サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ライズ」は「ミニRAV4」!? ダイハツが作った車がトヨタ顔になる理由

ここから本文です

トヨタ新型「ライズ」は「ミニRAV4」!? ダイハツが作った車がトヨタ顔になる理由

■新型ライズは“ミニRAV4”!? なぜ似てる?

 昨今のSUVブームにおいて、国産車、輸入車ともに、さまざまなSUVモデルがラインナップされています。なかでもいまもっとも注目されるのは、2019年11月5日に発売されたトヨタ新型「ライズ」とダイハツ新型「ロッキー」です。

スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 コンパクトな5ナンバーサイズで運転がしやすく、広い荷室を持つ新型ライズと新型ロッキーは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA」を取り入れています。商品企画や開発、生産はダイハツによっておこなわれ、トヨタへはOEM車として供給されます。

 プラットフォームやパワーユニットなど、すべてにおいて新たに開発され、走りや上質感、安心・安全など、高いレベルを目指しました。

 新型ライズと新型ロッキーは、基本設計は共通で、異なるのはフロントのデザインです。どちらもSUVらしい力強いスタイルとしていますが、とくに新型ライズはトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」のデザインとよく似ています。

 なぜライズはRAV4と似ているのでしょうか。

 新型ライズと新型ロッキーのデザインを担当したダイハツ工業 デザイン部の青木氏は、次のように説明します。

「新型ライズと新型ロッキーの車両設計はもちろん、デザインもダイハツが担当しています。リアのデザインは共通ですが、新型ライズのフロントデザインは、トヨタのイメージに合わせてダイハツが開発しました。

 トヨタにはSUVのフェイス戦略があるので、トヨタのリクエストを受けてダイハツがその要望を実現しています。

 トヨタのSUVのデザインは、下に広がるハの字の台形グリルを特徴としていて、RAV4や『C-HR』なども同様のグリルが装着されています。この台形グリルを新型ライズにも採用したことで、オフロードのイメージを強調したRAV4と似たデザインになったといえます」

※ ※ ※

 新型ロッキーはアクティブなデザインでSUVらしさを強調するデザインとし、新型ライズはトヨタのSUVのフェイス戦略を取り入れつつ、力強さとともに先進的なイメージも付与しています。

 ボディカラーもそれぞれに専用カラーが新開発され、新型ライズは「ターコイズブルーマイカメタリック」、新型ロッキーは「コンパーノレッド」が設定されました。この新色の開発も、ダイハツが担当しているといいます。

「ターコイズブルーマイカメタリックとコンパーノレッドは、今回、専用開発した新色です。

 どちらも思い入れを持って新開発しましたが、ダイハツの訴求色を作りたかったこともあり、専用色としてコンパーノレッドを新型ロッキーに設定しました。

 そのうえで、ターコイズブルーマイカメタリックを新型ライズの専用色にしたという経緯があります」(青木氏)

 新型ロッキーのコンパーノレッドは、ダイハツ初の小型乗用車「コンパーノ」に由来しています。コンパーノレッドは、今後別の車種のボディカラーとして設定されることもあるようです。

■ダイハツがトヨタの小型車を作っていることは意外と知られていない?

 トヨタとダイハツのコンパクトカー戦略では、新興国向けのモデルはダイハツが担当し、2020年2月に発売予定の新型「ヤリス」のような先進国向けのモデルの開発はトヨタが担当することになっています。

 ダイハツとの連携について、トヨタ広報部は次のように話します。

「ダイハツが長年培った小型車づくりのノウハウは、トヨタにはないものです。お互いの長所を持ち寄ることで、より良いクルマづくりがおこなえると思っています」

 また、前出のダイハツ青木氏は、「トヨタのクルマをダイハツが作っているということを知らないお客さまもいると思います。ダイハツはトヨタの子会社なので、会社としてはひとつと考えており、今後も連携してクルマづくりをおこなっていきます」といいます。

 これまでもトヨタは、ダイハツから小型車のOEM供給を受けています。ダイハツ「トール」はトヨタ「ルーミー/タンク」として、ダイハツ「ブーン」はトヨタ「パッソ」として販売されているほか、トヨタが販売している軽自動車もダイハツ製です。

 一方で、ダイハツの軽自動車「コペン」に追加された「コペンGRスポーツ」は、トヨタがレース活動を通して得た知見が活かされています。また乗用車の領域では、トヨタからダイハツへ、「アルティス(カムリ)」や「メビウス(プリウスα)」がOEM供給されています。

※ ※ ※

 2016年8月にダイハツがトヨタの完全な子会社になってから、共通の戦略のもと、技術やノウハウ、事業基盤を融合しています。両ブランドの特色を活かした魅力的で競争力のある商品を展開するなかで、今回の新型ライズと新型ロッキーが誕生しました。

 新型ロッキーと新型ライズのチーフエンジニアを務めるダイハツ工業 製品企画部 大野氏は、コンパクトSUVを開発した背景について次のように説明します。

「日本の乗用車市場は毎年横這いの状態が続いていますが、そのなかで、SUVの比率は年々上がっており、SUVの人気が高まっていることがわかります。また、コンパクトカーに乗っているユーザーがSUVに乗り換える比率も上がっています。

 一方で、SUVを購入したユーザーの意見として、価格の高さや荷室の狭さ、取り回し性能について不満を持っているという声があります。

 そこで、従来のSUVユーザーの不満を解消した、コンパクトなサイズで荷室が広いというダイハツならではの新しい小型SUVを企画・開発しました」

 新型ライズにおいては、発売前の予約の段階で、月間目標4100台を超える約6500台の注文が入っているといいます。

 今後もトヨタとダイハツの連携がますます強化され、これまで以上に魅力的なモデルが登場することが期待されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します