラレコに迷っているならコレ! 必要十分な機能がちょうどいいコムテック「ZDR018」
月刊自家用車WEB
マジカルレーシングから「カーボン製三脚テーブル/カーボンカップホルダー」が発売!
マジカルレーシングから「カーボン製三脚テーブル/カーボンカップホルダー」が発売!
バイクブロス
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ベストカーWeb
大型セダンからバカッ速スポーツモデルまでみんな「FF」! ホンダが「フロントエンジン・前輪駆動」を貫くワケ
大型セダンからバカッ速スポーツモデルまでみんな「FF」! ホンダが「フロントエンジン・前輪駆動」を貫くワケ
WEB CARTOP
日産が「“新型”小さな高級車」発表! 全長4mでクラス超え「豪華内装」×斬新グリル採用! めちゃ上質な「新型ノートオーラ」発売
日産が「“新型”小さな高級車」発表! 全長4mでクラス超え「豪華内装」×斬新グリル採用! めちゃ上質な「新型ノートオーラ」発売
くるまのニュース
Dステーション星野敏、最後のル・マン24時間へ。「完走して最後にしようと思います」
Dステーション星野敏、最後のル・マン24時間へ。「完走して最後にしようと思います」
AUTOSPORT web
新しい日産ノートオーラが、よりプレミアムになって登場!──GQ新着カー
新しい日産ノートオーラが、よりプレミアムになって登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
アウディ 特別仕様車「Q5/Q5 Sportback Sライン dynamic edition」を発売
アウディ 特別仕様車「Q5/Q5 Sportback Sライン dynamic edition」を発売
Auto Prove

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.9467.5万円

中古車を検索
ビートルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.9467.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村