サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【国内試乗】「日産スカイライン」新たなドライビングプレジャーをアナタに!

ここから本文です

【国内試乗】「日産スカイライン」新たなドライビングプレジャーをアナタに!

1957年の初代誕生から62年目を迎えた「スカイライン」。常にその時代の最先端の技術を採用し進化し続けてきたスポーティセダンは、今回新たに先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を搭載し、「技術の日産」の新しい時代の幕開けを象徴するモデルとして登場した。

先進技術の頭出しはいつもスカイライン

滑り出しは好調! 新型「日産スカイライン」の受注が計画の約9倍に

老若男女を問わず、とりあえず車名だけは誰でも知っている日本車というのがいくつかあって、スカイラインもそのひとつだと思う。でも、スカイラインと聞いて矢沢永吉の顔はすぐに出てきても現行モデルの姿形が即座に思い浮かぶ人は多くないかもしれない。日常で見かける機会が少ない=売れていないからで、2018年には月販200台程度にまで落ち込んでいたという。スカイライン不振の理由はいくつか考えられる。とにかくセダンの売り上げが伸びない日本においては、何もスカイラインだけが落ち込んでいるわけではないけれど、いっぽうで2014年の発売以降、商品力が大幅に低下していたのも事実である。

加えて、いつの間にかスカイラインは主力の価格帯が500万円台という立派な高級車になっていた。その昔、トヨタとニッサンの戦いの構図では、クラウンのライバルはセドリック、カローラがサニー、そしてマークIIがスカイラインだったのに、いまではスカイラインの標的はクラウンになっている。いずれも、日本車では極めて稀有な存在となってしまった後輪駆動のセダンであるというのがなんとも感慨深い。
"新型"と謳っているが、今回はいわゆるマイナーチェンジである。デザインのディテールの刷新や、機能や機構や装備の改良が主な変更箇所となる。フロントグリル周りやテールランプの意匠が新しくなったのと同時に、前後に堂々と「NISSAN」のバッジが張り付いていた。

メルセデス・ベンツ製2L直4ターボを搭載する仕様は姿を消し、エンジンはハイブリッドと3LのV6ターボの2種類に整理されている。ハイブリッドは従来型からの流用、V6ターボは「VR30DOTT」の型式名を持ち、北米仕様のスカイライン、つまりインフィニティQ50に2016年から採用されてきたユニットである。これに専用のチューニングを施し、405ps/475Nmを発生する"400R"も新規導入された。

「プロパイロット2.0」は最新鋭の運転支援機構で、一定の条件下でハンズオフが可能となる他、標識認識による設定速度変更など、将来の完全自動運転を見据えた技術が投入されている。これを実現できた理由のひとつが3D高精度地図データの併用。3眼カメラなども用いることで自車の正確な位置と周囲の状況を把握し、随時最適な対応をとるそうだ。確かに、ステアリングやペダルの操作はとてもスムーズかつほぼ完璧なタイミングであった。ただし、あくまでも自動運転レベル2での運用のため、すべての責任はドライバーにあるから、両手両足が自由になっても、運転に関する注意力や集中力までオフにはできない。

個人的に楽しみにしていたのは"DAS"の進化である。ダイレクト・アダプティブ・ステアリングはいわゆるフライバイワイヤーのステアリング機構だが、従来型は不自然さが顕著な上にステアリングフィールも悪く、改良の余地が残されていた。新型スカイラインのDASは、特に中高速域でのステアリングフィールが格段に改善された。依然として低速域で不自然さが残っているのは残念だったが、どこよりも早く実用化したニッサンにとって、ステアバイワイヤーのステアリングに関する知見と経験値は、将来に向けた貴重な財産となるだろう。完全自動運転では、ステアバイワイヤーは必須の技術だからである。「技術の日産」と呼ばれ、先進技術の頭出しはいつもスカイラインだった。その伝統は、いまもしっかりと受け継がれていた。





【Specification】ニッサン・スカイライン GT(HYBRID)2WD
■全長×全幅×全高=4810×1820×1440mm
■ホイールベース=2850mm
■トレッド=前1545、後1570mm
■車両重量=1820kg
■乗車定員=5名
■エンジン型式/種類=VQ35HR/V6DOHC24V
■内径/行径=95.5 ×81.4mm
■総排気量=3498cc
■圧縮比=10.6
■最高出力=306ps(225kw)/6800rpm
■最大トルク=350Nm(35.7kg-m)/5000rpm
■燃料タンク容量=70L(プレミアム)
■モーター型式/種類=HM34/交流同期電動機
■モーター最高出力=68ps(50kw)
■モーター最大トルク=290Nm(29.6kg-m)
■燃費=(JC08)14.4km/L
■トランスミッショッン形式=7速AT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後マルチリンク/コイル
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤ(ホイール)=前後225/50RF18(7.5J)
■車両本体価格(税込)=5,474,520円

【Specification】ニッサン・スカイライン GT TYPE SP(V6TURBO)2WD
■全長×全幅×全高=4810×1820×1440mm
■ホイールベース=2850mm
■トレッド=前1530、後1560mm
■車両重量=1730kg
■乗車定員=5名
■エンジン型式/種類=VR30DDTT/V6DOHC24V+ツインターボ
■内径/行径=86.0 ×86.0mm
■総排気量=2997cc
■圧縮比=10.3
■最高出力=304ps(224kw)/6400rpm
■最大トルク=400Nm(40.8kg-m)/1600-5200rpm
■燃料タンク容量=80L(プレミアム)
■燃費=(WLTC)10.0km/L
■トランスミッショッン形式=7速AT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後マルチリンク/コイル
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤ(ホイール)=前後245/40RF19(8.5J)
■車両本体価格(税込)=4,818,960円




お問い合わせ
日産自動車 0120-315-232
※価格は9月26日現在。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します