現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 兵どもが……大胆に登場も儚く散ったインプレッサ、レガシィほかスバルの派生車・特別限定車たち

ここから本文です

兵どもが……大胆に登場も儚く散ったインプレッサ、レガシィほかスバルの派生車・特別限定車たち

掲載 15
兵どもが……大胆に登場も儚く散ったインプレッサ、レガシィほかスバルの派生車・特別限定車たち

「なんでこうなった!?」 開発した人を小一時間ほど問いただしてみたい、でも憎めない「ざんねん」なクルマたち、エピソードを集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』(小社刊)。

 日本のクラシックカーや絶版車、珍車についての知識にも定評あるモータージャーナリスト、片岡英明氏監修の本書より、今回はスバルの“惜しかった”派生車・特別限定車たちをピックアップ!

兵どもが……大胆に登場も儚く散ったインプレッサ、レガシィほかスバルの派生車・特別限定車たち

書籍監修/片岡英明、写真/ホンダ

[amazonjs asin="4065129079" locale="JP" tmpl="Small" title="ざんねんなクルマ事典"]

[amazonjs asin="B0B8Z2HSRK" locale="JP" tmpl="Small" title="ますます! ざんねんなクルマ事典"]

■何を血迷ったかレトロ顔のインプレッサ。まったく売れなかった! スバル インプレッサ カサブランカ(1998年)

スバル インプレッサ カサブランカ(1998年)…インプレッサはフロントマスクのシャープなカッコよさが人気……のはずですが、それを捨ててレトロ調に。内装も手抜かりなく、落ち着いたデザインに変わっています

●スポーティな車体に古風な顔のアンバランスさ

 スバル インプレッサ カサブランカは、1998年に5000台限定で発売された「レトロ顔のインプレッサ スポーツワゴン」です。

 当時、クラシカルな外観の軽自動車が大流行していたのを受けて作ったものですが、ハッキリ言って「何を血迷ったのか?」と言いたくなるほどアンバランスなデザインであったため、売れ行きは今ひとつでした。

 しかしその後「カサブランカ用のパーツ単体」は、ネットオークションなどでそれなりの人気を集めたようです。

・発売年月:1998年12月
・エンジン種類:水平対向4気筒 SOHC
・総排気量:1493cc
・最高出力/最大トルク:95p/14.3kg/m
・全長/全幅/全高:4365×1690×1405mm
・車両重量:1140kg
・諸元記載グレード:カサブランカ(FF)

●ざんねん度:★★★★★

■ポルシェデザイン? だからポルシェがデザインしたんでしょ。えっ、違う? スバル 3代目レガシィ ブリッツェン(2000~2003年)

●エアロパーツのデザインを監修したのはポルシェデザイン社

 スバル レガシィ ブリッツェンは、2000年に発売された3代目レガシィの改良型から初めて設定された特別仕様車で、装着されているエアロパーツはドイツのポルシェデザイン社と共同開発されたものです。

 当時、多くのクルマ好きは「ポルシェがレガシィのエアロパーツを開発した!」と思い、「同じ水平対向エンジン同士で仲間意識が沸いたのかな」などと推測して盛り上がりました。

 ですが、ポルシェデザインはポルシェの子会社ではありますが、れっきとした別会社。真相を知ったファンは少しだけ落胆することになりました。

 特徴的なリアスポイラーなどなど、カッコいいんですけどね。

・発売年月:2000年2月
・エンジン種類:水平対向4気筒+ターボ
・総排気量:1994cc
・最高出力/最大トルク:260ps/32.5kg/m
・全長/全幅/全高:4630×1695×1410mm
・車両重量:1480kg
・諸元記載グレード:ブリッツェン

●ざんねん度:★★★★☆

■せっかくの4気筒を活かせないまま、トンビに油揚げを……。スバル ヴィヴィオ ビストロ(1995~1998年)

●往年の欧州車をイメージしたマスクの持ち主

 スバルのヴィヴィオ ビストロは1995年に登場した「レトロ顔の軽自動車」。

 クラシック顔が好評でしたが、せっかくの4気筒エンジンなのに(軽自動車は3気筒の場合が多いのです)、エンジン音がうるさいのはちょっとざんねんでした。

 しかしそれ以上に、スバルがこのクルマに対し、さほど手をかけなかったため、後にダイハツにコンセプトを上手にマネされ、ビジネス的な“おいしいところ”をさらわれてしまったのが、実はいちばんざんねんかもしれません。

・発売年月:1995年11月
・エンジン種類:直4 SOHC
・総排気量:658cc
・最高出力/最大トルク:48ps/5.6kg/m
・全長/全幅/全高:3295×1395×1375mm
・車両重量:690kg
・諸元記載グレード:ビストロ

●ざんねん度:★★★★☆

■商業的には失敗作だがフォレスターやXVはコレがあったからこそ? スバル インプレッサ グラベルEX(1995~1996年)

スバル インプレッサ グラベルEX(1995~1996年)…見た目のわりにスポーティな走りができる、というギャップに魅力を感じた人は少なかった模様。また、これ見よがしに付いたスペアタイヤがいちいち邪魔というのも難点でした。

