現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんでそうなるの? 意外性あるデザインにイメチェンしたクルマ3選

ここから本文です

なんでそうなるの? 意外性あるデザインにイメチェンしたクルマ3選

掲載 更新
なんでそうなるの? 意外性あるデザインにイメチェンしたクルマ3選

■少し特殊? あなたの知らない「派生モデル」の世界

 自動車メーカーはクルマをつくるときに、核となる標準モデルと、それから派生したモデルをあわせて開発することがあります。そういった手法をとると、ふたつの車種を別々につくるより効率的となることも多く、さまざまな自動車メーカーが取り入れる方法として有名です。

「虫みたい…」トヨタがお疲れ車発表? 目の下にクマも 「アイゴ」特別仕様初公開

 そんななか、主となるモデルに対して派生モデルが個性的な内外装となっている場合もあり、より幅広いユーザーのニーズを捉えたクルマとなることも珍しくありません。そこで、個性的な派生モデルを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「マーチBOX」

 現在4代目モデルが発売されている日産「マーチ」は、同社が現在販売するコンパクトカーのなかでもっとも歴史の長いモデルです。

 改良が重ねられたなかで、さまざまな派生モデルが誕生しましたが、そんななかでも特異といえる仕様なのが、2代目マーチをベースに開発され1999年に発売された「マーチBOX」です。

 マーチBOXはベース車の荷室部分を240mm延長し、ステーションワゴンとして仕立てられました。全高も25mm高くされ、室内空間はゆとりのあるものとなっています。

 また、リアシートには座面を立たせるダブルフォールディングシート機構も採用され、荷室との段差がなくなるよう設計されました。

 2001年に販売は終了され、現在の日産のラインナップには、マーチBOX以外でも小型ステーションワゴンに該当するクルマは存在していません。

●スズキ「X-90」

「軽自動車メーカー」というイメージが根強いスズキですが、以前から登録車の販売にも力を入れています。なかでも、1988年に初代モデルが発売されたSUVの「エスクード」は、高い知名度を誇ります。

 そんななか、初代エスクードをベースに開発されたX-90は、2シーターオープンのSUVとして1995年に発売された、かなりの個性派モデルです。

 丸みを帯びた見た目とは裏腹に、高い走破性を実現する4WDシステムと丈夫なラダーフレームを採用。見た目と中身のギャップの強さから、登場当時も話題となりました。

 ガラスルーフを取り外してTバールーフの状態にもできるよう設計され、開放的な雰囲気を楽しむことも可能でした。

 とはいえ、SUV&2シーターオープンというニッチな特徴を持つクルマへの需要は、当時においてもかなり低かったことから、2年後の1997年に販売を終了しました。

■レガシィにピックアップトラックが存在!? どんなクルマ?

●スバル「バハ」

 今もなおスバルの代名詞的なモデルとして知られる「レガシィ」は、現在はSUVの「レガシィアウトバック」とセダンの「レガシィB4」がラインナップされています。

 現在は6代目が販売されていて、代を追うごとにアメリカ市場を重視したクルマとなっていることも特徴です。

 そして、2003年に発売された「バハ」は1代のみで消滅した、「レガシィアウトバック」をベースとしたピックアップトラック仕様のSUT(スポーツ・ユーティリティ・トラック)です。開放感ある荷台が備わっていて、見た目にもインパクトがあります。

 SUTの人気が高いアメリカで販売され、日本へは未導入。現地では2006年まで生産されました。

※ ※ ※

 トヨタは、2020年5月を目処に全店舗で全車種を併売化する方針を明らかにしています。また、それにあわせて車種数の整理もおこなうと噂されている状況です。

 このような状況において、トヨタをはじめ多くのメーカーで『派生モデル』は立場の狭い存在になりつつあるといえます。

 しかし、さまざまなユーザーニーズに応えるという観点からいうと、多くの派生モデルはユーザーのカーライフを豊かにする存在として、歓迎されるべき存在です。

 今後も、個性豊かな派生モデルが存続することが、期待されます。

こんな記事も読まれています

新型M5をBMWがチラ見せ!!   5シリーズが4気筒だけでいいわけない! 700psオーバーでニュル最速のBMWってマジなんですか
新型M5をBMWがチラ見せ!!   5シリーズが4気筒だけでいいわけない! 700psオーバーでニュル最速のBMWってマジなんですか
ベストカーWeb
フェラーリカスタマーの83号車が首位。トヨタ8号車が3番手……夜と共に雨が襲来|ル・マン24時間レース:6時間経過
フェラーリカスタマーの83号車が首位。トヨタ8号車が3番手……夜と共に雨が襲来|ル・マン24時間レース:6時間経過
motorsport.com 日本版
スズキ「バーグマンストリート125EX」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマンストリート125EX」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
ベストカーWeb
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
ベストカーWeb
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
ベストカーWeb
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
AUTOSPORT web
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
AUTOSPORT web
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
ベストカーWeb
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
AUTOSPORT web
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
motorsport.com 日本版
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
AUTOSPORT web
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
AUTOSPORT web
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
Auto Messe Web
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.5141.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.049.0万円

中古車を検索
マーチBOXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.5141.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.049.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村