●クロスカントリー車風の意欲的モデル

 こちらは、初代スバル インプレッサスポーツワゴンWRXの最低地上高を上げ、フロントにガードバー、リアにはスペアタイヤを装着したモデルです。

 クロカンっぽい雰囲気でありながらインプレッサWRXと同じ強力なターボエンジンを搭載する……という意欲作でしたが、そのコンセプトは当時は受け入れられず、生産台数わずか1313台で終了してしまいました。

 でも今にして思えば、後のスバルXVやフォレスターの登場に一役買ったモデルだったのかもしれません。

・発売年月:1995年10月
・エンジン種類:水平対向4気筒 DOHC+ターボ
・総排気量:1994cc
・最高出力/最大トルク:220ps/28.5kg/m
・全長/全幅/全高:4595×1690×1470mm
・車両重量:1310kg
・諸元記載グレード・グラベルEX(MT)

●ざんねん度:★★★★☆

*   *   *

 なんでそうなったの!!? ざんねんだけど、でも愛おしい。そんなクルマたちの数々を集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』は講談社ビーシーより絶賛発売中! アマゾンのレビューも好評価です!

[amazonjs asin="4065129079" locale="JP" tmpl="Small" title="ざんねんなクルマ事典"]

[amazonjs asin="B0B8Z2HSRK" locale="JP" tmpl="Small" title="ますます! ざんねんなクルマ事典"]

こんな記事も読まれています

【20世紀名車ギャラリー】ポルシェの原点にして傑作RRスポーツ、1959年式ポルシェ356Aの肖像
【20世紀名車ギャラリー】ポルシェの原点にして傑作RRスポーツ、1959年式ポルシェ356Aの肖像
カー・アンド・ドライバー
次期型「ステップワゴン」!? ホンダ「新型ミニバン」公開! “窓なし”「丸テール」が斬新すぎる! 新型「スペースハブ」にユーザーの反応は?
次期型「ステップワゴン」!? ホンダ「新型ミニバン」公開! “窓なし”「丸テール」が斬新すぎる! 新型「スペースハブ」にユーザーの反応は?
くるまのニュース
まもなく世界初公開!? BMW新型「X3」が最終テストを終了 人気のミドルSUV 4代目はどう進化する?
まもなく世界初公開!? BMW新型「X3」が最終テストを終了 人気のミドルSUV 4代目はどう進化する?
VAGUE
15年ぶり全面刷新! トヨタの超本格・最大級「新型SUV」はデザインめちゃ良い! “機能美”極めた「カクカクボディ」の新型「ランクル250」とは
15年ぶり全面刷新! トヨタの超本格・最大級「新型SUV」はデザインめちゃ良い! “機能美”極めた「カクカクボディ」の新型「ランクル250」とは
くるまのニュース
トヨタが新型「ランドクルーザー250シリーズ」を発売、特別仕様車も設定
トヨタが新型「ランドクルーザー250シリーズ」を発売、特別仕様車も設定
@DIME
新型アリアNISMO実走テスト! ~電動スポーツ最前線~
新型アリアNISMO実走テスト! ~電動スポーツ最前線~
グーネット
すごい「ホンダ・ハッチバック」登場! 速そうな「リアウイング」初公開! めちゃカッコいいーシビック!? アクセスの新たな空力アイテムとは
すごい「ホンダ・ハッチバック」登場! 速そうな「リアウイング」初公開! めちゃカッコいいーシビック!? アクセスの新たな空力アイテムとは
くるまのニュース
まだパジェロのこだわりは新型トライトンに生きていた!?!?  さすがホンマもん!!  パジェロのスイッチがいちいちデカかったワケ
まだパジェロのこだわりは新型トライトンに生きていた!?!?  さすがホンマもん!!  パジェロのスイッチがいちいちデカかったワケ
ベストカーWeb
スズキ「GSX-R125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「GSX-R125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
俺の[セブン]は最高だったのよ!! 君はFC型サバンナRX-7[アンフィニ]を知っているか? かつてオーナーだった古参BC編集部員の記憶
俺の[セブン]は最高だったのよ!! 君はFC型サバンナRX-7[アンフィニ]を知っているか? かつてオーナーだった古参BC編集部員の記憶
ベストカーWeb
300psオーバー「超進化型ハチロク」出るか?? GRヤリスエンジン+「チューニング対応」の新開発MT炸裂だ
300psオーバー「超進化型ハチロク」出るか?? GRヤリスエンジン+「チューニング対応」の新開発MT炸裂だ
ベストカーWeb
ツートンカラーのボディがかわいい! 車内もオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
ツートンカラーのボディがかわいい! 車内もオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす
ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす
ベストカーWeb
モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
グーネット
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
ベストカーWeb
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
グーネット
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
グーネット
MeiMei 新キャンピングカーブランド「ノマドラックス」などデザイン車両6台を一挙展示
MeiMei 新キャンピングカーブランド「ノマドラックス」などデザイン車両6台を一挙展示
グーネット

みんなのコメント

15件
  • VTR1000f
    ブリッツェンは売れたと思うんだけど記者は何台販売計画立てて何台売れたか調べてる?
  • tad********
    ブリッツェン、少なくとも初代は大好評であっという間に売り切れた人気車だったんだけど(二代目は地味で微妙ではあったけど)

    そもそもポルシェデザインがポルシェと別会社なんて誰でも知ってることだし、これ単なる記者の無知による主観でしょ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村